Web音遊人(みゅーじん)

上原ひろみ

新たなステージへ──トランペットを含む4人編成の新プロジェクト「Hiromi’s Sonicwonder」で初のアルバムをリリース/上原ひろみインタビュー

ピアニスト、上原ひろみがアルバム『Sonicwonderland』を完成させた。トランペットを含む全く新しいメンバーを集めた「Hiromi’s Sonicwonder」というプロジェクトによる完全新作だ。デビューから20年、さらなる進化を見せ、新たな地平を切り開いた上原。そのスピード感、止まらないエネルギーに驚く向きもあるだろう。

仲間と出会い、旅をするゲームや、遊園地のような新作

バンドの構想は、ベース奏者、アドリアン・フェローとの出会いから始まった。1984年、パリ生まれで、ジョン・マクラフリン、チック・コリアらの大物にも起用された実力派だ。上原とは2016年の「上原ひろみ トリオ・ザ・プロジェクト」ツアーの際、アンソニー・ジャクソンの代役として共演。「初めて演奏したとは思えない、あうんの呼吸だった。彼とバンドをやりたい、彼を念頭に置いた曲を書きたいと思った」と、念願の構想を7年越しに成就させた上原は、充実した表情を浮かべる。
アドリアンを知る音楽ファンなら、早弾きやソロプレイをまず思い浮かべるだろうが、上原は違う。
「超絶技巧やソロはもちろんだけど、私がすごいと思うのは、音を聴いてその都度その都度コードに合わせて弾いてくれるサポート力、ソリストを輝かせる力。本当にザ・ベーシストだなと思う」
そんな上原とアドリアンの呼吸が一致する“鳥肌モノ”の瞬間は、今回のアルバムの随所で聴くことができる。「ライブ中に一緒に作曲したような瞬間、パッと目を合わせてニヤッとするみたいなことがすごく多くて」と、絶大な信頼を寄せる。

ドラムスについては、「このプロジェクトには温かみのある、かつユーモアのあるドラマーがいいなって」と、ハッピーな奏者として印象にあったジーン・コイの名が浮かんだ。共演歴が多いというアドリアンも、「He is my buddy」と太鼓判を押してくれた。そして、トランペットのアダム・オファリル。『ポラリス』という楽曲ができた時に、バンドにもう一つ楽器を加えるのなら「トランペットしかない」と思ったという。「重低音が深く、ダークなサウンドのパンチのあるインプロビゼーションができる人、なおかつエフェクトペダルを使える人」という条件で見つけたのが彼だった。
「『ポラリス』は北極星という意味。昔から旅人が道標にする、そういう存在があるからどこへでも飛んでいけるというイメージで作りました。アダムのトランペットは、それだけで旅ができるようなサウンド。本当にきれいですよね」

上原ひろみ

『Sonicwonderland』というタイトルに象徴されるように、今回のアルバムは遊園地やロールプレイングゲームのようなイメージで作られた。ゆっくり手探りで歩み始めるような雰囲気の1曲目『ウォンテッド』は、仲間を探して冒険の旅に出るコンセプト。
「最初にピアノから入って、アドリアン、ジーン、アダムが入ってくるって、バンドを組んでみんなで旅に出ようというこのワールドを組み立てたとおりの入りになっています」

実質的な最終曲にあたる『ボーナス・ステージ』は、「いいことしか起こらない、財宝だけ出る面みたいな感じ」と上原。ジーンのハッピーなドラミングが存分に発揮される曲でもあり、レトロゲーム風からトランペットが入って急にニューオリンズサウンドに変化するところが面白い。
「アダムは、コンテンポラリーやフリーから、ああいうオーセンティックなものまで何でも吹ける人。彼のショーケースのような曲でもあり、この曲が最後に本当に遊園地にいるような感じにさせてくれました」
レトロ感といえば、『トライアル&エラー』も、初期のパソコンのような雰囲気の音色が前面に出る。
「トライアルをすることは人生においてとても大事だと思っている。とにかく何度も挑戦し続ける、ドアを叩き続ける。エラーが生まれるけれど、またそこで成長してまたトライアルができるということにインスパイアされたのです」


Hiromi’s Sonicwonder – “Sonicwonderland” [Official Music Video]

どんな状況でも止まらない「ピンチをチャンスに」

通常通りのライブの開催が難しかった約3年間、上原はさまざまなトライアルをした。ライブ業界救済を目的に、ブルーノート東京で100本以上の公演を行った「SAVE LIVE MUSIC」や、インスピレーションを与えてくれるミュージシャンの為に1分間の曲を書き下ろし、リモートで共演した映像を公開する企画「One Minute Portrait」。
「どんな状況に置かれても屈せず、やれることを探すことの大切さを痛感しました。One Minutesは、ピンチはチャンスってこういうことだなって。もう何曲も回収しました」とほほえむ。「One Minute Portrait」で公開された楽曲の断片は、前作『Silver Lining Suite』で3曲、今回は『ゴー・ゴー』『ユートピア』という2曲にアレンジされて収録されたのだ。

オリジナルアルバムとしては2021年の『Silver Lining Suite』以来2年ぶりだが、2022年放送された連続ドラマ『となりのチカラ』、そして2023年大ヒットしたアニメ映画『BLUE GIANT』と、手がけたサウンドトラックが立て続けに発売されている。止まらない精力的な活動を指摘すると、「アルバム、出しまくりですね。自分で気づかないけど」と笑いがこぼれた。もっともサントラは、オリジナルの制作とは次元が異なるという背景があるようだ。
「自分ひとりのディレクションで作ったものではないですからね。たとえば監督が『ここで感情の波が一度来て、また40秒後ぐらいに、もう少し大きい波が来るので1分15秒の曲をください』という作り方と、好きなだけやって8分24秒になっちゃったというのとは、全くアプローチが違うんです」

確かに、新作は7~8分に及ぶ長大な曲が多い。
「アルバムが短めになっている時代の流れに反して、毎回『CDって何分入るんでしたっけ?』という質問を担当の方に投げています。ライブの後に流れでスタジオに入ることが多いので」
2023年5月、米ミネアポリスとオークランドで12本のライブを敢行、その勢いのまま下旬にスタジオでレコーディングした。
「『ゴー・ゴー』と『トライアル&エラー』は、コード進行やソロの部分も決まっていなくて、演奏するたびに帰ってこられないかもしれないという宇宙まで行っているんです。実験室感が強いですね」

上原ひろみ

ここ数年で配信をとおして音楽を聴く環境が進展したが、上原は「ライブや生のものに対する人の飢えがすごい。やっぱり配信じゃダメなんだっていうところがあるんだな」と実感する。そして、上原にとって最上の喜びは、スタジオでの演奏を閉じ込めたアルバムを聴いてもらい、それがライブでどう変化するかを楽しんでもらうこと。
「ライブのために生きているようなところがあるので、その前に土台として作ったアルバムを知ってもらって、みんなで一緒に『じゃあ今日どんなウチを建ててみようか』みたいな感じがあるんですよね」
上原のプレイは『ユートピア』のように繊細に歌い上げるピアノタッチが楽しめる曲もあれば、キーボードの多彩な音色も駆使する。このアルバムでも生のピアノと電子音が拮抗するバランスを重視したという。新プロジェクト1枚目にして、バンドの一体感があり、4人それぞれの存在感が際立つ快作に仕上がった。バークリー音楽大学時代の同級生で英国のシンガー・ソングライター、オリー・ロックバーガーが歌で参加した『レミニセンス』というボーカルものも、違和感なくアルバムに溶け込む。
「ボーカルものも、バンドサウンドが一貫してあるからアルバムの中に入れられました。作曲者としては、いつもメンバーみんなが光るものを作りたいと思っていて、そこに本当に応えてくれるメンバーだったっていうのはありがたいです」


Hiromi – “Reminiscence” featuring Oli Rockberger [Official Music Video]

■アルバム『Sonicwonderland』

上原ひろみ
発売元: Telarc/Universal Music
発売日:2023年9月6日
税込価格:初回限定盤(DVD付)3,630円/通常盤2,860円/高音質SA-CD盤4,400円
詳細はこちら

■上原ひろみ Hiromi’s Sonicwonder JAPAN TOUR 2023 “Sonicwonderland”

11月22日(水)渋谷・Spotify O-EAST *スタンディング公演
11月23日(木・祝)三重・四日市市文化会館第1ホール
11月25日(土)静岡・アクトシティ浜松大ホール
11月28日(火)宮城・SENDAIGIGS
11月30日(木)福岡・福岡市民会館
12月1日(金)鳥取・米子市公会堂
12月3日(日)静岡・静岡市清水文化会館マリナート大ホール
12月5日(火)石川・金沢市文化ホール
12月7日(木)東京・東京国際フォーラムホールA
12月9日(土)岡山・岡山芸術創造劇場ハレノワ大劇場
12月10日(日)広島・JMSアステールプラザ大ホール
12月12日(火)大阪・フェスティバルホール
12月13日(水)名古屋・日本特殊陶業市民会館(名古屋市民会館)
12月15日(金)北海道・札幌文化芸術劇場hitaru
12月17日(日)岩手・盛岡市民文化ホール
12月19日(火)大阪・なんばHatch *スタンディング公演
12月21日(木)東京・東京国際フォーラムホールA

詳細はこちら

photo/ 宮地たか子

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

林英哲

今月の音遊人

今月の音遊人:林英哲さん「感情までを揺り動かす太鼓の力は、民族や国が違っても通じるものなんです」

1966views

音楽ライターの眼

連載11[ジャズ事始め]美貌の奇術師率いる天勝一座が運んできたジャズの香りとフィリピン・ルート

2419views

楽器探訪 Anothertake

新開発の音響システムが表現力のカナメ。管楽器の可能性を広げる「デジタルサックス」

3129views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

17606views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7421views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

11718views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4297views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10442views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18856views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

4665views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7908views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24718views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8395views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21909views

アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

音楽ライターの眼

その夜、《ゴルトベルク変奏曲》はフランス語で”演じられた”/アレクサンドル・タロー ピアノ・リサイタル

5270views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

8217views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

4147views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

12930views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6811views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5164views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

10171views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6649views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28990views