Web音遊人(みゅーじん)

東儀秀樹インタビュー - Web音遊人

今月の音遊人:東儀秀樹さん 「“音で遊ぶ人”といえば僕のことでしょう。どのような楽器の演奏でも、楽しむことだけは忘れません」

雅楽に新しい光を当て、篳篥(ひちりき)や笙(しょう)といった伝統楽器で多彩なジャンルの音楽を演奏している東儀秀樹さん。音楽はもちろん、多様な趣味もすべて楽しみ尽くすという達人は、常に「ワクワクと好奇心」を忘れないという。新感覚の音楽が生まれる背景や人柄とは……?

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

これは、僕にとって一番難しい質問ですね。あまりにたくさんあり過ぎるし、おそらく挙げたくなるどの曲も同じくらい聴いているでしょうから。1曲を挙げてしまうと、他の曲に申し訳ないという気持ちになってしまいますし、どうしても難しいですね。音楽に限らず、なにかをひとつ選ぶということ自体が得意ではありません。ですから、この回答については許してください。
自分のオフィシャルサイトにあるバイオグラフィにも、これまで愛聴してきたアルバムを掲載していますが、たとえばエリック・クラプトンが好きであってもアルバムの曲を全部好きなわけではないですし、今日はこのアルバムがいいと思うけれど、明日になれば「いや、やっぱりこっちだ」という具合に変わってしまうのです。
ただ、そういった自分だからこそ好奇心のおもむくまま、ジャンルを問わず新しい音楽との出会いが生まれるでしょうし、趣味や生活が広がっていくような気はします。

Q2.東儀さんにとって「音」や「音楽」とは?

僕は本当に幸せで恵まれた人間だなと思うことがあり、それは音楽も含めてすべての仕事が趣味の延長だなと思えるからなのです。常に楽しみながら仕事をしていますし、アルバムを作るときにはそのときどきに感じている「自分の中の旬」を音楽という形にして送り出していますので、たとえ仕事であっても嫌いなことをあえてするというのはありません。
音楽が自分にとってどういう存在なのかも、これまで意識することは特になかったですし、ことさら意識をしてしまうと「こう作ろうか、どうしようか」と考えすぎてしまい、あざとくなってしまうような気がするのです。ですから、いつも自分のそばにあって存在を意識しすぎないという点では「空気」のようなものかもしれません。
音楽家としても本来は雅楽の演奏者ですが、アルバムではギターやキーボードなども含め、ほとんどの楽器を自分で演奏していますので、肩書きを付けるのであれば「雅楽師(マルチプレイヤー)」という表記がしっくりきます。俳優や作家、絵本作家などの仕事も楽しんでいますし、もしかすると音楽もメインではなく、僕の中の一部という存在なのかもしれませんね。

東儀秀樹インタビュー - Web音遊人

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

「音で遊ぶ人」といえば、自分自身のことしか思いつきません。ジャンルにこだわりなく、面白いと思った音楽は心から楽しみますし、演奏する楽器も篳篥や笙などの雅楽器だけではなく、チェロも弾きますし、民族楽器などは博物館が開けるくらいありますが、どれも演奏していて楽しいものばかりです。
うちは両親とも音楽が好きで、自宅ではクラシックや映画音楽、ミュージカルなどの曲が流れていましたし、小・中学生の頃は海外で生活していたためインターナショナル・スクールに通っていましたから、ビートルズをはじめとする海外のポップス、反戦フォーク、ロック、ブルースなどさまざまなジャンルの音楽に次々と出会えました。当時の自分には雅楽の「が」の字もありませんでしたけれど、そうした環境があったからこそ、現在のような音楽との付き合い方ができるのでしょう。
いま小学生の息子は僕の影響で、幼稚園の頃から1970年代のロックに興味をもっているのですが、そうした音楽環境といい、好き嫌いがはっきりしているところといい、僕と同じようになるかもしれませんね。

東儀秀樹〔とうぎ・ひでき〕
雅楽師。奈良時代から今日まで1,300年にわたり雅楽を世襲してきた楽家に生まれる。宮内庁楽部在籍中は、篳篥を主に、琵琶、太鼓類、歌、舞、チェロを担当。宮中儀式や皇居で行われる雅楽演奏会などに出演するほか、海外での公演にも参加、日本の伝統文化の紹介と国際親善の役割の一翼を担ってきた。1996年デビューアルバム『東儀秀樹』で脚光を浴び、その後次々とアルバムを発表。日本レコード大賞企画賞、ゴールドディスク大賞など受賞歴多数。現在はさまざまなジャンルとコラボレーションし、雅楽の持ち味を生かした独自の創作や表現に挑戦している。
東儀秀樹オフィシャルサイト  http://www.togihideki.net/

 

特集

Web音遊人_上原ひろみ

今月の音遊人

今月の音遊人:上原ひろみさん「初めてスイングを聴いたときは、音と一緒に心も躍るような感覚でした」

15243views

音楽ライターの眼

仮面ライダーも串刺しに、メタルも恋に落ちた名曲、ジョー・ダッサンの「愛の挽歌」

1514views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

4816views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

15726views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

7089views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

19694views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

1800views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

2667views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4231views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

6873views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2530views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4835views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

970views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4908views

音楽ライターの眼

ベートーヴェンの苦闘からシューマンの夢幻へ。仲道郁代 スペシャル・コンサート~フォルクハルト・シュトイデ(バイオリン)を迎えて~

1306views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

3208views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

6873views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

78841views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1952views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2841views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

73784views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2422views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4835views