Web音遊人(みゅーじん)

スーパーグループ、トマホークの新作『トニック・イモビリティ』とメンバー達の多彩な活動

トマホークが8年ぶりに復活、ニュー・アルバム『トニック・イモビリティ』を2021年3月に発表する。
マイク・パットン(ヴォーカル/フェイス・ノー・モア、ミスター・バングルなど)、デュアン・デニソン(ギター/ザ・ジーザス・リザード、アンサンブル)トレヴァー・ダン(ベース/ミスター・バングル、ファントマズ)、ジョン・ステイニア(ドラムス/ヘルメット、バトルズ)というロック界の“オルタナティヴ=別選択肢”の実力者たちが集ったスーパーグループであるトマホークは1999年、パットンとデニソンが出会って始動。『Tomahawk』(2001)、『Mit Gas』(2003)、『アノニマス』(2007)という3枚のアルバムを発表している。メンバー全員がそれぞれのバンドで忙しく、しばらくの休止期間を置いて、2012年から2013年にかけて復活。『アノニマス』(2013)も発表したが、この時はベーシストがトレヴァー・ダン(ミスター・バングル、ファントマズ他)に交替していた。

その後、バンドは再び眠りについたが、2020年2月にデニソンが突如、海外メディアでこのように発言した。「トマホークのニュー・アルバムを作っているんだ。『ハイ・ヌーン』という仮題の、ウェスタン風の曲があるよ」(ちなみに同題の曲はアルバムに収録されていないが、改題されたのかも?)
その翌月、新型コロナウィルスが本格的に世界規模で猛威を振るい始めるが、アルバム制作は続けられた。そうして完成したのが『トニック・イモビリティ』だった。

ヘヴィなエッジとメロディのあるロックで、決して過剰にアヴァンギャルドに走ることはないが、全編メンバー達のエキセントリックな個性があふれる本作。パットンはファルセットからシャウト、ムード歌謡ばりのイケボまで多彩なヴォーカルのスタイルを披露しており、『ハウリー』終盤でタイトルを連呼するブチ切れぶりは鬼気迫るものがある。

アルバムからは『ビジネス・カジュアル』がリーダー・トラックとして先行公開された。この曲についてデニソンは「アメリカの仕事人生を嘲笑する視点から描いた」と語っているが、その奇妙にダークな世界観に、少なくない数のリスナーが混迷の時代を投影したのではないだろうか。新型コロナウィルス、ブラック・ライヴズ・マター運動、大統領選など、アメリカの2020年はまさに“激動”の1年だった。

デニソンは「そんな状況も反映されているけど、それと同時に世界の現実からの逃避という意味合いもある」と主張している。アルバム・ジャケットの曇り空の下、どこまでも拡がっていく地平線には、どこにも政治や戦争が入り込む隙がない。ドナルド・トランプは大統領任期中、数多くのミュージシャンに公に非難されてきたが、本作は決してポリティカルな作品ではない。「俺にとってロックとは、もうひとつの現実を提供するものなんだ」と彼が主張するとおり、本作は聴く者を別の時空へといざなってくれる。

パットンは2019年にジャン=クロード・ヴァニエとのコラボレーション・アルバム『Corpse Flower』を発表。セルジュ・ゲンズブールやジェーン・バーキン、ブリジット・フォンテーヌ、フランス・ギャル、フランソワーズ・アルディなどへの曲提供やアレンジで知られるヴァニエとの共演作は、ラウンジ・サウンドの中にも油断のならない緊張感の漲る、異色のアルバムだ。

さらにパットンとトレヴァー・ダンは2020年9月、ミスター・バングルとしての21年ぶりの新作『ザ・レイジング・ラス・オブ・ジ・イースター・バニー・デモ』を発表。1986年のデモを再レコーディングするという変則的なこのアルバムはドラムスに元スレイヤー〜ファントマズのデイヴ・ロンバード、ギターにアンスラックスのスコット・イアンが参加したことで話題を呼んだ。

2020年の夏、フェイス・ノー・モアとしてのツアーはすべての公演が中止または延期となってしまったが、パットンはさらに幾つかのプロジェクトを抱えているという。ダンはジョン・ゾーンやシークレット・チーフス3などで活動しており、デニスンもまた、ザ・ジーザス・リザードの新作について「あり得ないとは言わない」と含みのある発言をしており、ステイニアはバトルズとザ・マーク・オブ・ケインで並行してプレイしている。トマホークとしての今後の予定は明らかになっていないものの、ぜひコンスタントに作品を発表していただきたいものだ。また、それぞれが別バンドで来日、ライヴ・パフォーマーとしての実力を見せつけてきた彼らゆえ、世界が平常に戻ったあかつきには、トマホークでの初来日公演にも期待したい。その日まで、『トニック・イモビリティ』は音楽ファンの耳とハートを魅了し続けるだろう。

■インフォメーション

アルバム『トニック・イモビリティ』

発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
発売日:2021年3月31日
価格:2,530円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人 綾戸智恵さん

今月の音遊人

今月の音遊人:綾戸智恵さん「『このコンサート安いわー』って言われたい。お客さんに遊んでもらうために必死のパッチですわ!」

12182views

音楽ライターの眼

ビオラの歌、共鳴するピアノ/伊藤恵&今井信子デュオ・コンサート

2636views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

14483views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

2066views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

10827views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

12183views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7615views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

6040views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11288views

横浜レンタル倉庫(YRS)

われら音遊人

われら音遊人:目指すはフェス! 楽しみ、楽しませ、さらなる高みへ

1374views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

8161views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9965views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12378views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8400views

音楽ライターの眼

ブラッド・メルドーの『アフター・バッハ』は“無の境地”に至るショートカットなのかもしれない

5759views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

13909views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7874views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

16470views

水戸市民会館

ホール自慢を聞きましょう

茨城県最大の2,000席を有するホールを備えた、人と文化の交流拠点が誕生/水戸市民会館 グロービスホール(大ホール)

5030views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5431views

ヤマハ製アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

目的別に選ぶ、ヤマハ製アコースティックギター

8090views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

13751views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29925views