Web音遊人(みゅーじん)

ピンク・フロイド関連映像作品3タイトルがリリース。ステイ・ホームなんて怖くない

2020年、新型コロナウィルスの脅威により、世界のコンサート・ビジネスは大打撃を受けた。国内アーティストに関しては配信や少人数ライヴなど、手探りで可能性が模索されているが、海外アーティストの大会場でのライヴ・スペクタクルを再び体験出来るようになるには、まだ時間がかかりそうだ。
そんな音楽ファンの溜飲を下げるべく、ピンク・フロイド関係の映像作品3タイトルが前後してリリースされた。

ピンク・フロイドはロック・コンサートの可能性を広げたバンドだ。1967年にデビューした彼らはオイル・プロジェクションなどのサイケデリックなステージ・ヴィジュアルで“スウィンギング・ロンドン”を騒がせた。1970年代、ロック産業の巨大化に伴い、彼らのライヴも大規模なものになっていき、ステージ上の円形スクリーンや空を飛ぶ豚やベッド、1979年から1980年の『ザ・ウォール』ツアーでは実際にステージ上に壁を築いてしまうなど、音楽と視覚効果で絶大な支持を得てきた。1973年のアルバム『Dark Side Of The Moon(邦題:狂気)』は世界で5千万枚という空前のヒットを記録しており、2020年にも全英ロック・チャートの上位にランクインしている。

今回リリースされるのは、まず『Delicate Sound Of Thunder(邦題:光〜PERFECT LIVE!)』。1988年のライヴを収録、同年リリースされた映像作品だ。オリジナル35mmフィルムを修復、再編集、リミックス、曲を追加した新ヴァージョンは2019年、ボックス・セット『The Later Years 1987 – 2019』の一部として世に出たが、単独作品として新装盤が出ることになった。ロジャー・ウォーターズがバンドのリーダーシップを取っていた頃は、その時点での最新アルバムのトータル性を重視したライヴを行っていた彼らだが、このライヴでは『A Momentary Lapse Of Reason(邦題:鬱)』を軸としながらも、各アルバムからのクラシックスの数々を交えたベスト選曲のステージを披露。サポート・メンバーを加えたビッグなライヴ・パフォーマンスは、誇張でなく息を呑むものだ。1988年3月には16年ぶりの来日公演も実現。ショーアップされたステージを見せてくれた。

2020年11月20日発売。関連情報はこちら

そしてロジャー・ウォーターズが2017年から2018年に行った“アス・アンド・ゼム”ツアーから2018年6月18〜23日、アムステルダム公演を収めたライヴ映像作品が『アス・アンド・ゼム』だ。近年のロジャーはピンク・フロイド時代のナンバーも積極的に演奏しており、『Dark Side Of The Moon』『Wish You Were Here(邦題:炎〜あなたがここにいてほしい)』『アニマルズ』『ザ・ウォール』からの楽曲もプレイされている。壮大なイルミネーション、『アニマルズ』でおなじみバターシー発電所、“トランプ豚”などが登場、最新ソロ・アルバム『イズ・ディス・ザ・ライフ・ウィ・リアリー・ウォント?』(2017)からの『デジャ・ヴ』『ザ・ラスト・レフュジー』も大きな声援で迎えられる。ロジャーのソロ来日公演は2002年のたった1回しか行われていないため、家にいながらにしてこのライヴを体験出来るのが嬉しい。

2020年10月2日発売。関連情報はこちら

ピンク・フロイドのドラマーだったニック・メイスンが自らのバンド、ソーサーフル・オブ・シークレッツを率いて行ったライヴを収めた『ライヴ・アット・ザ・ラウンドハウス』は、より熱心なファンを対象にした作品だ。バンド初期のリーダーだったシド・バレット時代を中心に、1967年から1972年のナンバーをプレイ。『Intersteller Overdrive(邦題:星空のドライブ)』『ルシファー・サム』『ナイルの歌』『Atom Heart Mother(邦題:原子心母)』など、ピンク・フロイドが長年ライヴ演奏してこなかった名曲が次々と演奏される。ちなみに再結成以降のピンク・フロイドと重複するのは『One Of These Days(邦題:吹けよ風、呼べよ嵐)』と『Astronomy Domine(邦題:天の支配)』のみ。あとはロジャーが『Set The Controls For The Heart Of The Sun(邦題:太陽讃歌)』、デヴィッドが『アーノルド・レーン』を演奏したことがあるぐらいで、かなりレアな選曲といえる。

2020年9月18日発売。関連情報はこちら

ニックはバンドのドラマーとしてプレイしており、ヴォーカルを取るのは再結成ピンク・フロイドやカヴァーデイル・ペイジ、ザ・パワー・ステーションなどで活動してきたガイ・プラット(ベース)とスパンダー・バレエのゲイリー・ケンプ(ギター)の2人。歴戦の強者たちを得て、ロンドンのライヴ会場“ラウンドハウス”の屋根が吹き飛びそうな迫力のステージを繰り広げる。
3作いずれもボーナス特典映像を収録。不要不急の外出を差し控えながら、たっぷりピンク・フロイドの音楽に浸ることが出来る。さらに彼らの一連のオフィシャル・アルバム、そして最近再発されたメンバー達のソロ・ワークスがあれば、ステイ・ホームなんて怖くない!

ピンク・フロイド ソニーミュージックオフィシャルサイトはこちら

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に1,000以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

特集

今月の音遊人 横山剣

今月の音遊人

今月の音遊人:横山剣さん「音楽には、癒やしよりも刺激や興奮を求めているのかも」

4875views

音楽ライターの眼

2本のギターが運ぶ、未体験の楽しさ/GORO ITO meets KAORI MURAJI BOSSA NOVA Special Night

1919views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

10162views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

14172views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

4000views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

6639views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

12365views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5298views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

9146views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

2794views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

4060views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16465views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

7044views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

8495views

音楽ライターの眼

世界観もさまざまに、4人の名手たちが紡ぐギターの音色に酔いしれる/Acoustic Guitar Festival Special Concert Vol.1

1889views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

10425views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:バンドサークルのような活動スタイルだから、初心者も経験者も、皆がライブハウスのステージに立てる!

5051views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

5587views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

12365views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

2939views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

6125views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

2555views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16465views