Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:富貴晴美さん「“音で遊ぶ人”たちに囲まれたおかげで型にはまることのない音作りができているのです」

ドラマに映画、アニメーション、CM音楽などの作曲をはじめ、アーティストへの楽曲提供など幅広く活動を展開している富貴晴美さん。日本アカデミー賞優秀音楽賞を3度受賞し、史上最年少で大河ドラマの音楽を担当するなど、今最も注目されている作曲家のひとりである富貴さんに、ご自身の音楽への想いをお聞きしました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

ハチャトゥリアンの『バイオリン協奏曲』です。初めて聴いたのは中学生のころで、いろいろなCDを買いあさっていた時期でした。この作品に出合った時、その魂に響く音楽に衝撃を受けました。駆り立てられるようなリズム感に力をもらえるので、元気がない時に聴いて“やるぞ!”と気持ちを奮い立たせることもあります。とてもソウルフルで、生き様のようなものを感じますね。『バイオリン協奏曲』との出合いをきっかけにロシア音楽が大好きになったので、その頃からハチャトゥリアンはもちろん、プロコフィエフやリムスキー=コルサコフなどの作品をずっと聴いていました。旋律の運び方をはじめ、作品に漂う“土臭さ”に魅了されています。あとは聴いていると鮮やかに映像が浮かんでくるところですね。これは今の仕事にも通じるものがあると思います。また、映画音楽だと『アラビアのロレンス』のサウンドトラック、それから作曲家を目指すきっかけになった『タイタニック』のサウンドトラックもたくさん聴いてきました。

Q2.富貴さんにとって「音」や「音楽」とは?

「きらめき」でしょうか。音楽に喜びをもらい、人生を豊かにしてもらっています。ずっと音楽と共に生きてきたので、わたしそのものでもありますね。人生の様々な場面を輝かせてくれましたし、何かが輝いて見えるときには音楽が聴こえてくることもありました。もちろん作曲するときにもきらめきを感じます。曲を書いていて、グッとくるメロディがひらめいたときなどは自分でドキドキしてしまいますね。ちなみに、最近聴いているときにきらめきを感じた音楽はインドの音楽です。使われている楽器の響きや女性の歌声がとても美しくて……。具体的な曲名などはわからないのですが、ヨガをやっているときに流れていて、すごく惹かれてしまうんです。ただ、曲に意識がいってしまうのでヨガにまったく集中できません(笑)。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

作曲家はみんな音で遊んでいると思います。もちろん私自身も。ピアノの前に座ったらずっと弾いていられますし、自然音など様々な音を録音してサンプリングすることも好きです。海外に行くときは必ずマイクを持って行って、自然音はもちろん、教会の鐘の音や路上で演奏している人の楽器の音や歌声を録らせてもらい、それらを後でいろいろ加工したり組み合わせたり……。その“遊び”が仕事につながることもありました。それから、大学や大学院では現代音楽を書いていたのですが、師事していた福士則夫先生をはじめ、現代音楽の作曲家は本当に「音で遊ぶ人」。講義では突然“おたま”を持ってきてピアノの中でガチャガチャ鳴らしたり、そのおたまでお琴も弾いたり、作曲のレッスンにお箸を用意してきたり……(笑)。そんな現代音楽を学んだことで、型にはまることなく、いろいろな音とのかかわり方ができるようになりました。「音で遊ぶ人」たちに囲まれた日々を忘れることなく、これからも常に新しいものを見つけながら作曲を続けていきたいです。

富貴晴美〔ふうき・はるみ〕
作曲家・編曲家・ピアニスト。2013年『わが母の記』で第36回日本アカデミー賞優秀音楽賞を最年少で受賞。その後第39回、第41回と、3度同賞を受賞している。ドラマ、映画、アニメ、ミュージカル、CM音楽の作曲やアーティストへの楽曲提供など幅広く精力的に活動を展開し、『西郷どん』や『ピアノの森』など次々に話題作の音楽を手掛け、現在も映画『総理の夫』『そして、バトンは渡された』『老後の資金がありません!』、さらにアニメ映画『鹿の王』や劇団四季オリジナルミュージカル『バケモノの子』を担当している。
オフィシャルサイト

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:寺井尚子さん「ジャズ人生の扉を開いてくれたのはモダン・ジャズの名盤、ビル・エバンスの『ワルツ・フォー・デビイ』」

6030views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

7321views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

3430views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

26509views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

8123views

オトノ仕事人

歌、芝居、踊りを音楽でひとつに束ねる司令塔/ミュージカル指揮者・音楽監督の仕事

839views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

9717views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7926views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

11399views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

1178views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

5703views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

7306views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

13390views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

18183views

音楽ライターの眼

オーボエの甘美な響きに、α波で満たされた珠玉のひととき/モーリス・ブルグ80歳記念コンサート

3150views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

7582views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

4596views

楽器探訪 Anothertake

目指したのは大編成のなかで際立つ音と響き「チャイム YCHシリーズ」

6344views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

4699views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.8 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

初心者も経験者も関係ない、みんなで音を出しているだけで楽しいんです!

3822views

トロンボーン

楽器のあれこれQ&A

初心者なら知っておきたい、トロンボーンの種類や選び方のポイント

10868views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

7926views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

24947views