Web音遊人(みゅーじん)

現代ブルースを担うギタリスト、ティンズリー・エリスがニュー・アルバム『Devil May Care』を発表

ティンズリー・エリスが2022年1月、ニュー・アルバム『Devil May Care』を発表した。

1957年にジョージア州アトランタに生まれ、これが通算20枚目のオリジナル・ソロ・アルバムになるベテランのブルース・ギタリスト&シンガーのティンズリー。ブルースの名門レーベル“アリゲイター・レコーズ”の看板アーティストの1人で、今や現役ミュージシャンとしてはブルースというジャンルそのものを担う存在と言って過言でない実力派だ。

ティンズリー・エリス『Devil May Care』

前作『Ice Cream In Hell』(2020)を発表後、大規模なツアーが予定されており、ティンズリー自身も「今度こそ日本でもプレイしたい!」と意気込んでいたものの、新型コロナウィルスの影響ですべてのスケジュールが白紙に。彼は自宅待機を余儀なくされた。

だが、転んでもただでは起きないのがティンズリーだ。彼は8か月をかけて新曲を200曲書き下ろしている。前作も40曲から選りすぐったというが、なんとその5倍!というのが驚きだ。ブルースという、様式がある程度決まったスタイルで新曲を書くことについて、ティンズリーは「ブルースのスタイルを維持しながら新しい曲や歌詞を書くのは楽じゃない。“こんなフレーズ、誰かが既にやったよなあ”の繰り返しだよ」と語っているが、それを200曲新たに書くというのは並大抵のことではない。

新しい曲を書くにあたって、彼は自宅のホーム・スタジオにあるありったけの機材を使って実験を行いながら、膨大な数のギターやアンプ、レスリーのキャビネット、ウーリッツァーのエレクトリック・ピアノ、マエストロのエコープレックス・テープ・エコーから刺激とインスピレーションを受けて楽曲の形にしていった。

同時に、彼は自らが影響を受けてきたブルース・ミュージシャン達の音源を再訪。オールマン・ブラザース・バンド、フレディ・キング、マイケル・ブルームフィールド、B.B.キングの作品を聴き込んで、自分のアイデンティティを再確認したという。彼は「こんなにいろんな音楽を聴いたのは1970年代以来だ」と笑っている。

なお、彼は幾つかの新曲(の抜粋)をSNSで公開、どの曲をアルバムに収録するか意見を募ったものの、「最高!」「ぜひ収録すべきだ!」という意見ばかりで、ほとんど参考にならなかったと思われる。最終的に全10曲が選ばれ、テネシー州フランクリンの“ロック・ハウス”スタジオでレコーディング。アルバム『Devil May Care』としてリリースされることになった。

サザン・ロックの薫りが漂うギターとブッカー・T・&・ジ・MGズばりの曲調が絶妙な化学反応を起こす『One Less Reason』、スライド・ギターが唸る『Right Down The Drain』、仄かな哀感を込めた『Just Like Rain』から、ジミ・ヘンドリックスばりのワウやファンキーなカッティングをフィーチュアした『Step Up』『28 Days』、スワンプっぽいビートが腰に来る『Juju』、泣きのリード・ギターで魅せるラスト『Slow Train To Hell』まで、それぞれがブルースという音楽スタイルを異なったアングルから表現。それでいてティンズリーの個性によって一貫性が貫かれており、同時に楽曲の高いクオリティが保たれている。どれを取ってもハズレのないティンズリーのアルバムだが、ソングライターとしての彼の才能を堪能するにはベストなもののひとつだろう。熱気溢れるリードとヒンヤリと斬り込むフレーズ、そして常に表現力豊かな彼のギターも冴えわたっている。

アルバムを引っ提げて、ティンズリーは2022年1月からアメリカでツアーを開始。世界の情勢にもよるが、夏にはヨーロッパのブルース・フェスティバルにも出演する可能性もあり。そしてもちろん、彼の目標のひとつは日本のステージに立つことだ。

前作の発表時、ティンズリーは筆者(山崎)にこう話してくれた。

「弟が20年以上横浜に住んでいて、日本が美しく人々が寛大だということをいつも話してくれる。日本にはブルース・ギターのファンが大勢いると聞いているよ」

2022年の音楽シーンにおいて、決して主流とは言い難いブルースだが、若い世代の音楽リスナーをファンにする方法について、こう語っている。

「彼らを酒場やフェスに連れていって、ブルースのライヴを聴かせるのが一番だろうね。ブルースはやはり“生”が一番だよ。私がブルースを愛するようになったのも、B.B.キングやマディ・ウォーターズのライヴを見たからだった」

日本でブルースを盛り上げるには、彼自身がジャパン・ツアーを行い、ライヴを行うのがベストだろう。コロナ明けのセレブレーションは、ティンズリーの来日公演で祝いたいものだ。

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

facebook

twitter

特集

宮本笑里

今月の音遊人

今月の音遊人:宮本笑里さん「あの一音目を聴いただけで、救われた気持ちになりました」

4614views

音楽ライターの眼

カプースチンを紐付けるためのオーヴァーチュア

2674views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

7609views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

18776views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

5956views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

7662views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

4011views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5846views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

9515views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4101views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4231views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6701views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

5377views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

10347views

音楽ライターの眼

ラヴェルの「ボレロ」がジャズだったかもしれないという問題と松永貴志の確信犯的時代性

6932views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

3799views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

6183views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

104189views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

4046views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

5209views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

23583views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4264views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

19656views