Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:May J.さん「言葉で伝わらないことも『音』だったら素直に伝えられる」

2018年7月25日、カバーシリーズとしては2年4ヶ月ぶりとなる4作目のアルバム『Cinema Song Covers 』をリリースしたMay J.さん。30歳を迎えるにあたり、トレードマークだったロングヘアをばっさり切ってニューアルバムのジャケット撮影にのぞんだ。次なる一歩を踏み出した彼女に、思い出の曲や音楽、歌への思いについて伺いました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

一曲だけ挙げるのはむずかしいので、アルバムでもいいですか?一番聴いたのは、宇多田ヒカルさんの『First Love』です。リリースされたのは私が10歳のとき。何度も繰り返して聴き、もちろん全曲、曲順まで覚えています。
彼女が持っている、インターナショナルなバックグラウンドに惹かれたんです。当時、私はR&Bが好きで、マライア・キャリーやホイットニー・ヒューストンのようにR&Bの要素が入った歌を歌いたいと思っていました。けれど、それを日本語と英語の両方で実現されている方はなかなかいなくて。宇多田さんは、日本語でいかにR&Bを歌うべきかを教えてくれた気がします。
『First Love』の曲は、当時は誰もが歌えて、林間学校のバスの中で、みんなで熱唱したこともありました。R&BなのにJ-POPとしてたくさんの人に聴いてもらえるのは、すごいことだなと思います。『First Love』は青春でもありますし、意識して何かをしたわけではないけれど、今の自分をつくっている要素の一部になっています。

Q2.May J.さんにとって「音」や「音楽」とは?

私にとっては、言葉と変わらない……いえ、言葉より照れくさくない、より表現しやすいツールです。言葉で伝わらないものも、「音」だったら素直に伝えられる。言葉の表現はあまり得意じゃないんです。できることなら、「音」ですべてを伝えたいぐらい(笑)。
とくにライブでは、「音楽」とともに自分の感情を包み隠さず出せたと思う瞬間があります。私が歌って、自分自身が感じることと、聴いてくださる方が感じることはそれぞれ違うと思うのですが、一体になれるときがあるんです。そのときにしかない空気感を感じながら感情を表現し、お客さんとつながり合えたと思えるその瞬間は、ものすごくプレシャス。このためにがんばってきたのだと感じますね。
私は3歳から歌手を目指していたのですが、自分は向いていないのでは?と何度も思ったり、自分の声が好きになれなくてもがいたりした時期もありました。でも私は、できるまで止めないところがあります。やればやるほど欠点や課題が見つかるけれど、もっとよくするためには何をしたらいいのかを考え、チャレンジしていくのは楽しいです。
いろいろな波はありますが、結局は好きなので続けることができるんですよね。「音楽」でなければ、自分を成長させてくれなかったと思っています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

ライブでセッションしている時、ミュージシャンは音で遊んでいるなと感じます。決められた音ではなく、ピアノの即興に合わせて自分もフェイクしたり。即興しているときは、ミュージシャンたちも子どもに戻ったように、みんな楽しんでやっていますよね。
2017年、アルバム『Futuristic』の制作にあたって、初めてロサンゼルスで海外レコーディングをしました。小さいころから親戚やボイストレーナーに会いに行ったり、ダンススクールに通ったりと頻繁に行き来していたので、ロサンゼルスは自分の第二の故郷のような街です。日本で培ったものを向こうで試し、いろいろ課題を見つけて戻ってきてまたがんばるという位置づけでもあり、新しい挑戦をするのにぴったりな場所でした。
そのレコーディングの際、ミュージシャンたちの挨拶がセッションでした。初めてメンバーがそろった日、スタジオでいきなり豪華なセッションが始まったんです。みんなすごいノリノリで、無邪気な姿で演奏しているのを見て、音で遊んでいるなと感じましたね。レコーディングでは学ぶことや発見も多かったのですが、そのひとつに「音で遊ぶ人」たちの開放的な空気感のようなものもあったように思います。

May J.〔メイジェイ〕
日本、イラン、トルコ、ロシア、スペイン、イギリスのバックグラウンドを持ち、幼児期からダンス、ピアノ、オペラを学び、作詞、作曲、ピアノの弾き語りをもこなす。圧倒的な歌唱力とパワフルかつ澄んだ繊細な歌声、そして前向きでポジティブなメッセージが共感を呼び、幅広い世代から支持を受けている。2006年ミニアルバム『ALL MY GIRLS』でメジャーデビュー。記録的な大ヒットで社会現象にもなった、2014年公開のディズニー映画『アナと雪の女王』の日本版主題歌(エンドソング)を担当。同年の第65回紅白歌合戦に初出場。2015年1月には自身初となる、日本武道館の単独公演を開催。2018年7月25日には、映画主題歌をカバーした4作目のアルバム『Cinema Song Covers』をリリース。
May J.オフィシャルサイト http://www.may-j.com

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:家入レオさん「言葉に入りきらない気持ちを相手に伝えてくれるのが音楽です」

3985views

音楽ライターの眼

「学習」から最も遠い場所にいると思っていたジャズがAIに向いていた?

1457views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

6039views

楽器のあれこれQ&A

ウクレレを始めてみたい!初心者が知りたいあれこれ5つ

1138views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

11887views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

3542views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

16171views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6672views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

5337views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

2591views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5464views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

6358views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

8028views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

16446views

音楽ライターの眼

メンバーは替わっても、その演奏の柱は決して揺るがない/タカーチ弦楽四重奏団

3571views

オトノ仕事人

リスナーとの絆を大切にする番組作り/クラシック専門のインターネットラジオを制作・発信する仕事

2639views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

8230views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

エレクトーンで初めてオーディオファイル録音機能を装備

9136views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

16171views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5464views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

9019views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

6672views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

22353views