Web音遊人(みゅーじん)

三人の“音の料理人”が世界の名曲をミックスして生まれ変わらせた新アルバム「HAPPYキッチン」リリース/TSUKEMENインタビュー

TAIRIK(バイオリン/ビオラ)、SUGURU(ピアノ)、KENTA(バイオリン)の三人組インストユニットTSUKEMEN。クラシック音楽をルーツにしつつ、変幻自在のボーダーレスな音楽性でファンを魅了してきた。
その独自の音楽をより身近に楽しんでもらうため、常に新しいカタチを追求。2020年は、長大なクラシックの名曲を大胆かつ斬新にアレンジし、深く濃い5分程度に“時短”したアルバム『JITAN CLASSIC』が話題を呼んだ。
そして、デビュー13年目となる2021年8月25日には、13枚目となるアルバム『HAPPYキッチン』をリリース。“音の料理人”をコンセプトに、ジャンルを超えた極上のミックス音楽を届けてくれる。

料理と音楽は似ている?

「作るプロセスや仕上げ方にそれぞれの個性が出る。そういった意味では、作曲や演奏と料理は似ていると思うんです」
そう話すTAIRIKは、NHKのテレビ番組「きょうの料理」から2021年4月にスタートした新シリーズ「栗原はるみのキッチン日和」にレギュラー出演するとともに、テーマ曲も担当。もともと料理好きだったが自宅で過ごすことが多くなり、魚をさばき始めSNSにアップしたことから白羽の矢が立った。
“音の料理人”というコンセプトは、そういった経緯のなか 三人で膨らませていったものだ。
実は料理はまったくしないけれど、作る人への感謝は誰よりもあると笑うのはSUGURU。
「コロナ禍でわかったことは、音楽は人の気持ちも料理できるということ。僕らの音楽でも、喜怒哀楽の“怒”以外は伝えることができるんじゃないかな。アルバムを通していろいろな感情になってもらい、最後には清々しい、癒される気持ちになってもらえたらと思います」
今回、三人の“料理人”たちが挑んだのは、クラシックから映画音楽、バレエ音楽やダンスミュージック、タンゴなどさまざまなジャンルの世界の名曲を、独自にミックスして生まれ変わらせることだ。

TAIRIK(写真左)、SUGURU(中央)、KENTA(写真右)

時代もジャンルも越えた名曲同士のまさかの組み合わせ

誰もが知る食材同士の衝撃的な組み合わせが、絶妙な味をもたらすように。生まれたのは、驚きのマリアージュであり、アッサンブラージュだ。
「クラシックをベースに、ジャンルの垣根なく音楽と向き合ってきたからこそたどり着いたひとつのオリジナルスタイルです。独自のアイデアから生まれた新しい音楽の可能性をぜひ堪能していただきたいです」
そう語るKENTAの推し曲は、自身が発案した『スワン・レイク・シャレード』。チャイコフスキーのバレエ音楽『白鳥の湖』とオードリー・ヘップバーン主演の『シャレード』主題歌を融合させた。
「これこそ、ひらめきから生まれた組み合わせ。有名なメロディでありながらクラシカルなこの曲をどう表現するか。楽曲アレンジのみならず、演奏家としての腕も試される内容の濃い一曲です」

ショパンの名曲たちと世界的なダンスミュージック『セプテンバー』を組み合わせた『ショパン・ラブズ・セプテンバー』は、SUGURUが発案。障がいをもつ大富豪の白人とそれを介護する黒人青年の絆を描いたフランス映画『最強のふたり』が好きだという。
「音楽にはヨーロッパ発祥のクラシックや、ジャズ、ソウル、ゴスペルにヒップホップといったブラックミュージックなどさまざまなジャンルがありますが、 この映画では、黒人青年がクラシックを聴いたときに全然踊れない、聴いてられねぇ!という雰囲気になるんですよ。いやいや、何とか両方に分かり合ってほしい。そんな思いが最初にありました。僕個人としては、音楽は静かに聴くのではなくて踊ってほしいんです。クラシックでも体を揺らす曲もあるし、いろんな楽しみ方があるという思いをこの曲に入れさせていただきました」

『ゴジラ』の壮大な映画音楽は、ラヴェルのピアノ協奏曲とミックスし『ゴジラヴェル』に。
「『ゴジラ』の作曲家、伊福部昭さんは、ラヴェルを尊敬していたそうです。編曲してくださった和田薫さんは伊福部さんのお弟子さんで、2人の作曲家に最大のリスペクトを込めた楽曲となりました。バランスの妙がすごいです」(同曲発案者TAIRIK)

また、交響曲第九番、年末の風物詩である“第九”は、定番クリスマスソング『ホワイト・クリスマス』とブレンド。
さらに、アストル・ピアソラの『リベルタンゴ』などの楽曲たちを“時短”した『ピアソラMIX』も魅惑的な一曲。2021年に生誕100周年を迎えた革命児の、贅沢で欲張りなメドレーだ。
人気のバレエ音楽『くるみ割り人形』は、“おいしいところ”を抽出して巧みに料理した楽曲となった。

三人それぞれの個性が光るオリジナル曲

オリジナル曲にも注目したい。
「聴いてくださる方には、最後にはオリジナル曲にたどり着いてほしいという思いがあります」
そう話すSUGURUは、日本の夏の力強さを三人のアンサンブルに三味線、尺八を加えて情景豊かに表現した『蝉時雨』、ほぼアドリブで構築され、自身がもっとも気に入っていると話す『Brand New Day』、温かい気持ちになってほしいという思いを込めた『向日葵の咲く場所で』と、異なるベクトルの三曲を作曲。
KENTAによる『Beautiful Life』は、爽やかで美しいメロディが印象的だ。
表題曲『HAPPYキッチン』は、「栗原はるみのキッチン日和」のテーマ曲を膨らませたもので、今回のアルバムコンセプトの土台となる一曲。明るくハッピーな気持ちになれる曲だが、実はSUGURUがお玉でボウルを叩いてリズムを刻んだり、TAIRIKがソルト&ペッパーミルをマラカス風に振ったりした音も収録されている。
「気づかない方もいると思うので、ぜひ見つけてください(笑)」(TAIRIK)。
そしてTAIRIK作曲の『HAYABUSA』は、思いが壮大過ぎてなかなかまとまらず、10年近くの歳月を経てようやく完成した力作だ。

「昨今、一定のビートや電子音で構成されている楽曲が流行る傾向にありますが、クラシックをはじめ生の楽器の音色、音楽ってこんなに面白いアプローチができるんだよ!アンサンブルってこんなにワクワクしていろんな表情があって素敵なんだよ!という思いがたくさん詰まった作品になっています」(KENTA)
その自信作を引っ提げて、進化したアンサンブルを全国各地で披露していく。
アルバムで、コンサートで。これまでなかった新しい“料理”を味わってみては?

■インフォメーション

アルバム『HAPPYキッチン』


発売元:キングレコード
発売日:2021年8月25日
価格:3,300円(税込)
詳細はこちら

TSUKEMEN CONCERT HAPPYキッチンツアー

2021年10月24日(日)アトリオン音楽ホール(秋田県)
2021年11月20日(土)弘前市民会館(青森県)
2021年12月5日(日)フィリアホール(神奈川県)
2022年2月19日(土)岩国市周東文化会館(山口県)
※最新情報はオフィシャルサイトでご確認ください。
オフィシャルサイト

YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

8415views

音楽ライターの眼

ラヴェル「ラ・ヴァルス」、ワルツ独り舞台/福間洸太朗ピアノ・コンサート

5911views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

8703views

アコースティックギター

楽器のあれこれQ&A

アコースティックギターの保管方法やメンテナンスのコツ

3535views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

16984views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

15034views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6936views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10559views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

30105views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

7710views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8371views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9742views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7582views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9891views

Z EXPRESS BIG BAND - Web音遊人

音楽ライターの眼

スタンダードジャズから吹奏楽ナンバーまで、20人の凄腕たちが魅せた熱いステージ/Z EXPRESS BIG BAND

9265views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9227views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

9290views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5809views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7361views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

5509views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

17868views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2799views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29346views