Web音遊人(みゅーじん)

アレンジャーの個人史であり、日本のポップスの歴史/船山基紀が作品集を発表

沢田研二『勝手にしやがれ』、少年隊の『仮面舞踏会』など、記憶に残るイントロや刺激的なアレンジを次々に生み出し、その功績が改めて注目されている編曲家、船山基紀。初の作品集『船山基紀 サウンド・ストーリー 時代のイントロダクション』が発売されたのを機に、その華麗なる音作りの秘話を明かしてくれた。

アレンジャーの原点は「ヤマハ音楽振興会」

船山が編曲家になる道を開いたのは、早稲田大学在学中からアルバイトで入り、そのまま就職したヤマハ音楽振興会だった。『ポプコン』の愛称で知られた『ポピュラーソングコンテスト』を主催していた振興会。船山の仕事は、譜面で応募された楽曲を演奏して判断できるようにアレンジすることだった。「フォーリズム(4人編成のバンド)だとアレンジに大きな個性が出ないもの。でも、一味違うものも出せるんだなと思った」。そう船山が刺激を受けたのは振興会の先輩、萩田光雄だった。萩田と船山は、ポップス編曲家の二大巨頭。その二人は若き日、振興会で切磋琢磨していたのだ。
名門ジャズサークルでサクソフォンを吹いていた船山にとって、日本を代表するサクソフォン奏者、渡辺貞夫との出会いも大きな喜びだった。当時の渡辺は米バークリー大から帰国し、習得したジャズの理論を振興会で定期的に教えていたのだ。「僕はそのときのお茶係をしていたので声をかけてもらい、家に押しかけたりもした。貞夫さんがバークリーで取ったノートはすごくきれいで、僕も手書きで写していまだに家にあるんです」。後に、田原俊彦、少年隊、KinKi Kidsなどジャニーズ事務所のアイドルの曲を多数手がけた船山。「まさかその時の理論が、ジャニーズのブラスアレンジでバンバン使われるなんて思わなかっただろうね」と笑う。

優れた演奏家たちがいてこそのアレンジ

発売された4枚組みの作品集では、Disc1にポプコン出身者の楽曲がズラリと並んでいる。クリスタルキング『大都会』、円広志『夢想花』、庄野真代『飛んでイスタンブール』のほか、石井まゆみ、赤ずきんなどの貴重な楽曲も収録している。渡辺真知子『迷い道』では、歯切れのいいピアノが印象的だが、これはこの頃の船山アレンジに特徴的だ。「ピアノのハネケン(羽田健太郎)がいたからこそ出来たことなんです。難しい装飾音も全く濁らず弾いてくれる。1970年代は素晴らしいミュージシャンに囲まれ、全てを吸収していた修業の時代でしたね」
Disc2は、田原俊彦『ハットして!Good』、五輪真弓『恋人よ』など1980年代初等の楽曲を収録。「この頃は、シンセサイザーを使えるピアニスト、矢嶋マキが頼りでしたね」。音質に対するこだわりも向上、中島みゆき『悪女』のクリアな響きが印象的だ。

コンピューターと人間力

「ヤマハのDX7というシンセサイザーが出てから、日本の音楽界がガラっと変わったんです。DX7を4台ぐらい並べて使ったこともある」。Disc3以降は「ザ・船山サウンド」というべき派手な音作りが完成する。当時最新鋭のシンセサイザー、コンピューターを駆使した『仮面舞踏会』(少年隊)、『Romanticが止まらない』(C-C-B)、『淋しい熱帯魚』(Wink)などが収録されている。「僕を入れてマニュピレーター3人体制でやっていました。『仮面舞踏会』は少年隊のデビュー曲としてものすごく期待が大きかったから、誰が聴いても批評できないような、訳が分からないイントロを作ろうと思った。キーボードの大谷和夫さんが苦労しながら弾いてくれました」
現在は主に、船山が一人でコンピューターと向き合って制作する。「でも、これだと結局、コンピューターの性能以上のことはできないんです。人間力が足りない。音楽は人間の揺らぎがあってこそだと感じるんです」。少し寂しそうに語る船山だが、50年近い日本のポップス界の変化を知る意味でも貴重な作品集だ。

■インフォメーション

アルバム『船山基紀 サウンド・ストーリー 時代のイントロダクション』

発売元:ソニー・ミュージックダイレクト
発売日:2020年12月16日
価格:11,000円(税込)
詳細はこちら
オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルFacebook オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:谷村新司さん「音がない世界から新たな作品が生まれる」

3678views

音楽ライターの眼

錦織健が15年ぶりに“日本の歌だけを歌う”テノールリサイタルを行う

470views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

7094views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

115966views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

8521views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

12014views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

9122views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

7931views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

20810views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

5221views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

3118views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22282views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

5975views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5321views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.15

1750views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

2925views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

3144views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

6017views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

9193views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4490views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

18751views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5454views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

18615views