いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
ピアニカ
楽器のあれこれQ&A
いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

学校の音楽の授業で使う定番の楽器といえばピアニカ。この春、はじめて手にしたというお子様も多いのではないでしょうか。吹き口に口を付けて演奏する楽器なので、いつも清潔にしておきたいですよね。今回は、ピアニカのお手入れ、お掃除方法を紹介します。

Q.ピアニカ本体やケースはどのようにお掃除すればよいですか?

A.本体やケースは水洗いしないでください。本体が汚れたら、水に湿らせた布を固く絞って拭き、次に乾いた布で乾拭きしましょう。本体の中には金属製のリードがあるため、水が入ってしまうと、錆びて音の不具合の原因になります。吹いているとピアニカの内部に水滴が溜まるので、その場合は、水抜きボタンを押し、勢いよく息を送って水滴を取ってください。ハードケースは楽器にかかる衝撃を抑えるために一部空洞になっており、小さな孔から空洞部に入った水は抜けなくなります。汚れた場合は乾いた布で拭いてください。鍵盤がひどく汚れてしまっても、シンナーやベンジン、除光液などを使って拭くのはやめましょう。表面が変質してザラザラの状態になってしまいます。

Q.パイプや吹き口の匂いが気になります。どうすればよいでしょうか?

A.パイプや吹き口は水で洗うことができます。はじめに中性洗剤(食器用洗剤)で洗い、水道水で洗い流しましょう。その後は風通しのよいところで完全に乾かしてからケースに戻してください。洗っても匂いがとれず気になるという場合は、パイプのみ単体で販売をしているので、 新しいものに取り替えることも検討してみてはいかがでしょう。

Q.パイプにカビが生えないようにするにはどうすればよいですか?

A.カビの発生を防ぐためには、こまめにパイプ、吹き口を洗うことが基本です。ピアニカは日頃学校に保管していることが多く、夏休みなどの長期休暇で家に持ち帰ったときに、カビの発生に気付く場合がほとんどです。授業で使ったあとは都度持ち帰って水洗いし、乾かすことが理想ですが、時間がとれず難しいこともあるでしょう。その場合、2週間に1度だけでも家に持ち帰って、水洗いをするようにしてください。

Q.ピアニカの取り扱いで気をつけることはありますか?

A.日差しの強く当たるところやストーブなどの熱源の近くには置かないようにしましょう。樹脂製品のため変色や変形する場合があります。パイプは分解しないようにしてください。息漏れの原因になったり、元の状態に戻らなくなったりする場合があります。

回答:ヤマハ お客様コミュニケーションセンター 管弦打楽器ご相談窓口

楽器をお掃除して清潔にすると、音もきれいに出て、心地よく演奏できます。どんな楽器にもいえることですが、定期的なお手入れはよい演奏につながります。ぜひ習慣にしてみてください。
ヤマハサポート・お問い合わせサイトもご参照ください。


動画で学ぶピアニカ 学習の準備・片付け編

動画で学ぶピアニカ 良い音で演奏しよう篇

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 音遊人編集部