Web音遊人(みゅーじん)

坂本龍一さん

【プレゼント】今月の音遊人:坂本龍一さん「かつて観たテレビアニメの物語は忘れたけど、主題歌は鮮明に覚えている。音楽の力ってすごいよね」

日本が世界に誇る音楽家、坂本龍一さん。ソロアーティストとしてだけでなく映画音楽家としても、さまざまな分野における社会活動家としても、常に注目を集めてきた希有な存在です。そんな坂本さんにとっての「音の世界」に迫ります。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

子どもの頃に毎週のように見ていたテレビ番組『怪傑ハリマオ』の主題歌かもしれません。僕は、勉強はしない、ピアノの練習はしない、帰宅するとずっとテレビに釘付けという子どもでした。『月光仮面』も『少年探偵団』も『コンバット』も毎週見ていたけれど、強烈に覚えているのはハリマオの主題歌です。いまでも歌えます。ストーリーも登場人物も忘れてしまったのに歌だけは覚えているなんて、本当に音楽の力ってすごいですよね。
頭のなかで鳴り響いている楽曲を聴いた回数に含めるなら、バッハとドビュッシーでしょうか。バッハは小学2年生の時に『インベンション』を聴いて以来、大ファン。『マタイ受難曲』などのさまざまな楽曲を愛聴してきました。片やドビュッシーとの出会いは12、3歳の頃。なかでも繰り返し聴いたのは『弦楽四重奏』です。ドビュッシーと同時期にはビートルズやローリングストーンズにも出会いました。ビートルズの曲には、いいメロディーが多い。彼らの見た目の面白さに惹かれました。演奏は「ガチャガチャしているなあ」と思いましたけどね(笑)。演奏でいえば、「こんなに下手でいいのか!」と衝撃を受けたのがストーンズ。そのパンクな魅力に惹かれたことをよく覚えています。

坂本龍一さん

Q2.坂本さんにとって「音」や「音楽」とは?

これは一番困る質問です。音、音楽とは、僕にとっていまだによくわからないものですからね……。何を音楽と感じるかは聴く人次第。「これが音楽だ」という正解はないと思います。
であるにも関わらず「音楽とはこうあるべき」という正解を求めがちなのが、アカデミックな世界です。そこではまるで数学のように「問いと答え」を想定して音楽を学びます。そういった教育を受けた人たちが「音楽には正解がある」と思い込んでしまうのは当然のことですし、僕自身もある程度はそう思い込んでいました。いまだに作曲をしていると、そういった自分が顔をのぞかせますが、そこからは離れようと努めています。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

よく「子どもは音で遊ぶ」と言いますよね。大人であってもエアパッキンを潰すのが好きな人って多いでしょう?僕もそうです。あれも潰すと音がするのが愉快なわけで、ああいった行為は「音遊び」と言えるのではないでしょうか。
山水画に出てくる仙人のように「山奥で音遊びをして楽しむ」というのも良さそうですね。僕は仙人というとビデオアートの第一人者、ナム・ジュン・パイクさんを思い出します。彼こそ子どものように、既成概念にとらわれずに楽器や音と向き合ってきたアーティスト。たとえばピアノの弦をビデオカメラのマイクで擦る、とかね。その柔軟な行動ぶりには惹かれますが、だからといって僕自身が現代においてパイクのような音遊びを追求したいかというと、それは違います。60年代ならそういった試みには大きな意味があったと思いますが、そういった探求はすでに多くのアーティストにし尽くされていますからね。
では僕にとって「音を遊ぶ」「音で遊ぶ」とは何か……。そうですね、音で遊べるようになったら、もっと楽しくなることは確かでしょうけど、明確な答えは出せそうにありません。
そうそう、ベートーヴェンは死ぬ直前に「俺はいくつかの音で遊んだだけだった気がする」と語ったそうですが、僕も最後を迎える頃にはもう少し音で遊べているといいですね。

坂本龍一さん

坂本龍一〔さかもと・りゅういち〕
1952年東京生まれ。1978年、ソロアルバム『千のナイフ』でデビュー。同年、テクノポップバンド「YMO」を結成。1983年に映画『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞作曲賞、1987年に『ラストエンペラー』でアカデミー賞作曲賞、ゴールデングローブ賞作曲賞、グラミー賞映画・テレビ音楽賞を受賞するなど、映画音楽の作曲でも活躍。1990年代後半からは、環境問題や平和活動などにも積極的にかかわる。2014年に中咽頭がんを患ったことを公表し、1年にわたる治療と療養を経て復帰。2017年、8年ぶりとなるソロアルバム『async』をリリース。
坂本龍一オフィシャルサイト http://www.sitesakamoto.com/

■坂本龍一さんサイン入りCDプレゼント

坂本龍一さん
坂本龍一さんのサイン入りCDを抽選で3名様にプレゼントします。
CDは昨年、8年ぶりにリリースされたファン待望のオリジナルアルバム『async』です。
ご希望の方は、下記「応募はこちら」ボタンからご応募ください。。
応募締切:2018年6月30日(土)23:59
応募はこちら

 

特集

上野耕平さん

今月の音遊人

今月の音遊人: 上野耕平さん「アクセルを踏み続けることが“音で遊ぶ”へとつながる」

5198views

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

音楽ライターの眼

“ビートルズ嫌い”という思い込みを正すきっかけをつくってくれたジャズ・カヴァーという“遺産”

29798views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

33847views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

44033views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6718views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

歌手・演奏者と共に観客を魅了する音楽を作り上げたい/コレペティトゥーアの仕事(後編)

3689views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4135views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

3011views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

17750views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

7298views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

2992views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

15385views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

4395views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

7438views

ジャズとデュオの新たな関係性を考える

音楽ライターの眼

ジャズとデュオの新たな関係性を考えるvol.6

4490views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

6682views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

6060views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

5344views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

7637views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

2744views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

16454views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

5344views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

5294views