Web音遊人(みゅーじん)

連載30[ジャズ事始め]渡辺貞夫『ジャズ&ボッサ』はA面とB面を別作品に仕立てた戦略的な意見表明だった

スマートフォンとワイヤレスイヤフォンがあれば音楽を楽しむことができる時代になって、本当によかったと思っている。

入学祝いで買ってもらったウォークマン(2号機)で音楽を聴きながら大学へ通うのが嬉しかったことを懐かしく思い出すのだけれど、あのころはLPレコードなどの音源を外へ持ち出すためには家でカセットデッキを使ってテープへダビングするという手間が必要だったので、聴きたいと思った曲も気軽に再生できる状況ではなかった。

ソノシート、ドーナツ盤、LP、カセットテープ、CD、MD……と、音源形態に関してもいろいろと付き合ってきて、その汎用性のなさゆえに過去へ戻りたいとは思わないのだけれど、それでもA面とB面があるLPのメリットだけは、アルバムという作品性を考えると、デジタルやオンラインの利便性も及ばないのではないかと思ったりしている。

そんなことを考えさせられたのも、渡辺貞夫の『ジャズ&ボッサ』を改めて聴き直したからに違いない。

1966年11月と12月に録音されたこのアルバム、発表された音源形態はもちろんLPで、A面にジャズ、B面にボサノヴァと、聴き心地の違うサウンドが分けて収められているのだ。

レコードのA面とB面について補足説明をしなければならない時代かもしれないので手っ取り早く言えば、11曲収録されているこのアルバムの場合、1曲目から4曲目まで(A面)を聴き終えたら5曲目から11曲目まで(B面)を聴くために、一度レコード盤をひっくり返してプレイヤーにセットし直す──という手間が必要になる。

そう、そこでリスナーの集中力が切れる可能性が大きいことが、レコードという音源形態のメリットでもありデメリットでもあったというわけ。

実際にボクも、片面しか聴いていないレコードがけっこうあったりしたっけ。ジャズ喫茶で再生されるのも片面だけというのが定着していたはずだ。

こうした消費者行動はもちろん制作者側も把握していたはずだから、『ジャズ&ボッサ』がA面とB面をキッチリと分けて1枚にしたというのは、おそらく意図的──A面の音楽とB面の音楽が異なることを承知で(それをあえて意識して)聴いてもらいたいという意志がこめられていのではないか。

では、どんな意志なのか。

前々稿(#28)で、「帰国するや否や、まさに荷を解く暇もなく、彼は精力的に日本での活動を開始」したと、渡辺貞夫が矢継ぎ早にレコーディングに臨んだことを指摘したが、このアルバムは帰国から1年ですでに3枚目というハイペースで制作されたもの。

その性急さは、「早く本題に入りたい」という渡辺貞夫の気持ちの表われだったと読み解くことができるのではないだろうか。

その“本題”こそが、ニューヨークでジャズを体験してきた日本人である渡辺貞夫が“めざすべき音楽”であり、その方向性にヒントを与えてくれたボサノヴァというブラジル・アレンジされたジャズだった──という仮説を、次回以降に説明していきたい。

「ジャズ事始め」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人 - 平原綾香さん

今月の音遊人

今月の音遊人:平原綾香さん「未来のことを考えず、純粋に音楽を奏でる人こそ、真の音楽家だと思います」

7634views

音楽ライターの眼

イタリアン・シネマチック・ファンク・バンド、カリブロ35が新作アルバム『モーメンタム』を発表

971views

マーチングドラム

楽器探訪 Anothertake

これからのマーチングドラム ~楽器の進化の可能性~

6441views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

25198views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

6029views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

17858views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4423views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

6808views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6166views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

4567views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

2956views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19480views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

4461views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

14344views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.8

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.8

3844views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

6475views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

2467views

マーチング

楽器探訪 Anothertake

見て、聴いて、楽しいマーチング

10181views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

12524views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

4702views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

14028views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

4286views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19480views