Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#035 既存ジャズのセオリーを打ち破って生まれたヒーリング・ミュージック~チック・コリア『リターン・トゥ・フォーエヴァー』編

マイケル・マヌージアン撮影の、海面すれすれを滑空する“カモメ”の写真によるジャケットが印象的な作品です。

“カモメ”だと思っていたその鳥が“カツオドリ”だと知ったのは、だいぶあとになってからだったかな……。

ちょうど本作がリリースされたころに、世界的なベストセラーになったリチャード・バック著『かもめのジョナサン』が話題になっていたので、“ジャズ界隈”もそれにひきずられたというか乗っかろうとしていたのかもしれません……。

本作の内容も、“カツオドリ”を“カモメ”だと誤認していたような部分があるかもしれないので、そのあたりの更新ポイントを探しながら、聴き直してみたいと思います。


リターン・トゥ・フォーエヴァー/チック・コリア

アルバム概要

1972年に米ニューヨークのA&Rスタジオでレコーディングされた作品です。

オリジナルはLP盤でリリースされ、A面3曲、B面1曲の合計4曲を収録。CD化でも同曲順同曲数でリリースされています。

メンバーは、エレクトリック・ピアノ(=フェンダー・ローズ)がチック・コリア、ピッコロ&フルート&ソプラノ・サックスがジョー・ファレル、アコースティック・ベース&エレクトリック・ベースがスタンリー・クラーク、ヴォーカル&パーカッションがフローラ・プリム、ドラムスがアイアート・モレイラの5人編成。

全曲、チック・コリアの作曲で、『ホワット・ゲーム・シャル・ウィ・プレイ・トゥデイ』はネヴィル・ポーターとの共作、『サムタイム・アゴー~ラ・フィエスタ』はポーターおよび参加メンバー全員との共作とクレジットされています。

“名盤”の理由

チック・コリアがマイルス・デイヴィスのグループに参加したのは1968年、27歳のとき。『イン・ア・サイレント・ウェイ』(1969年)、『ビッチェズ・ブリュー』(1970年)と、ジャズ・シーンを揺るがすエポックメイキングな作品でエレクトリック・ピアノを担当し、一躍時代の寵児になりました。

マイルス・デイヴィスのグループを離れ、フリー・ジャズのユニットでの活動を経た1971年、彼は『ビッチェズ・ブリュー』とそのあとのライヴ(『マイルス・デイヴィス・アット・フィルモア』など)で共演していたアイアート・モレイラと、20歳になったばかりのスタンリー・クラークとともにバンドを結成して、翌年にはレコーディングに臨もうとします。

それが本作でした。

すでにマイルス・デイヴィスのもとで既存のジャズから大きくはみ出たコンセプトを具現していた彼は、本作でもまったく新しいサウンドをめざしています。

具体的には、ブラジル出身のアイアート・モレイラとそのパートナーであるフローラ・プリムをフィーチャーすることで、ポスト・ボサノヴァともいうべきフュージョンの先駆けとなるサウンドを示した──ということです。

いま聴くべきポイント

ポスト・ボサノヴァを掘り下げるには、チック・コリアが『リターン・トゥ・フォーエヴァー』へ至るまでに大きな影響を受けていたであろうミュージシャンについて触れておかなければなりません。

その人とは、スタン・ゲッツです。

スタン・ゲッツは、まだ10代だった1940年代半ばからプロの最前線で活躍していたような、ジャズ界を代表するテナー・サックス奏者。その業績のなかでも特筆すべきなのが“アメリカへボサノヴァを輸入した”ことでした。

ギターのチャーリー・バードとの共作『ジャズ・サンバ』(1962年)はグラミー賞とゴールドディスク、ボサノヴァのオリジネーターであるジョアン・ジルベルトやアントニオ・カルロス・ジョビンとの共作『ゲッツ/ジルベルト』(1963年)はグラミー賞4部門を独占と、まさに時代の変わり目を予感させる作品に関わっているのがスタン・ゲッツなのです。

チック・コリアは、そんなスタン・ゲッツのバンドに、マイルス・バンドへ入る前の1967年に参加していて、楽曲を提供したアルバム制作も行なっています。

もともとチック・コリアがラテン・フレーヴァーなスタイルを備えていたから、ボサノヴァで名を馳せたスタン・ゲッツのバンドに呼ばれたことは想像に難くないわけですが、それ以上に本作が生まれるきっかけが、スタン・ゲッツと関係していると考察できる“状況証拠”もあったりします。

というのも、本作のレコーディングの数か月前、チック・コリアとスタン・ゲッツは偶然にロンドンで再会。そのときにチック・コリアが進めていた本作の内容に興味をもったスタン・ゲッツは、そのレコーディングの1か月後に自分のアルバム『キャプテン・マーヴェル』を制作するという行動に出ているのです。

この『キャプテン・マーヴェル』、チック・コリア、スタンリー・クラーク、アイアート・モレイラ、そしてもうひとりのドラマーのトニー・ウィリアムスという布陣で、収録6曲中5曲がチック・コリア作曲という内容。

さらにスタン・ゲッツは、チック・コリア、スタンリー・クラーク、トニー・ウィリアムスを引き連れて1973年開催のモントルー・ジャズ・フェスティヴァルにも出演しています。

どちらが“裏”でどちらが“表”かは定かではありませんが、チック・コリアがスタン・ゲッツと同じような“視座”でアルバムづくりを考えていたとしたら、『キャプテン・マーヴェル』に『リターン・トゥ・フォーエヴァー』が吸収されてしまったかもしれません。

しかし、“他人と同じことをしない”のがジャズのアイデンティティなのですから、1か月後にレコーディングしようとしているスタン・ゲッツの意図を察したチック・コリアが、あえて違うアプローチを選んだとも考えられます。

その“違うアプローチ”のためのポイントとなる“視座”の違いとは、ジャズ(=ハード・バップのスタイル)を踏襲しながら流行のボサノヴァをバランスよく取り入れることができたヒットメーカーのスタン・ゲッツと、フリー・ジャズを模索するなかでジャズの型にとらわれないクロスオーヴァーなサウンドを見つけていったチック・コリア──といえばいいでしょうか。

『キャプテン・マーヴェル』を改めて本作と聴き比べてみて着目したのは、スタン・ゲッツがアイアート・モレイラよりもトニー・ウィリアムスを選んだという“センスの違い”でした。そこに、本作を“名盤”に位置づける決定的な要因があるのではないかと思ったわけです。

それはつまり、アイアート・モレイラのドラミングのしなやかさこそが、本作に漂うヒーリング・ミュージック的な世界観を成立させる重要なポイントだったのだ、と──。

では、トニー・ウィリアムスを選んだ“センス”がダメだったのかと言えば、実はチック・コリアもちゃっかり、1973年からの“第2期”と呼ばれる4人編成のリターン・トゥ・フォーエヴァー(こちらはバンド名)でロック・テイストのドラミングを取り入れていて、これもまた“ハード・フュージョンの先駆け”として一時代を築くことになったのですから、スタン・ゲッツのセンスとチック・コリアの応用力の双方に軍配を上げざるをえないのです。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:山田和樹さん「エルヴィス・プレスリーのクリスマスソングから『8割の美学』というものを学びました」

2856views

音楽ライターの眼

3大テノールを受け継ぐ情熱的な歌声を聴かせたサルヴァトーレ・リチートラを偲ぶ Vol.1

3846views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

11901views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

46454views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

9059views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

9111views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7495views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10653views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

22231views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4282views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

7028views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25035views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

17092views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12785views

音楽ライターの眼

酒井麻生代のフルートには、ジャズのマイナー楽器として張ってきた虚勢を排した清々しさがある

6276views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

13836views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10743views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9716views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

22258views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

5425views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

1867views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3008views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25035views