Web音遊人(みゅーじん)

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

オーケストラのトップ奏者が監修を担当

「テナーバストロンボーン『YSL-825/YSL-825G』は、ヤマハのカスタムトロンボーン『Xeno(ゼノ)』の最上位モデルで、読売日本交響楽団の首席奏者である桒田晃(くわた・あきら)さんと共に、約10年かけて開発を行いました。桒田さんにオーケストラの本番で何度も試奏いただき、時間をかけて改良、調整を加えました」。そう語るのは、開発担当の金剛明彦さん。

開発初期、試行錯誤したというのが、奏者の息の流れを切り替える「バルブ」の構造と「F管」の形状。F管とは低音域を拡張するための管で、B管のテナートロンボーンに、F管を装着したのがテナーバストロンボーンです。F管の形状にはさまざまなものがありますが、「YSL-825/YSL-825G」は、バルブの出入り口で管が交差する珍しい形状になっています。
「F管の形状からすると息の抵抗が強そうに見えるかもしれませんが、予想を裏切るフリーな吹奏感がこのモデルの特徴です。試奏すると思ったよりスムーズに息が入るので、みなさん驚かれるようです」と、マーケティング担当の加藤平祐さん。

F管が上下に交差する構造は、他のモデルでは見られないもの。「YSL-825/YSL-825G」を象徴するデザイン要素でもある。バルブは心地良い吹奏感を生む構造、素材の組み合わせになっている。

F管の出入り口が交差する構造は、主管とF管の息の流れを同じにする意図もあります。通常、F管の息の流れは主管と逆方向なことが多いですが、「YSL-825/YSL-825G」では同方向にすることで、より自然で、スムーズな吹奏感を実現しています。
「楽器の構造的に、息の流れの方向に優劣はないと思います。また、吹奏感を左右するのは息の流れだけではありません。ただ『YSL-825/YSL-825G』の場合は、主管とF管の息の流れを同方向にすることで、結果的に、主管で吹くときも、F管に管を延ばしたときも同様の吹奏感を実現でき、吹きやすさにつながっていると思います」(金剛さん)

主管とF管の息の流れが同方向になる設計を採用。バルブを切り替えても吹奏感が変わらないため、奏者は演奏に集中できる。

異素材の組み合わせがかなえるシンフォニックサウンド

「YSL-825/YSL-825G」は、異なる素材を組み合わせたハイブリッドモデルであることも特徴。「ベル」と「主管・F管の抜差管」で素材を変え、それぞれの素材が持つ特性をバランスよく生かすことで、豊かで、ほかの楽器ともなじみやすい音、響きになっています。

また、Xeno(ゼノ)としてはじめて、ゴールドブラスのスライドを採用。開発の途中でイエローブラスからゴールドブラスに変えたことが、「YSL-825/YSL-825G」を進化させたといいます。
「スライドの素材を思い切って変えてみたことで、特に奏者自身が感じる音色、吹奏感が大きく変わり、楽器としての表現力が上がりました」(金剛さん)

改良ではなく、一から新しい楽器をつくる

「開発当初は、既存のモデルをベースに改良を重ねていましたが、どうしても納得のいくものができませんでした。そこで、開発協力プレイヤーである桒田さんのアドバイスもあり、ヤマハの管楽器のノウハウは生かしつつ、一から新しい楽器をつくろうという発想に変えたところ、これまでのゼノにはない吹奏感や響きを持つ『YSL-825/YSL-825G』が生まれました」と金剛さん。

(写真左)開発担当の金剛明彦さん。(写真右)マーケティング担当の加藤平祐さん。「YSL-825」と「YSL-825G」では音色のタイプが異なるため、吹き比べて、自分の音楽を表現できるほうを選んで欲しいと語る。

マーケティング担当の加藤さんによると、トロンボーンの基本形はB管のテナートロンボーンですが、近年は全ての音楽ジャンルにおいて、奏者の大半がテナーバストロンボーンを使っているのだとか。
「ジャズ系ではテナートロンボーンを愛用する方もいますが、低音域を出すのに便利なF管が付いたテナーバストロンボーンのほうが、より演奏性が高く、幅広い表現ができると考える奏者が多いようです。ヤマハのテナーバストロンボーンには多彩なモデルがありますが、『YSL-825/YSL-825G』は、より細かい音のコントロールを求める奏者のための楽器です。ぜひ一度試奏いただき、心地よいフリーな吹奏感をご体感ください」と加藤さん。

クライマックスの迫力ある重低音や、ピアニッシモで吹く繊細なメロディ、複数のパートによるユニゾンなど、幅広い表現、役割が求められるトロンボーン。存在感のある響きながら、ほかの楽器となじみがよいシンフォニックなサウンドの「YSL-825/YSL-825G」ならば、オーケストラ、アンサンブル、ソロと、幅広い編成で活躍してくれそうです。

■テナーバストロンボーンYSL-825/YSL-825G

高い次元において最高のパフォーマンスを求める奏者のために開発されたXeno最上位モデル
詳細はこちら

facebook

twitter

特集

小野リサさん

今月の音遊人

今月の音遊人:小野リサさん「ブラジルの人たちは、まさに『音で遊ぶ人』だと思います」

8381views

ナイン・インチ・ネイルズ

音楽ライターの眼

ナイン・インチ・ネイルズ漬けの2018年夏。サマーソニック/ソニックマニア出演&新作アルバム『バッド・ウィッチ』

6444views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

7895views

楽器のあれこれQ&A

サクソフォン講師がアドバイス!ステップアップのコツ

494views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

7303views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

3494views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

14679views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4601views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

18700views

われら音遊人

われら音遊人:大学時代の仲間と再結成大人が楽しむカントリー・ポップ

2459views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

4738views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23410views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

7458views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

14706views

鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン

音楽ライターの眼

“失われたコーヒーハウス”での演奏を追体験/鈴木優人&バッハ・コレギウム・ジャパン バッハ:チェンバロ協奏曲全曲録音プロジェクトVol.1

3330views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

5708views

われら音遊人

われら音遊人:ただ今、バンド活動リハビリ中!

5546views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

11037views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

9186views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

3412views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

52753views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

4253views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23410views