Web音遊人(みゅーじん)

ブラームス国際コンクール、日本人初優勝のバイオリニスト中村太地が3大Bに挑む

ブラームスが避暑地としてこよなく愛し、交響曲第2番、ヴァイオリン協奏曲、ヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」などを作曲したオーストリアのヴェルター湖畔の街ペルチャッハ。マーラーも作曲小屋を構えたこの風光明媚な街で、毎年9月上旬に開催されるのがヨハネス・ブラームス国際コンクールである。そのヴァイオリン部門で、2017年に優勝の栄冠に輝いたのが中村太地だ。

「実は、2015年にはじめてこのコンクールを受け、そのときは第3位でした。僕はブラームスが大好きで、ウィーンに留学しているわけですから、ぜひこのコンクールを受けたいと思ったのです。はじめてペルチャッハを訪れたときは、まさにブラームスの見た景色を自分も眺めることができ、感慨深かったですね」

中村太地はこれまで国内外の著名なヴァイオリニストに師事し、国際コンクールでも上位入賞を遂げ、2009年からはウィーン国立音楽大学で名教授として知られるミヒャエル・フリッシェンシュラーガーに師事している。

「いまは先生から借りた楽器、1828年製J.B.ヴィオーム(フランス)を使用しています。これはサイズが大きめで、明るくはっきりした音が特徴です。7年前にはじめて弾いたときは、かなり大きいためちょっととまどいましたが、いまは慣れて自分の音が出せるようになりました。コンクールもこの楽器で受けています」

ブラームス国際コンクールは、第1次予選と第2次予選が教会で行われ、本選だけホールに移る。

「課題曲に関してはブラームスの作品以外も含まれ、J.S.バッハ、パガニーニ、シューマンなどが入っています。2015年の本選ではブラームスのヴァイオリン協奏曲を弾きましたが、2017年はチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を選びました。このときはウクライナのオーケストラとの共演でしたが、とてもいいオーケストラでのびのびと演奏できました」

現在師事しているフリッシェンシュラーガーのレッスンは基本に忠実で、音階のレッスンも多いという。先生はユーディ・メニューインに教えを受けている。

「ですから、メニューインのレッスンを踏襲している面もあります。僕は以前からメニューインのビデオを見ていたため、こうした基本に忠実なレッスン方法は理解しているつもりです。先生はビブラートのかけ方、イントネーションのもっていき方、リズム感など、非常にこまかく指導してくれます。当初はイントネーションがどうしてもアジア人特有の方法になってしまい、それは語学が関係しているといわれ、ドイツ語を一生懸命学びました」

そんな中村太地が、J.S.バッハのヴァイオリンとハープシコードのためのソナタ第4番ハ短調BWV1017、ベートーヴェンのヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」、ブラームスのヴァイオリン・ソナタ第1番「雨の歌」という3大Bプロジェクトと題したリサイタルを行う。共演は、世界中のヴァイオリニストとの共演が多く、ヴァイオリニストを知り尽くしているピアニストの江口玲である。

「江口さんは僕の憧れであり、尊敬するピアニスト。ギル・シャハムとの演奏を何度も聴いています。共演が本当に楽しみです」

憧れといえば、長年憧憬の念を抱いていたヴァイオリニスト、オーギュスタン・デュメイにもベルギーのエリザベート王妃音楽大学で師事することができた。

「僕は30歳までは勉強を続けたいと思い、デュメイに”弟子にしてください”と直談判したんです。知人のトーンマイスターにもう少し学んで”ワンエッセンスをもらいなさい”といわれたことばが心に残っていたからです。それで試験を受けて入学し、デュメイのもとでさらなる勉強を続けています」

子どものころから野球やサッカーが好きで、高校時代はバドミントンの部活をしていたこともある。その体幹を鍛えた身体を生かし、リサイタルではのびやかで力強い演奏を披露する。すでにデビュー録音もリリースし、そこではブラームスのヴァイオリン・ソナタ全3曲を江口玲と共演。みずみずしく説得力のあるデュオを聴かせている。若鮎のような、清流をぐんぐんと泳ぎ切る若き俊英に期待したい。

■中村太地 ヴァイオリン・リサイタル

2019年9月23日(月・祝)福岡県・北九州市立響ホール
2019年9月29日(日)東京・サントリーホール 大ホール
2019年10月5日(土)大阪・ザ・シンフォニーホール
詳細はこちら

■アルバムインフォメーション

『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ集(全曲)』

アーティスト:中村太地(バイオリン)/江口玲(ピアノ)
発売元:ビクターエンタテインメント
発売日:2019年7月3日
詳細はこちら

伊熊 よし子〔いくま・よしこ〕
音楽ジャーナリスト、音楽評論家。東京音楽大学卒業。レコード会社、ピアノ専門誌「ショパン」編集長を経て、フリーに。クラシック音楽をより幅広い人々に聴いてほしいとの考えから、音楽専門誌だけでなく、新聞、一般誌、情報誌、WEBなどにも記事を執筆。著書に「クラシック貴人変人」(エー・ジー出版)、「ヴェンゲーロフの奇跡 百年にひとりのヴァイオリニスト」(共同通信社)、「ショパンに愛されたピアニスト ダン・タイ・ソン物語」(ヤマハミュージックメディア)、「魂のチェリスト ミッシャ・マイスキー《わが真実》」(小学館)、「イラストオペラブック トゥーランドット」(ショパン)、「北欧の音の詩人 グリーグを愛す」(ショパン)など。2010年のショパン生誕200年を記念し、2月に「図説 ショパン」(河出書房新社)を出版。近著「伊熊よし子のおいしい音楽案内 パリに魅せられ、グラナダに酔う」(PHP新書 電子書籍有り)、「リトル・ピアニスト 牛田智大」(扶桑社)、「クラシックはおいしい アーティスト・レシピ」(芸術新聞社)、「たどりつく力 フジコ・ヘミング」(幻冬舎)。共著多数。
伊熊よし子の ークラシックはおいしいー

特集

古澤巌さん

今月の音遊人

今月の音遊人:古澤巌さん「ジャンルを問わず、父が聴かせてくれた音楽が今僕の血肉になっています」

4266views

音楽ライターの眼

“音の宝石箱”に魅せられて、瞬く間に時は過ぎた/松田華音 ピアノ・リサイタル

509views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

4465views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

1206views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

3523views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

5483views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

5715views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1279views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9758views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

590views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

2211views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

12618views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

8402views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3174views

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

音楽ライターの眼

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

2083views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

3674views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

2905views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

限りなく高い精度で鍵盤とハンマーの動きを計測するヤマハ独自の自動演奏ピアノの技術

6432views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

5991views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

2124views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

11299views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

3123views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3162views