Web音遊人(みゅーじん)

ヤマハ銀座サマージャズライブ

本場ニューヨークの第一線で活躍するミュージシャンによるスペシャルライブ「ヤマハ銀座サマージャズライブ」

今や日本ジャズ界の真夏の風物詩となった「Seiko Summer Jazz Camp」。2022年に行われ好評を博した講師陣によるヤマハ銀座サマージャズライブが2023年も開催される。プロデューサー/事務局長の佐々智樹さんにライブのみどころを聞いた。

まるでニューヨークのジャズクラブにいるような最先端の空気

「2022年は、3年ぶりにサマージャズライブが開催されて、しかもジャズの本場ニューヨークの第一線で活躍するミュージシャンたちが集結したとあって、一般のお客様はもちろんのこと、評論家の皆さんやプロのミュージシャンからも『耳に突き刺さるような生のジャズを聴くことができて感激した』という声をいただきました。嬉しかったですね」
佐々さんは顔をほころばせてこう語る。2016年にスタートした「Seiko Summer Jazz Camp」は、プロのジャズ・ミュージシャンを目指す若者たちが、アメリカより招聘した講師たちから演奏をはじめ作曲/編曲、理論について集中的に指導を受ける学びの場。最終日にはガラ・コンサートを開催したり、また「東京JAZZ」のイベントにも参加したりするなど、着実に活動の幅を広げてきた。
「参加者の皆さんが日に日に上達していくのを目の当たりにするのは、私にとって至上の喜びで、それがこのキャンプを続ける原動力になっています」
そして、2022年のサマージャズライブでは、講師たちから指導時とは違うミュージシャンとしてのエネルギッシュな一面を堪能できたのも嬉しかったという。
「キャンプの間は毎日、朝から夕方まで絶え間なく講義をして、夜は講師同士のミーティング。そんな過密スケジュールを終えた彼らからは、ジャズを演奏できることの喜びが、音となって溢れ出てくるようでした」
マイケル・ディーズ(Tb)をリーダーに、ロドニー・ウィテカー(B)、大林武司(P)など、講師陣はプレーヤーとしてもシーンの最前線で活躍する精鋭たち。2022年の公演では、総勢8人の講師に加え、ゲストの馬場智章(Ts)という豪華な布陣(※)で、『ストールン・モーメンツ』や『モーニン』、『ボディ・アンド・ソウル』といったスタンダード・ナンバーの数々を、トリオやデュオを含む様々なフォーマットで披露し、ジャズの楽しさを見せつけた。
「2023年も演奏される曲は、皆さんも聴きなれたスタンダードが中心になると思います。メロディを大切にして、丁寧に歌い上げるのが彼らのスタイルなのですが、決してノスタルジックにはならないのがポイントです。彼らならではのセンスで料理された、現在進行形のジャズとして披露されるんですよね。まるでニューヨークのジャズクラブにいるような雰囲気が味わえると思いますよ」

※2022年マイケル・ディーズに代わってマーシャル・ギルクス(Tb)が参加した。


SeikoSummerJazzCamp 2022MakingMovie

楽譜では表せない“ノリ”こそがジャズの神髄

「Jazz is the Rhythm of the Earth!/ジャズは大地のリズムだ!」
これは、2023年の「Seiko Summer Jazz Camp」のテーマである。ジャズの「本質」という表現すら生ぬるく感じるような、音楽の原点に迫る深淵なテーマなのだが、佐々さんが講師リーダーのマイケル・ディーズに提案して実現したものだという。
「2022年テーマにしたブルースもそうですが、リズムはジャズの基本中の基本ですよね。たとえ、都会風にソフィスティケイトされたジャズでも、その根底には大地に根差した強靭なリズムが必ず宿っている。ベーシストやドラマーはもちろん、ほかの楽器のプレーヤーやボーカリストだって、リズムには一家言あるはずです。2023年はリズムが持つ奥深さを追求できるようなキャンプになれば、と思っています」
さて、こうしたディープなテーマでの講義を経た後に開催されるライブなので、リズムを特に気にして聴いてみたら面白そうだ。
「彼らはメロディを大切にすると言いましたが、同時にリズムの強さも持ち併せています。まるで、アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ(※)が現代にいたらこんな演奏をするんだろうな、と思わせるような躍動感がある。そこが演奏の熱さにつながっていると思うのですが、そのあたりを意識して聴いてみたら面白いかもしれませんね。決して楽譜では表すことのできない“ノリ”を感じてください」

※ドラマーのアート・ブレイキー(1919~1990)がリーダーを務めたバンド。若手奏者を積極的に起用し、リー・モーガン(Tp)やウィントン・マルサリス(Tp)をはじめ、長い活動期間の中で多くのスターを輩出した。

夢は全国ツアー!2023年はその第一歩

サマージャズライブは、東京以外でも開催される。「ヤマハ銀座スタジオでの公演の後、札幌芸術の森 アートホール、次にビルボードライブ大阪、そしてビルボ―ドライブ横浜で講師たちの演奏を披露します。いずれもジャズが盛んな街なので、今から本当に楽しみです。札幌では地元のビッグバンドがオープニングアクトを務めてくれるほか、クリニックも行います」
将来的には、より多くの街で講師たちのライブを開催し、『Seiko Summer Jazz Camp』が掲げるジャズの熱さを届けていきたいという佐々さん。全国のジャズファンにとっては、最先端の音楽を体験するチャンスである。
「ひとりでも多くの人にジャズの楽しさを伝えたいですね。また、キャンプの参加者は全国から募集しています。講師たちのライブを観た若いファンが将来、ジャズを始めたり、キャンプに応募してくれたりするようになったら、私たちにとってこれほど嬉しいことはありません」

ヤマハ銀座サマージャズライブ

サマージャズライブ2022年開催の様子

■ヤマハ銀座サマージャズライブ

~Seiko Summer Jazz Camp All Stars~
日時:2023年8月19日(土)15:00開演(14:30開場)
会場:ヤマハ銀座スタジオ(東京都中央区銀座7-9-14 地下2F)
料金:4,500円(税込)
出演:ベニー・べナック・III(Tp)/マイケル・ディーズ(Tb)/ディエゴ・リベラ(Ts)/クインシー・デイビス(Dr)/ロドニー・ウィテカー(B)/大林武司(P)/ヨタム・シルバースタイン(G)/シェネル・ジョンズ(Vo)
ヤマハ銀座サマージャズライブチラシ(PDF)
チケットの購入(チケットぴあ)
サマージャズライブの詳細はこちら(Seiko Summer Jazz Campサイト)

特集

八代亜紀さん

今月の音遊人

今月の音遊人:八代亜紀さん「人間だって動物だって、音楽がないと生きていけないと思います」

9705views

音楽ライターの眼

フランスから世界に飛翔するふたりのチェンバリスト

3043views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

8475views

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法 - Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

金管楽器のパーツごとのお手入れ方法

14982views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4448views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7163views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

22441views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7063views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23187views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

7762views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6825views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9438views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

11869views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12388views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#025 1950年代後半の“空気感”を丸ごと盛り込んだ確信犯的エンタテインメント~ソニー・ロリンズ『ウェイ・アウト・ウエスト』編

542views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

2925views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5617views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

6460views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6258views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

4535views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

22918views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2771views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28621views