Web音遊人(みゅーじん)

仲道郁代『ピアニストはおもしろい』

ピアニストとしての真摯な生き様が爽やかな感動を伝える。仲道郁代『ピアニストはおもしろい』

「どうしてピアノを始めたのかはわからない」という、ちょっと意外な一文で始まる仲道郁代さんの著書『ピアニストはおもしろい』は、300ページを超える力作。読み始めた瞬間から、ぐいぐいと仲道ワールドに引き込まれていくのは、時に仲道さんらしいユーモアも交えながら、自身の言葉で率直に綴った文章のひとつひとつに深く共感するからだろう。

順風満帆と思われるピアニストへの道。しかしそれは、工夫と努力、困難を乗り越える力を必要とする厳しい道だった。子ども時代には「順番に段階を踏んでいく日本式の教育」を受けた。それを「宝だった」と振り返るとともに、父の仕事の関係で経験したアメリカでの生活にも触れる。良いところを賞賛するアメリカ文化の中で室内楽や作曲にも出会い、視野を広げる。14歳の時には、ホロヴィッツの歴史的コンサートを聴くチャンスにも恵まれた。大曲を弾き終え、聴衆の大喝采に応えた後…。
「アンコールが続いた中で、ふと『ドファ』と、ある曲が始まった。静かな静かな音で、それはシューマンの《トロイメライ》だった。と、何の前触れもなく、涙が一筋頬を伝わって落ちた。(中略)たった二つの音の連なりに泣けた。(中略)帰宅してピアノに向き合ったとき、これまでとは異なる新しい感覚がそこにあった」(本文より)
「たどり着けないけれど、見つけたい地点。その感覚を持つことが音楽に向き合う喜び」と語る瑞々しい感性と純粋な思いに、自然に感動がわき上がってくる。

その後、単身帰国して日本で学び、ドイツ留学へ。留学中に国際コンクールに挑み、本格的にデビュー。時に失敗して落ち込んでも、ずっとピアノを弾き続けた仲道さんの生き方に勇気をもらう。

どんな時も弾き続けたのは、「ピアノの音が好きだったから」。それは「懐かしいような、甘酸っぱいような、胸がキュンとなる何かをもたらす音」と、ピアニストの言葉でピアノの魅力を語る。演奏家の視点は、作曲家や作品、楽器、そして弾き振りの体験について綴った章でもいきいきと躍動する。ピアノを学ぶ人にとって実践的に役立つだろう。

ピアノを大好きになった幼い日々、尊敬する師との出会い、コンクールでのエピソード、音楽仲間との交流、母となり演奏活動との両立に奮闘した日々、演奏家として社会で果たす役割を考え行動したこと…。それらすべてが糧となり、今のピアニスト仲道郁代が存在している。そう思うと、今すぐにでも仲道さんの演奏が聴きたくなった。

仲道郁代(なかみち・いくよ)
4歳でピアノを始め、桐朋学園大学1年在学中に日本音楽コンクール第1位、その後、文化庁の在外研修員として学んだミュンヘン国立音楽大学留学中にジュネーブ国際コンクールで最高位、エリザベート王妃国際コンクール入賞。1987年、本格的に演奏活動をスタート。近年では、ベートーヴェン、ショパン、モーツァルトなどのシリーズ企画、子どもたちと音楽との幸せな出会いをプロデュースするプログラム「不思議ボール」、各地の学校を訪問するアウトリーチ活動も積極的に行なっている。
オフィシャルサイト:http://www.ikuyo-nakamichi.com/

■作品紹介

『ピアニストはおもしろい』
著者:仲道郁代
発売元:春秋社
発売日:2015年2月13日
価格:2,000円(税抜)
ご購入はヤマハミュージックWeb Shopの本書のページをご覧ください。

特集

今月の音遊人 - 平原綾香さん

今月の音遊人

今月の音遊人:平原綾香さん「未来のことを考えず、純粋に音楽を奏でる人こそ、真の音楽家だと思います」

6308views

“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル

音楽ライターの眼

“演奏経験の原点”の場に戻って、闊達なピアニシズムで魅了/小川典子ピアノ・リサイタル

2269views

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンに新風を吹き込んだ「ステージア」

13328views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

1614views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

3189views

打楽器の即興演奏を楽しむドラムサークルの普及に努める/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

オトノ仕事人

一期一会の音楽を生み出すガイド役/ドラムサークルファシリテーターの仕事(前編)

7948views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

2946views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

3192views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

14501views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

2745views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

3552views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3568views

注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

3189views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

6091views

音楽ライターの眼

2019年7月来日。ポール・ヤングの知られざるロックな素顔

1959views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

5842views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

3730views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

4350views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

1075views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2373views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

31501views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

802views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3568views