Web音遊人(みゅーじん)

大人げないロック・バンド、メルヴィンズが新作『ワーキング・ウィズ・ゴッド』を発表

メルヴィンズがニュー・アルバム『ワーキング・ウィズ・ゴッド』を発表した。
1983年にワシントン州モンテサノで結成、40年近く活動してきたメルヴィンズは、ロック界における特異なポジションを築いてきたバンドだ。決してヒット曲などはないものの、彼らはコンスタントに優れた作品を発表。プロジェクト作やコラボレーションなどもあり、正確な数字を出すことは困難だが、約25枚のアルバムを世に出している。メタルの重さとハードコアのエッジ、悪質なユーモアを込めた音楽性はグランジ/スラッジ/ドローン・メタルなど、さまざまなスタイルの原点となってきた。ニルヴァーナのカート・コベインが彼らを大リスペクトしていたのは有名だし、トゥールやアイヘイトゴッド、日本のBorisなどもメルヴィンズのファンとして知られている。

2011年にはツアー中にニュージーランドのクライストチャーチ地震に見舞われ、その直後に行われたジャパン・ツアーでは大阪・名古屋公演は無事行われたものの、3月11日の東京公演を前にしたサウンドチェック中に東日本大震災に遭遇。大きな地震に連続して被災するという経験をしている。

キング・バゾことバズ・オズボーン(ギター、ヴォーカル)とデイル・クローヴァー(ドラムス、ヴォーカル)の2人を軸に突っ走ってきたメルヴィンズの2021年時点での最新アルバムが『プレイング・ウィズ・ゴッド』だ。

本作のレコーディング・メンバーはバズとデイル、そして初期メンバーのマイク・ディラード(ドラムス)からなる通称“メルヴィンズ1983”。デイルがベースにコンバートしたこのトリオにとって、『トレス・カブローネス』(2013)以来のアルバムとなる(マイクは『ベーシズ・ローデッド』(2016)でも4曲に参加していた)。

前作の“Tres Cabrones=3人のバカ野郎”というタイトルを受け継ぐように、本作では彼らの小学生ギャグが冴えわたっている。1曲目からいきなりザ・ビーチ・ボーイズの『アイ・ゲット・アラウンド』の“替え歌”『アイ・ファック・アラウンド』。さらには『ファック・ユー』、“馬ヅラのマヌケのブライアン”を題材とした『ブライアン・ザ・ホース・フェイスド・グーン』など、ガキの魂を解き放つ楽曲が続く。

バズは本作について“8年生のユーモア”と表現している。アメリカの8年生といえば日本の中学2年生。いわゆる中2病というのは思春期ゆえの思い込みや妄想を指すが、本作の内容はもっと低学年、小学生レベルのように感じられる。

それらの楽曲以外でも、ロックンロールが元来持っていたガキらしさが全編を貫いている。『バウンシング・リック』『キャディ・ダディ』などのラウドなロック・ソングは、我々が退屈な授業中にいつも考えていた、すべてをブチ壊して、燃やし尽くして、 爆破したいという原始的な衝動が込められている。エディ・コクランの1958年のヒット曲『カモン・エヴリボディ』にあった、両親が留守のあいだ家を崩壊させんばかりのパーティーを行うバイオレンスと享楽主義、そして“大人になんかなりたくない!”というメッセージ性が、本作で表現されているのだ。

ちなみにバズは8年生当時の自分について「勉強はそこそこ出来たし読書も好きだったけど、社会と付き合うのが難しくて、酒や大麻をやるようになった」と語っている。

バズはデイル、マイクという中学の頃からの悪ガキ仲間が集まったことで本作の路線が決定されたと語っている。ただ、元デッド・ケネディーズのジェロ・ビアフラとのコラボレーション曲『Those Dumb Punk Kids (Will Buy Anything)』では「エマニエル坊やがジャームズ加入!コートニー・ラヴがニルヴァーナ加入!」という子供じみたネタが挿入されてるし、バットホール・サーファーズのメンバー達と共演した『ホールド・イット・イン』には『セサミストリート・ミート』という曲がある。結局、誰と組んでも、メルヴィンズがガキなのは変わらないのだ。

2021年3月にはバズが57歳となったが、メルヴィンズはティーンエイジ・ワイルドライフを進み続ける。前回来日公演を行ったのは2019年11月だが、世界が平常に戻ったとき、彼らは再び日本のステージで、大人げないライヴを見せてくれるだろう。

■インフォメーション

アルバム『ワーキング・ウィズ・ゴッド』

発売元:ビッグ・ナッシング/ウルトラ・ヴァイヴ
発売日:2021年2月26日
価格:2,420円(税込)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

5983views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.11

2615views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

6356views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

19706views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

5385views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

4082views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

6130views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4645views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

17076views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

5551views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6112views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23510views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8328views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

8521views

ザ・ダークネス

音楽ライターの眼

ギター不況を吹っ飛ばすライヴ・アルバム/ザ・ダークネス『ライヴ・アット・ハマースミス』

3330views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

5150views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

4208views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

4617views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

6112views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

10784views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4645views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23510views