Web音遊人(みゅーじん)

鶴田真由

俳優として言葉に魂を宿す一方、声という音を奏でる新たな表現を拓く/鶴田真由インタビュー

子どものころにピアノを10年ほど習い、学校の合唱コンクールで伴奏することもあったという鶴田真由。俳優として、さらに朗読やナレーションで数えきれない声を発してきた彼女にとっては、言葉も音楽だ。そしていま、声という音を奏でる新たな表現に挑んでいる。

haruka nakamuraとのコラボアルバムが世界のリスナーの心を揺さぶる

「言葉を音として捉え、何かを表現したい」。近年、そんな気持ちが強くなってきたと語る鶴田。さまざまなアーティストとジャンルを超えた活動を積極的に行ってきた。
2021年に開催された「山口ゆめ回廊博覧会」のアート・プロジェクトでは、音楽家haruka nakamuraとタッグを組み、ピアノと朗読による映像作品を制作。そして、2023年2月には彼とのコラボレーションアルバム『archē(アルケ)』を配信リリースし、話題を集めた。
アルバムに収録されている12曲には、鶴田が書き下ろした12篇の詩が収められている。haruka nakamuraの親密なピアノと、深く静かな熱量を帯びた鶴田の朗読が共鳴するセッションは、どちらが主ということもなく、音楽と言葉の単なるコラボレーションでもなく、音と音とが呼応し、立体感あふれる壮大な物語を紡いでいく。始まりや起源を意味するタイトルの『archē』のように、あたかも世界の創造に立ち会う感覚に陥る作品だ。
「相性がいいと思いました。私の声質とharukaさんが奏でる音の相性もそうですし、言葉で説明しなくてもパッとできる感じもそう。おそらく、価値観が似ているのでしょうね」

鶴田真由

鶴田真由&haruka nakamura『archē』

世界中に配信されたその音は海を越え、リスナーたちの心を動かした。
「日本語がわからない多くの人々に聴いてもらえたことで、やはり言葉と音には境界線はなく、言葉も音楽なのだということを改めて感じました」
もっと自由に声という音を奏でたいという彼女は今、インドのラーガと向き合っている。ラーガとはインド古典音楽の旋法。旋法とは簡単に言えば、音の配列のことだ。音階よりもはるか以前から存在していた考え方で、比較的知られているのは教会旋法だろうか。それぞれ独特の響きを持ち、ラーガもまたしかりだ。
「ラーガの理論は難しすぎてきちんと理解するのは時間がかかりますし、まだ音が取れなくて苦しんでいるのですが、音階ではない世界に入り込むのが面白いですね。その向こう側に何があるのか。音を通して世界に触れることに今、興味があるんです。音の秘儀のようなものがラーガにはあって、神秘を垣間見ている感じがします」

鶴田真由

鶴田真由&haruka nakamura『archē』(配信)

舞台「チノハテ」で演じるのは非情な母親

俳優としても無数の言葉に魂を宿してきた鶴田。2023年7月からは、劇団「ONEOR8」率いる田村孝裕 作・演出の舞台『チノハテ』が始まる。海外で暮らす怪しい日本人家族に危機が訪れ、究極の状態に追い込まれるというストーリー。“チノハテ”で、彼らは何を想うのだろう。鶴田は、非情な母親役を演じる。
「これまでも田村さん演出の作品に出演させていただいたことがありますが、彼が書く作品は初めてになります。彼の作品には必ず真ん中に愛があるんです。私は、そこがすごく好きです。今回も楽しみです」
舞台や映画、テレビでの芝居、そしてナレーションや朗読……。フィールドは違えども、鶴田の言葉はいつも真っすぐに心に響いてくる。それは、彼女が言葉や声という音に内在する力を信じ、真摯に向き合って表現しているからではないだろうか。

■舞台『チノハテ』

鶴田真由
期間:2023年7月6日(木)〜7月16日(日)
会場:赤坂RED/THEATER(東京・赤坂)
キャスト:鶴田真由、松島庄汰、池岡亮介、竹内夢、浜谷康幸、寺十吾、依田啓嗣
企画・製作:Nana Produce
詳細はこちら

photo/ 後藤泰宏

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

前橋汀子

今月の音遊人

今月の音遊人:前橋汀子さん「同じ曲を何千回、何万回演奏しても、つねに新しい発見や見え方があるのです」

2621views

音楽ライターの眼

連載24[ジャズ事始め]1950年代中頃に穐吉敏子を失望させた日本のジャズ・シーンの風潮とはなんだったのか?

4437views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5848views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

4498views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12246views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

6760views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12286views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2977views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

8315views

みどりの森保育園ママさんブラス

われら音遊人

われら音遊人:子育て中のママさんたちの 音楽活動を応援!

6719views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

5366views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9828views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

17055views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19297views

音楽ライターの眼

「学習」から最も遠い場所にいると思っていたジャズがAIに向いていた?

2747views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

19299views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5735views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5848views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11473views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6997views

ヴェノーヴァ

楽器のあれこれQ&A

気軽に始められる新しい管楽器 Venova™(ヴェノーヴァ)の魅力

1812views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9110views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29511views