Web音遊人(みゅーじん)

Char

日常から生まれたフレーズで完成した“独り言”のようなアルバム『SOLILOQUY』/Charインタビュー

2023年、デビュー46年目に突入し、いまもなお日本を代表するギタリストの一人として走り続けるChar。その革新的なギタープレイとジャンルを飛び越えたフレキシブルな音楽性は、多くのアーティストの羨望であり、目標となっている。
そんな彼がリリースする最新アルバム『SOLILOQUY』は、2009年に自身のレーベルであるZICCA RECORDSを立ち上げたときから録りためていたアイディアをもとに、ギター演奏はもちろん、トラックメイキングからプロデュースまで、すべて独りで作り上げた珠玉のインストゥルメンタル・アルバムだ。

共通するのは“全部俺ひとりでやっている”ということ

「毎日ギターを弾いたり、ピアノを弾いたりしていると、“こういうフレーズはまだ作ったことがないな”とか、“こんなコードは弾いたことがないな”というのがいろいろ出てくる。そういったものをパソコンに録音し、データ化したものがたくさんあって。あとはフレームを付けるだけで絵画になる、というレベルのものはミュージシャンを集めてレコーディングして、リリースしたりもしたけれど、デッサンのような状態のまま終わっているものもある。それらを改めて自分独りで完成させたのが、この『SOLILOQUY』なんだよね」
憧れのジェフ・ベックからインスピレーションを受けたという『Jeff~Soliloquy~』のような曲もあれば、骨太なリズムをバックにギターがグルーヴィーに歌いまくる『Gojimade Matenai』や、軽快なカッティングが爽やかな夏空を想起させる『Micca Bozer』など、ジャンル感もギターの響きも千差万別な12曲が収録されている。どの曲も自由で、欲しい音が素直に表現されており、まさにCharそのものが音となり鳴っているように感じられる。
「なにかコンセプトがあるわけじゃない。日常のなかで思いついたフレーズがひとつの文章になったり、絵になったりしただけのようなもので、共通するのは“全部俺ひとりでやっている”ということ。だから、まさに“独り言(SOLILOQUY)”という感じだよね」


Char New Album “SOLILOQUY” Teaser

楽器としての深さがエレキギターにある

レーベルが設立された2009年から14年間、その膨大な時間のなかで常にアイディアは生まれ続けてきた。それを可能にしたのは、Charがギターという楽器に深く魅了されているからだ。
「昔は70歳近くになるまでギターを弾いてるなんて思わなかったけど、いまもこうして弾いてるってことは、それだけ楽器としての深さがエレキギターにはあったってことなんだよね、きっと。だって飽きないんだもん。例えば、最近小指使ってないなと思って、モーツァルトの『トルコ行進曲』を練習してるんだけど、ピアノならなんなく弾けても、ギターだとちゃんと小指を使わないと弾けないんだよ。もちろん面倒くさい、辞めたいって思うこともあるけど、やり続けるのは、まだまだ上手くなりたいからなんだよ」

Char

ライブをやるために曲を作っているのかもしれない

そんなCharは、作品づくりはもちろん、ライブ活動も精力的に続けている。2022年はデビュー45周年記念のツアーを敢行し、2023年に入ってからもCharが10代のときに所属していた幻のバンドSmoky Medicineの復活ライブをはじめ、さまざまなイベントに出演している。

「やっぱりライブ、人の前で演奏したいっていうのが一番にあるよね。それをやるために曲を作っているのかもしれないね。スタジオクラフトっていうのは時間的制約もあって、割り切って作っている部分があるけれど、ライブっていうのはやり直しがきかないじゃん。あの緊張感が好きなんだよね」
ギターに魅了され、ライブに魅了され、走り続けるギターヒーローChar。アルバム『SOLILOQUY』で感じる自由な音楽のエネルギーは、彼が前進し続ける限り生まれ続け、これからも我々を魅了してくれることだろう。

■New Album『SOLILOQUY』

Char
発売元:ZICCA RECORDS
発売日:2023年7月31日(月)
価格:3,000円(税抜)
※初回盤(CD+トートバッグ):5,500円(税抜)
アルバム特設サイトはこちら
オフィシャルサイトはこちら

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:反田恭平さん「半音進行が使われている曲にハマります」

15758views

音楽ライターの眼

連載47[ジャズ事始め]プラザ合意という国際政治経済の転換点がアジア発のジャズを生み出した!?

1230views

トランスアコースティックピアノ™

楽器探訪 Anothertake

音量の問題を解決し、ピアノの楽しみを広げる「トランスアコースティックピアノ」

3840views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

20969views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

8877views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

17283views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

22109views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10548views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11078views

ゲッゲロゾリステン

われら音遊人

われら音遊人:“ルールを作らない”ことが楽しく音楽を続ける秘訣

1398views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6962views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9729views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

12169views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

23617views

音楽ライターの眼

スペース・ジャズ神サン・ラー主演SF映画『スペース・イズ・ザ・プレイス』2021年1月公開

2896views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

7317views

5 Gravities

われら音遊人

われら音遊人:5つの個性が引き付け合い、多様な音楽性とグルーヴを生み出す

1632views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

すぐに音を出せて、自由に演奏できる。管楽器の楽しみを多くの人に

13923views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7345views

山口正介さん

パイドパイパー・ダイアリー

「自転車を漕ぐように」。これが長時間の演奏に耐える秘訣らしい

5937views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

23243views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

7285views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24862views