Web音遊人(みゅーじん)

MODX+

フラッグシップの遺伝子を受け継ぎながら可搬性にも優れたシンセサイザーがさらに機能を強化!「MODX+」登場

ヤマハのフラッグシップシンセサイザーMONTAGEのテクノロジーをベースにした高品位なサウンドと操作性を継承しつつ、優れた可搬性も両立した「MODX」シリーズから新モデル「MODX+」が登場した。
プロのキーボーディストの即戦力にもなるようなクオリティを備えつつ、多彩な音色も搭載されているので、最初の1台として選んでも長く使えそうだ。

MONTAGEのテクノロジーを継承する強力なサウンドエンジンを搭載

高音質かつ軽量なシンセサイザーとして人気を集めてきた「MODX」シリーズ。2018年に発売を開始して以来、時代の変化に合わせてOSのアップデートを重ねてきた。
「MODX+」はそれらのアップデートをあらかじめインストール、さらに性能や表現力を高めた後継モデルだ。ラインナップは、61鍵盤モデルの「MODX6+」(キーボードタッチ)、76鍵盤の「MODX7+」(キーボードタッチ)、88鍵盤の「MODX8+」(ピアノタッチ)の3モデル。活用シーンや演奏スタイルに合わせて選ぶことができる。

MODX+

「MODX6+」
鍵盤数61鍵、幅937mm、高さ134mm、奥行き331mm、質量6.6kg

MODX+

「MODX7+」
鍵盤数76鍵、幅1,144mm、高さ134mm、奥行き331mm、質量7.4kg

MODX+

「MODX8+」
鍵盤数88鍵、幅1,333mm、高さ160mm、奥行き404mm、質量13.8kg
各モデルのスペック詳細はこちら >

「MODX+」の注目すべき特長のひとつは、妥協を許さないサウンドだ。
ピアノをはじめとした生楽器からシンセサウンドまで、原音の高い再現性を得意とするAWM2音源と、滑らかでダイナミックな音変化を得意とし、EDMサウンドからクラシックな80年代サウンドまで、幅広い表現ができるFM-X音源の2種類を組み合わせたハイブリッド音源システムを搭載。また、今回のモデルではFM-X音源の同時発音数が従来の64音から128音と倍増し、AWM2音源と合わせて同時発音数256音という強力なスペックを実現した。これにより、さらに演奏時の音切れを気にすることなく、美しくパワフルなサウンドを響かせることが可能になった。

豊富な音色と多彩な機能。クリエイティブの共有も簡単に

プリセット音色もあらゆる音楽ジャンル、スタイルに対応すべく、200種類以上増えて2,227種類に。外部の音色ライブラリーデータを読み込むための内蔵メモリーが、従来の1GBから1.75GBへと拡張したのも進化した点だ。
さらに、Webアプリ「FM Converter」を使用すれば、80年代のシンセサイザー「DXシリーズ」の音色をコンバートすることも可能。当時のFM音源の音を、現代の機種に備わっているコントローラーやエフェクターを使って現代版の新しいFMサウンドとして蘇らせてみるのも楽しいだろう。
よく使う音色をオリジナルのライブセットとして簡単に登録、呼び出しができる機能も搭載されているので、演奏する曲の進行にあわせて音色を登録しておけばライブのときにも便利。

MODX+

ライブセットに登録した音色は、タッチスクリーンでの操作はもちろん、対応のフットペダルを使えば足元でも切り替えができる。

また、ミュージシャンのためのソーシャル・サウンド・シェアリング・コミュニティ「Soundmondo」を使えば、世界中の「MODX+」「MONTAGE」「MODX」ユーザーと音色の共有もできる。

ほかにも異なるFM音色をモーフィングすることで、これまでないFMのサウンド表現を可能にするスマートモーフ、革新的かつ高品位なエフェクト処理、EDMサウンドをつくるのに欠かせないサイドチェーンなど多彩な機能も充実している。ヤマハの歴代シンセサイザーとの互換性もあり、「MONTAGE」「MODX」シリーズはもちろん、「MOTIF」や「MOXF」のユーザーファイルやライブラリーファイルを読み込むことが可能だ。

MODX+

スマートモーフは、タッチスクリーン上に表示されるモーフィングマップの色の付いたエリアでFM音源の中間音色を表現している。このマップを自由に指でなぞったり(写真左)、設定した2点間をスーパーノブ移動したりすることで(写真右)、FM音色をモーフィングすることができる。

ハード面では、アナログシンセやマイクなどの外部機器を接続できるA/Dインプットにも注目したい。接続したマイクはボコーダーに使用できるだけでなく、パソコンやiOSデバイスと接続すれば、演奏と一緒に音声も配信することができる。弾き語りやMCにも活躍しそうだ。

個性的なパフォーマンスを実現するコントロール機能

ふたつ目の特徴は、演奏者のクリエイティビティを刺激するコントロール機能にある。
サウンドを変化させる複数のパラメーターの動きをひとつのノブ操作だけでコントロールできる「スーパーノブ」や、膨大なパラメーターをひとつひとつシーケンスに沿って制御し、音色を変化させることができる「モーションシーケンス」、本体に接続した生楽器などの音源に追従して音色のエフェクトパラメーターを同期させる「エンベロープフォロワー」。これら3つの要素で構成される「モーションコントロール」を駆使することで未知なる音の創造が可能に。ライブでは音の変化をリアルタイムにコントロールすることで、さらに躍動感あふれるパフォーマンスが実現できるだろう。
また、演奏のニュアンスを作るために欠かせないピッチベンドとモジュレーションホイールには、新たにMONTAGE同様のラバーコーティングが施された。滑らかな触り心地と質感が、プレイヤーのモチベーションを上げてくれること間違いなしだ。

MODX+

サウンドにあわせて変化する光の動きが美しい「スーパーノブ」(写真左)、演奏中のモチベーションも上がる触り心地のピッチベンドとモジュレーションホイール(写真右)。いずれもMONTAGEを想起させるデザインだ。

軽量・コンパクトで持ち運べるマイ楽器

そして「MODX+」の大きな特徴は、何といっても可搬性に優れた軽量ボディだ。
本体質量は「MODX6+」が6.6kg、「MODX7+」が7.4kg、「MODX8+」でも13.8kg。別売りで「MODX6+」と「MODX7+」には背負えるバックパックタイプのソフトケースを、「MODX8+」にはグリップとキャスター付きソフトケースを用意している。
「MODX6+」はコインロッカーにも入るサイズなので、出勤前にロッカーに預け、仕事帰りにスタジオへ。ライフスタイルに合わせたそんな使い方もできそうだ。
日々の練習からライブまで、日常的に楽器を持ち運ぶキーボーディストのやりたい事をサポートする。「MODX+」はそんなマイ楽器になるだろう。

MODX+

堅牢性を重視した専用のソフトケース。「MODX6+」と「MODX7+」はバックパックタイプ(写真左)、「MODX8+」はキャリングタイプ(写真右)

自分の意のままに音をつくり出すことは、シンセサイザーの醍醐味。一方、難しいというイメージを持つ人も多いかもしれない。しかし、「MODX+」は実際に触れてみると初めて触っても戸惑うことなく操作でき、機能を使うことができる印象。触れるほどに創造力を刺激してくれて、その先にあるパフォーマンスを叶えるための多彩な“引き出し”を備えているのは大きな魅力だ。

 


Yamaha | MODX+ Overview

■MODX+

フラッグシップシンセサイザーMONTAGEのテクノロジーを継承する音源、コントローラーを搭載。即戦力となるユーザビリティを備えながら、持ち運びも想定したコンパクト&ライトウェイト仕様のシンセサイザー。
詳細はこちら

■軽音生応援!キーボードケースプレゼント

「MODX+」を購入された学生の方に、もれなく専用ソフトケースをプレゼント。
対象:2023年3月31日(金)までに購入された学生の方
※お申し込みの際は、ヤマハミュージックメンバーズの会員登録(登録無料)が必要です。
詳細はこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:大塚 愛さん「私にとって音は生き物。すべての音が動いています」

15717views

音楽ライターの眼

2021年はサン=サーンスの没後100年のメモリアルイヤー

5100views

楽器探訪 Anothertake

空間を包み込む豊かな響き「フリューゲルホルン」

3297views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

14982views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

11868views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

8097views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

11942views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

8228views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23183views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

6202views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5709views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9436views

大人の楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:バイオリニスト岡部磨知がエレキギターを体験レッスン

18931views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9669views

音楽ライターの眼

ピンク・フロイドの幻のレア音源・映像が相次いで公開

2884views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

8836views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4737views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

12749views

東広島芸術文化ホール くらら - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

繊細なピアニシモも隅々まで響く至福の音響空間/東広島芸術文化ホール くらら

12792views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5208views

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ

楽器のあれこれQ&A

購入前に知っておきたい!電子ピアノを選ぶときのポイントとおすすめ機種

26499views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2620views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28620views