Web音遊人(みゅーじん)

伝説のヘヴィ・メタル・バンド、ザ・ロッズが日本初上陸『JAPANESE ASSAULT FEST 17』開催

伝説のヘヴィ・メタル・バンド、ザ・ロッズが日本初上陸『JAPANESE ASSAULT FEST 17』

2017年11月4日(土)、5日(日)に『JAPANESE ASSAULT FEST 17』が東京・吉祥寺CLUB SEATAで開催されることになった。

今回で5周年を迎えるこのイベントは、これまでガールスクール(2013年)、セイタン(2014年)、エンフォーサー(2015年)、ブリッツクリーグ(2016年)という文字通りヘヴィ・メタルの“生きる伝説”たちを迎えてファンを熱狂させてきたが、2017年のヘッドライナーとして発表され、日本のメタル・コミュニティに激震が走ったのがザ・ロッズだ。

ザ・ロッズは1980年にニューヨークで結成。ギタリストのデヴィッド“ロック”フェインステインがロニー・ジェイムス・ディオ(レインボー~ブラック・サバス~ディオ)のイトコで、レインボー結成前のロニーとエルフで共演したことがあるというのが話題となり、インディーズからのデビュー作『Rock Hard』(1980)発表後にメジャーの『アリスタ・レコーズ』と契約。ファーストの楽曲に新録トラックを加えた『摩天楼の使者/ロッズ・ファースト』(1981)と『ワイルド・ドッグス/ロッズII』(1982)は地元アメリカのみならず、当時メタル・ブーム(いわゆるNWOBHM)下のイギリスでも人気を博した。なお両作は日本でも当時LPがリリースされている。

21世紀においても古びることのないドライヴ感のあるハードなロックンロールを聴くことができる初期2作だが、ザ・ロッズはまた別の功績でもメタル史にその名を残すことになる。ドラマー、カール・キャネディのプロデューサーとしての手腕である。彼はアンスラックスの『フィストフル・オブ・メタル』(1984)、『狂気のスラッシュ感染』(1985)、TT.クイックの『TT.クイック』(1984/ヴォーカルは現アクセプトのマーク・トーニロ)、エキサイターの『ヴァイオレンス&フォース』(1984)、オーヴァーキルの『フィール・ザ・ファイア』(1985)、ポゼストの『ビヨンド・ザ・ゲイツ』(1986)など、初期アメリカン・スラッシュ・メタルにおいて重要な位置を占めるアルバムの数々を手がけてきた。

もし彼がいなかったら、現代のスラッシュ・メタルの様相は異なったものになっていたかもしれない。

さらにザ・ロッズは『アリスタ』を離れた後も米『シュラプネル』『コンバット』、英『ミュージック・フォー・ネイションズ』などのメタル系インディーズを渡り歩き、手堅い人気を誇るバンドとしてメタル界を引っ張ってきた。

1986年の『Heavier Than Thou』と“キャネディ、フェインステイン、ボードナロ&コードル”名義で発表された『Hollywood』(ヴォーカルはリック・コードル)を残してザ・ロッズは活動を休止。カールはプロデューサー業に専念、デヴィッドはソロ活動やレストラン経営などを行ってきたが、2008年にベーシストのギャリー・ボードナロを含めた初期のトリオ編成で再結成。2011年には新作アルバム『ヴェンジャンス/復讐の日』も発表している。

伝説のヘヴィ・メタル・バンド、ザ・ロッズが日本初上陸『JAPANESE ASSAULT FEST 17』開催

2015年にはデビュー35周年を記念して「クランク・イット・アップ」セルフ・カヴァーをデジタル・シングルとしてリリース、精力的にライヴ活動を行うなど、現役バンドとして突っ走り続けるザ・ロッズが遂に日本上陸を果たす。『JAPANESE ASSAULT FEST 17』はひとつの事件だといえる。

さらに同フェスには2013年にも来日したスウェーデン出身のエア・レイド、ゾンビ・スラッシュ集団のF.K.Ü.、ギリシャ・スラッシュの雄クロノスフィア、スウェーデンの新世代メタル・バンドのアンブッシュ、日本を代表して参戦するSOLITUDE、日本から世界に殴り込みをかける新星IN FOR THE KILLという強力な布陣が出演する。メタルの炎が燃えさかる11月、『JAPANESE ASSAULT FEST 17』はまさにGO OR DIEのイベントだ。

■JAPANESE ASSAULT FEST 17

日時:2017年11月4日(土)、5日(日)14:00開場15:00開演
場所:吉祥寺CLUB SEATA(東京)
詳細はこちら

 

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

前橋汀子

今月の音遊人

今月の音遊人:前橋汀子さん「同じ曲を何千回、何万回演奏しても、つねに新しい発見や見え方があるのです」

2371views

音楽ライターの眼

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#008 常識破りの音数の少なさが“ジャズの気分”に風穴を開けた~セロニアス・モンク『セロニアス・ヒムセルフ』編

1607views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

7108views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

16788views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12917views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

楽器のデモンストレーション、解説、管理までをこなすマルチプレイヤー/楽器博物館の学芸員の仕事(前編)

10952views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

10751views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6349views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21387views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8324views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

7819views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9404views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9170views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12377views

イアン・ハンター

音楽ライターの眼

イアン・ハンター、84歳にしてロックンロールの道半ば。2作品がリリース

1084views

オトノ仕事人

テレビ番組の映像にBGMや効果音をつけて演出をする音の専門家/音響効果の仕事

1480views

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

われら音遊人

われら音遊人:バンド経験ゼロの主婦が集合 家庭を守り、ステージではじける!

8324views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

13695views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

6995views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5471views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3689views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6540views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9404views