Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:渡辺真知子さん「幼稚園のころ、歌詞の意味もわからず涙を流しながら歌っていたのを覚えています」

『かもめが翔んだ日』『唇よ、熱く君を語れ』など数々のヒット曲を持ち、2020年でデビュー43年を迎えるシンガーソングライターの渡辺真知子さん。ポップスはもちろん、ジャズやラテンなど様々なジャンルの音楽に取り組んでいます。渡辺さんの音楽にかけてきた思いや歩みをうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

17歳の時に、音楽面でいろいろとアドバイスをくださっていた方から、「これ聴いてみたら」と勧められた、プログレッシブ・ロックのエマーソン・レイク・アンド・パーマーの『展覧会の絵』ですね。彼らのアレンジによる演奏が素晴らしくて、クラシックのムソルグスキーの曲に歌詞が付いた歌まで入っていました。ピアノで弾いてみようと譜面を見たら、上級者の曲でとても無理。でも素敵な曲だからあきらめられず、ならばいつか歌おう!と心して、大事にしまっていました。
30代になってピアノトリオ(ピアノ、バイオリン、チェロ)の女性たちと知り合い、コンサートをするチャンスができた時、この編成なら『展覧会の絵』が歌えるのでは、とひらめいて。英語の作詞とアレンジをそれぞれ専門家にお願いして、歌うようになったんです。さらに40代に入って音楽番組で東京フィルハーモニー交響楽団の演奏で歌い、50代ではムソルグスキー生誕の地、ロシア・サンクトペテルブルグで開かれた日露友好コンサートで、オーケストラとこの歌を披露することができたのです。高校生の時に描いた夢以上のところまで、段階を経て到達できたのかと感慨深いですね。
毎日レコードを聴いていたわけではないけれど、私の気持ちを離さず、人生の場面場面で歌う機会がめぐってきました。35周年記念のアルバムにも収録しましたし、この先も歌い続けていきたい曲です。

Q2.渡辺さんにとって「音」や「音楽」とは?

自然なもの。自分を表現する最も身近な方法です。私にとっては揺るぎない存在ですね。いい音楽に触れると、落ち込んでいるときでも気分が持ち上がりますから。普段はそんなに音楽を聴きこむことはないけれど、時代時代で、出会いがあるんです。その一つが、映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』で知られるキューバの歌手、オマーラ・ポルトゥオンドさんとの出会い。番組でご一緒したフルート奏者の赤木りえさんに誘われてキューバに行った時に、まだ映画がヒットする前のオマーラさんの歌を聴いて自然と涙が出てしまったんです。それからいろいろお話しして仲良くしていただきました。当時、私が40歳で彼女は67歳。以来、今も現役で歌っているオマーラさんは、私にとって音楽の道しるべとなっています。
20代はポップスを歌って、30代でジャズやラテンと出会い、40代の時にはJ-POP、スクリーンミュージックなど、ジャンル、年代を問わず歌い込みました。その時々で、音楽が私に近寄ってきてくれた、そう感じています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

シンセサイザーなどを使って、音をいろいろと出すのが「音で遊ぶ」でしょうか。オーケストラだと「音で描く」というイメージなんですよね。以前、イッセー尾形さんの舞台で、ドイツの3人グループのパフォーマンスを見たことがあるのですが、1人が新聞を「ビリビリ」と破くと、隣の人が負けじとさらに大きな音で「ビリビリッ」と破いて音を伝達していく。音のコントかな。こういうのも音で遊んでいますよね。
私自身で言うと、幼稚園の頃に仲宗根美樹さんの『川は流れる』を、レースのカーテンをつかんで涙を流しながら歌っていたのを覚えています。歌詞の意味もわからないのに、歌の世界に入り込んで、気持ちが良かった(笑)。あれは、私にとっての遊びだったんだなと思います。

衣装協力

渡辺真知子〔わたなべ・まちこ〕
1975年にヤマハのポピュラーソングコンテストで特別賞を受賞し、77年に自ら作詞・作曲を手がけた『迷い道』でデビュー。翌78年リリースの『かもめが翔んだ日』で第20回日本レコード大賞最優秀新人賞を受賞。ライブ活動も積極的に行っており、その歌唱力から国内外の音楽祭や各種イベントに招かれて歌声を披露する機会も多い。近年はラテン&ジャズのアルバムをリリースするなど、活動の幅をますます広げている。
オフィシャルサイトはこちら

特集

Web音遊人_上原ひろみ

今月の音遊人

今月の音遊人:上原ひろみさん「初めてスイングを聴いたときは、音と一緒に心も躍るような感覚でした」

25877views

音楽ライターの眼

シンプルに音を並べること、それがベテランが紡ぐシューベルトの世界/清水和音ピアノ・リサイタル

3952views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

22987views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

15146views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

10837views

オトノ仕事人

最適な音響システムを提案し、理想的な音空間を創る/音響施工プロジェクト・リーダーの仕事

1776views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

8583views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7198views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21790views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

9166views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6562views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9613views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8757views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14418views

樫本大進、キリル・ゲルシュタイン

音楽ライターの眼

初共演にして、火花散るようにエキサイティングな一夜/樫本大進&キリル・ゲルシュタイン プレミアム・コンサート

4613views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

8227views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

5346views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

13830views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4309views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4428views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

1594views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5199views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29022views