Web音遊人(みゅーじん)

ギター本体でエフェクトをかけられるトランスアコースティック™ギターにカッタウェイモデルが新たに登場!

エフェクターやアンプ、スピーカーを使わずにアコースティックギターの音にリバーブとコーラスをかけられる「トランスアコースティック™ギター」。2016年にフィンガースタイルで使えるLLシリーズでスタートし、ヤマハが世界に誇るフォークギター「FG」のボディを採用したFG(FS)シリーズ、クラシックギターのCGシリーズ、コンパクトなボディのCSFなど、ジャンルや演奏者のスタイルにあわせたモデルが次々と発表され、シンガーソングライターの優里や大石昌良、クラシックの木村大といったアーティストたちにも愛用されてきた。

待望のカッタウェイモデルが登場

そんなトランスアコースティック™ギターに、新たにカッタウェイモデルのFGC-TA/FSC-TAが登場。この新製品は、プロユースの現場にも対応できるものが目標だったと、マーケティング課の山口拓也さんは語る。
「今回カッタウェイモデルを発表したのは、アドリブパートなどの実践的な場面で活用できるようにという狙いがありました。フォークギタータイプのFGシリーズは歌伴奏に使われることが多いのですが、2018年に発表したシリーズにはカッタウェイモデルはありませんでした。そんななか、弾き語りだけどソロも弾く、バンド演奏でもっと活用したいというニーズが増えており、やはりカッタウェイがあったほうがいいということになり、開発にいたりました。これでほぼすべてのマーケットニーズに応えられる5シリーズが揃ったということになります」

“カッタウェイ=切り取る”という言葉どおり、FGC-TA/FSC-TAはボディがサウンドホールの近くまで切り込まれた形状なので、フレットのハイポジションが抑えやすくなり、FGの音でソロを弾きたいという要望に応えられる仕様になっている。さらにカッタウェイになったことでボディ自体の音の鳴りが締まり、リバーブやコーラスなどのエフェクト効果もより感じやすくなっているのだそうだ。
「もともとFGのボディは生鳴りが大きいので、エフェクトを弱めの設定にした場合、弾き方や演奏環境によっては感じづらいこともあったのですが、今回のFGC-TA/FSC-TAではカッタウェイが入ることで音が締まり、トランスアコースティック™の売りであるエフェクトの効果がよりわかるようになったので、音の柔らかさやふくよかさがより体感できるようになったと思います。ボディ自体もブレイシング(補強の骨組み)を波状に加工した『スキャロップドブレイシング』を取り入れた現行のFG820シリーズのものを採用しています。つまりFG単体としてみても鳴りが改善されていますので、FGC-TAはもちろん、コンパクトなボディのFSC-TAのほうでも、『充分な鳴りが得られますね』というお声を販売店やユーザーの皆さまからもいただいています」

ずっと弾き続けていたくなる心地よいサウンド

形状がこれまでのフルボディとは異なるので、アコギの生音に加えるエフェクト音もFGC-TA/FSC-TAそれぞれのボディにあわせたチューニングが施されている。こうした演奏性、サウンドの向上は、プロの演奏家はもちろん、楽器を始めたばかりの初心者にとっても嬉しいことだ。アコースティック楽器は力の入れ方次第で音色が変るため、初心者は思うような音が出せないことも多い。でもトランスアコースティック™ギターのエフェクトで美しい音、心地よい音が出せれば、弾く楽しさが増すだろうし、練習を続ける意欲にもつながるからだ。
「鳴りが悪いと『弦の押さえかたが悪いのかな?』と無理に力が入ったりしますし、それを長時間続けることはストレスにもなる。そういうのを取り払ってくれるのは大きいと思います。やっぱり楽しくないと続かないですし、手の負担が軽くなることで長時間の練習がしやすくなるのは、トランスアコースティック™ギターの魅力のひとつだと思います」

シンプル&コンパクト設計のコントロール部(コーラスコントロール・リバーブコントロール(Room/Hall)・TAスイッチ/ラインアウトボリュームコントロール)と裏板の内側に設置されたアクチュエーター(加振器)

カラーバリエーションでSNS映えも

昨今はおうち時間が増えたことや、YouTube動画のためにと楽器を始める人が増えているそうで、ギターの出荷本数は大幅に増えているという。そんななか登場したカッタウェイモデルのFGC-TA/FSC-TAは、カラーバリエーションも各3カラー、計6タイプと豊富で、“映え”が大事なYouTubeにも向いている。エレアコとしても使用できるので、ラインでミキサーなどにつなげば、よりよい音で動画を制作できるだろう。
よりハイレベルな演奏を楽しみたいアコギファンはもちろん、SNSでたくさんの“いいね!”を狙いたい人は、ぜひ楽器店に足を運んで、トランスアコースティック™ギターの楽しさを感じてみてほしい。

■FGC-TA/FSC-TA

ギターの内部に「アクチュエーター」(加振器)を搭載することによりアンプを使わずにリバーブやコーラスといったエフェクトをギターの生音に付加することができる「TransAcoustic™」搭載ギターのカッタウェイモデル。
製品の詳細はこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:MORISAKI WINさん「音は感情を表すもの。もっと音楽を通じたコミュニケーションをして、世界を見る目を広げたい」

5580views

音楽ライターの眼

連載2[多様性とジャズ]マスク着用率が高い日本で“音楽と個人主義”が語れるのかを考えてみた

1885views

楽器探訪 Anothertake

空間を包み込む豊かな響き「フリューゲルホルン」

3634views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4246views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13021views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

3106views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

21863views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2705views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14398views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4142views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7571views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9589views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12024views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9785views

スティーヴ・ヴァイ

音楽ライターの眼

スティーヴ・ヴァイがバイカー仲間の亡き友と作った『ヴァイ/ガッシュ』が発表

1286views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

7008views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

7644views

トランスアコースティックピアノ™

楽器探訪 Anothertake

音量の問題を解決し、ピアノの楽しみを広げる「トランスアコースティックピアノ」

3754views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2245views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

4670views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25064views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5809views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24704views