Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:H ZETT Mさん

今月の音遊人:H ZETT Mさん「音楽は目に見えないですが、その存在感たるやすごいなと思います」

色彩豊かなサウンドと、パワフルかつ繊細な演奏テクニックが持ち味のH ZETT M(エイチ・ゼット・エム)。ソロピアニストとして、コンポーザーとして、そしてピアノトリオ H ZETTRIO(エイチ・ゼットリオ)のメンバーとして、ジャンルを超えて多くの聴衆を魅了する彼の音楽の原点に迫りました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

音楽は生活に密着しているものだと思うのですが、そう考えると、学校のチャイムですかね。あの誰もが知っている「キーンコーンカーンコーン~」というチャイムの曲は、人生で一番聴いているんじゃないかと。学校によって曲は異なると思いますが、チャイムは身近にある音楽ですよね。それから毎年聴くという意味では、いわゆるシーズンソングですかね。クリスマスソングやお正月の歌、夏でいうと『海』とか。童謡や唱歌も日本人の生活に密着した音楽だと思います。
僕は4歳のときにピアノを始めて、当初はクラシックばかり弾いていました。でも生活していると、テレビをつければ歌謡曲やCMの音楽、ラジオをつければジャズやテクノなんかが耳に飛び込んできて、いろんな音楽が自分の中でミックスされていきました。今は聴こえてくる音楽を強く意識すると疲れてしまうので、あえて気にしないようにしていますが、ときどき耳にフタをしたいと思うときもあります(笑)。

Q2. H ZETT Mさんにとって「音」や「音楽」とは?

音楽は目に見えないですが、その存在感たるやすごいなと思います。ライブや音楽フェスに大勢の人が集まってくるのを見るたび、「人は音楽を求めているんだな」と実感します。ライブや音楽フェスに来る目的は、盛り上がりたいとか、癒されたいとか人それぞれだと思いますが、音楽が鳴っている場に人が集まる光景は素敵ですよね。
といっても、僕自身は幼いころから人前で演奏することがそんなに好きな方ではなく、学生時代も目立つタイプではなかったし、裏方で曲を作っているほうが楽しいという気持ちが今でもあります。ピアノ独演会(ソロコンサート)もしていまして、楽しいですが、ひとりだと逃げ場もないし大変ですね。ただ、僕もだいぶ成長したんでしょうか。観客の皆さんが僕の音楽を聴いて喜んでくださるならば、と、人前で演奏することに少しずつ前向きになってきたかもしれません。

今月の音遊人:H ZETT Mさん

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

僕はサッカーが好きで、スタープレイヤーがウォーミングアップする動画をよく見るんですが、ボールを巧みに操る技術の高さにいつも感動します。つまり音で遊ぶ人とは、音を操る技術の高い人。音をいろんな表情で見せたり、扱えたりすることのできる人だと思います。これは曲作りにおいても同じで、曲の流れが予定調和ではなく、聴き手を引きつけるような創意工夫が感じられると「この人ひらめいているな、音で遊んでいるな」と思います。
音で遊べるようになるには、黙々と技術を磨くしかないと思います。僕はピアノと同時期に作曲も始めて、自分なりにいろんな実験をしつつ曲作りをしていましたが、音大の付属高校に行くために受けた夏期講習で、先生に「君は和音のことが全然わかっていないね」と言われて愕然として、そこから音楽理論を必死に勉強し始めました。今はSNSで「教えてください」と質問するのも簡単で、最短距離で答えに行き着ける時代ですが、自分で調べて、考えて、行動して、一度は失敗しないと本当の意味で技術は身につかないし、壁を超えたときの大きな喜びが薄れてしまうと思うんです。やっぱり大きな喜びは大きな努力のあとにやってくるもので、大切なものは簡単に手に入らない、ということなんだと思います。

H ZETT M(エイチ・ゼット・エム)
ピアニスト/エンターテイナー/音楽家。その超絶技巧に加え、”無重力奏法”と形容される超人的パフォーマンスは実験音楽と高度な芸術性が融合している。2007年、1stアルバム『5+2=11』(ゴッタニ)を携えデビュー。2011年、初となる台湾ホールワンマンライブを成功させ話題となる。2012〜13年、グランドピアノ1台と彼の体だけでの全26曲レコーディングを収録した『未来の音楽』を発表、続いて新たな可能性への一歩となった『魔法使いのおんがく』を発表。これらの作品を機に始まったピアノ1台だけでの“独演会スタイルライブ”は全編2時間以上ながらも、音楽とともに彼の一挙手一投足にまで満員の観客を釘付けにすることから、各方面から好評を得ている。
H ZETT M オフィシャルサイト http://www.worldapart.co.jp/hzettm/

 

特集

Web音遊人_上原ひろみ

今月の音遊人

今月の音遊人:上原ひろみさん「初めてスイングを聴いたときは、音と一緒に心も躍るような感覚でした」

15197views

伊藤亮太郎、横溝耕一、横坂源、辻本玲、大島亮、柳瀬省太

音楽ライターの眼

名手6人の個性も光る、アンサンブルの妙/伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブルの夕べ~弦と弓が紡ぐ馥郁たる響き~

1985views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

4786views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

14760views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

4276views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

4043views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

13288views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

2693views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6974views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

6843views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

2924views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17009views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

5581views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

11568views

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

音楽ライターの眼

恋は神代の昔から。バロック期の恋の歌を古楽器伴奏で切々と/コンチェルト・イタリアーノ・スペシャル・アンサンブル

2169views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

1985views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

3636views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

7752views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

5663views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

4109views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

13939views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2400views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17009views