Web音遊人(みゅーじん)

哀愁のスペイン、深いソロと熱いデュオ/沖仁フラメンコギター・コンサート

情念が詩となり、歌い踊るかのようだ。2020年12月4日、ヤマハホールでの「沖仁 フラメンコギター・コンサート」は、世界が認めるギタリストの多彩な表現力を印象づけた。12拍子の速いリズム、哀愁漂うフリギア旋法、いわゆる「ミの旋法」が特徴のフラメンコを基本様式にしつつ、自作から古典まで、シャープで彫りの深い響き、超絶技巧の展開がさえる。後半はクラシックギターの大萩康司とデュオで聴かせた。根から明るい演奏家たちだけにふさわしい、暗い情熱のスペイン音楽が、静かな夜をまぶしく揺らした。

歌も踊りも手拍子もない。ギター1本でフラメンコのすべてを伝える。コロナ対策が敷かれた公演。「静かな夜ですね」と沖がつぶやき、笑いを誘った会場は『スペインの庭の夜』だ。目を閉じて、自らの調べに聴き入る沖の姿は、静寂の暗がりから魂の声を呼び起こす儀式にも似る。細やかなアルペジオが心の襞を紡ぐ。激しいラスゲアード(かき鳴らし)の奏法が熱い情念をにじませる。「ラソファミ」といった下降する短調のコード進行はとりわけ感情を揺さぶる。

前半の自作メドレーは多彩で濃密だ。『Tremolo[トレモロ]~お別れの歌~』は、そこに歌詞があるように、繊細な震えで優しい旋律を奏でる。ギターの歌声に癒やされる。
クラシックも入れた。アルベニスのピアノ曲集『スペインの歌』から『前奏曲』。別名『アストゥリアス』で知られる。「フラメンコギターをイメージして作曲したのではないか」と沖は語る。ギター編曲は通常クラシックギターで演奏されるが、沖が愛器「テオドロ・ペレス」で弾くと、速いアルペジオのリズムが鮮やかに響く。4分の3拍子の曲が12拍子にも感じられる。粋なフラメンコ風はアルベニスの真意を突いている。

カナダ留学時に「クラシックギターのつもりでフラメンコギターを買ってしまった」。それがアンダルシアでの修業につながったが、「今もクラシックギターは好き」だ。後半の大萩との共演は、沖の幅広い音楽性を示した。まずは定番「禁じられた遊び」を沖の編曲で弾いた。単純な短調の曲が、超絶技巧を織り込んだ変奏曲となり、両ギターの音色の違いと相まってスリリングに展開する。

『火祭りの踊り』などファリャの3曲は、正統的ながらも熱量の多い二重奏だ。ロドリーゴの『アランフェス協奏曲』第2楽章は、フラメンコのブレリアのリズムを取り入れた沖の編曲で、哀愁と幻想の度合いが増した。締めのデュオは沖の自作『タンゴ・アン・スカイ』。すさまじい速弾きによる憂愁の調べが胸に突き刺さる。

マイク無しのアンコール、沖のソロはうれしかった。即興による心の旅路が生音で続く。ヨーロッパ大陸がアフリカ大陸に最も近づくアンダルシアの地。フラメンコの発祥は定かではないが、異文化が交錯した最果ての地で、置き去りにされた者、帰らざる者への別れの歌を人々はつないできたのではないか。真摯な即興が静かな夜にとどめを刺した。

池上輝彦〔いけがみ・てるひこ〕
日本経済新聞社文化部デスク。早稲田大学卒。証券部・産業部記者を経て欧州総局フランクフルト支局長、文化部編集委員、映像報道部シニア・エディターを歴任。音楽レビュー、映像付き音楽連載記事「ビジュアル音楽堂」などを執筆。専門誌での音楽批評、CDライナーノーツの執筆も手掛ける。
日本経済新聞社記者紹介

特集

沖仁さん

今月の音遊人

今月の音遊人:沖仁さん「憧れのスターに告白!その姿を少年時代の自分に見せてあげたい」

9289views

サンタナ

音楽ライターの眼

サンタナ、スピリチュアルな旅路の出発地。『キャラバンサライ』50周年エディション発売

341views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

8046views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

187431views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

6627views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

20670views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

4790views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

10551views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

20635views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

6945views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

4315views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25934views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

3436views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

9477views

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

音楽ライターの眼

2019年4月、エリック・クラプトン来日。アメリカからイギリス、そして日本に流れ込むブルースの潮流

9868views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

15682views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

3874views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

7157views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

5616views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

3642views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

18564views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

5402views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25934views