Web音遊人(みゅーじん)

イシヤナ・サラスファティ

SNSのフォロワー1,000万人超!独創的な音楽性と世界観で絶大な人気を誇るインドネシアの歌姫/イシヤナ・サラスファティ インタビュー

インドネシアのミュージシャン、イシヤナ・サラスファティ。
東南アジアでもっとも影響力がある歌姫のひとりであり、作詞作曲家。実力派クラシック・モダンピアニスト、かつエレクトーン、フルート、バイオリン、サックスを演奏するマルチ楽器奏者……。彼女に冠された多くのタイトルが、その才能を物語る。
Instagramのフォロワー数は1280万人以上、YouTubeの登録者数は100万人以上と、のべ人数はほぼ東京都の人口に匹敵。絶大な人気を誇り、2023年10月9日にはヤマハホールで日本初公演も果たしたイシヤナと、音楽プロデューサーとして彼女を支えるケナン・ルイ・ウィジャヤに話を聞いた。

ヤマハホールでオーディエンスを魅了

イシヤナは、なぜ人を惹きつけるのか。その答えは、独創的な音楽性と世界観にありそうだ。
クラシック音楽教育を確たる背骨にロックやポップス、オペラなどさまざまなジャンルの音楽を吸収し、独自の世界を構築。自ら作詞作曲し、奏で、歌うイシヤナは言う。
「私が思っていること、私の人生のすべてを届けたい。そして、心から創り出したものは、必ず人の心に届くと信じています」
自らもエレクトーン奏者として活動する一方、イシヤナの音楽プロデューサーを務めるケナンはこう評する。
「イシヤナとは2015年から親交がありますが、考え方やアイディアはとてもリッチでオープン。そして、言葉だけでなく常にアクションを起こすことはすばらしいと思います」

イシヤナ・サラスファティ

イシヤナは、2023年5月にリリースした最新アルバム『ISYANA』を引っ提げ、この秋ケナンとともに来日し、ヤマハホールでコンサートを行った。プログレッシブ・ロックを思わせる楽曲などオリジナル曲の弾き語りで魅せ、さらに共演したバイオリニスト、宮本笑里とともにバイオリンとピアノ、歌の美しいハーモニーを披露。クラシックの声楽を学んできたイシヤナは、歌声もまたクロスオーバーだ。その歌は神々しくて自由、優美でエネルギーに満ち、たおやかで勇敢。聴く人の感情を喚起する。当日は、日本やインドネシア人のオーディエンスとストリーミングで視聴した人々を魅了した。

エレクトーンを入り口に音楽の幅を広げる

インドネシアで生まれたイシヤナは4歳のとき、地元のヤマハ音楽教室でエレクトーンを教えていた母親から音楽を習い始めた。自身も6歳から15歳まで、教室に通ったという。
「子どもたちが、演奏することだけではなく音楽を学べるのはいいシステム。私も音楽を学ぶのが好きで、とても楽しかったです」
エレクトーンを入り口に、新しいことに何でもチャレンジしたいとほかの楽器も演奏するように。作曲を始めたのも、わずか6歳のときだった。
「子どものころは言葉で表現するのが得意ではなかったのですが、音楽では自分の素直で正直な気持ちを表現できたんです。今でも、曲は自然に沸き上がってきます」
15歳のときにヤマハ音楽振興会のインターナショナルジュニアオリジナルコンサートに参加し、世界中の数万人の子どもたちの作品のなかからもっとも優秀な作品の一つに選ばれている。
その後、シンガポールの南洋芸術アカデミーとロンドンのロイヤル・ミュージック・カレッジを音楽学士として首席で卒業。学生時代には、声楽にも打ち込んだ。
「歌を始めたのは、楽器だけでなく音楽全体が好きだから。ただ、歌には歌詞と意味があるので、より特別な表現手段だと感じています」
クラシック音楽の分野での輝かしい経歴を経て、2015年にリリースしたポップ系のデビュー・アルバム『Explore!』は、同年のインドネシア国内の新人賞を総なめに。この大ヒットにより、彼女の名は広く知られることとなった。

イシヤナ・サラスファティ

大きな影響を受けたインドネシアのミュージシャンたち

イシヤナの母国であるインドネシアの音楽は、日本ではあまり知られていないかもしれない。しかし、日本同様に多彩なジャンルの音楽があふれ、彼女もその影響を受けている。
強くインスパイアされたアーティストが、インドネシアR&Bシーンの立役者といわれるシンガーソングライターのグレン・フレドリー。そして、インドネシア音楽界の偉人、クリシェ。1970年代、アメリカでの音楽活動を経て、インドネシアに帰国。欧米の音楽にガムランなどインドネシアの伝統楽器のサウンドを取り入れ、新しい風を巻き起こした。さらに、インドネシアのクラシック音楽家たちからも影響を受けたとも話す。そこに、イシヤナ・ワールドが内包する音楽性の一端を垣間見ることができる。

アジア全域に活動の場を広げ、勢いに乗るイシヤナに今後について尋ねてみた。
「自分のレコードレーベルがあるので、多くのミュージシャンの音楽活動を後押ししていきたいです。そして、自分自身も世界中でプレイしたいですね」
インドネシア国内にとどまらず多くの人を虜にするに違いないイシヤナ。その活躍に期待が高まる。


Isyana Sarasvati – Tetap Dalam Jiwa (Video Clip)

オフィシャルサイトはこちら

オフィシャルFacebook YouTube公式チャンネル オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram
オフィシャルtiktok

photo/ 宮地たか子

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

広瀬香美さんインタビュー

今月の音遊人

今月の音遊人:広瀬香美さん「毎日練習したマライア・キャリーの曲が、私を少し上手にしてくれました」

9582views

ジョージ・ハリオノ

音楽ライターの眼

チャイコフスキー国際コンクール第2位の若き天才ピアニストが待望のヤマハホール・デビュー!!/ジョージ・ハリオノ ピアノ・リサイタル

495views

練習用のバイオリンとして進化する機能と、守り続けるデザイン

楽器探訪 Anothertake

進化する機能と、守り続けるデザイン

4915views

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

25071views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9346views

宮崎秀生

オトノ仕事人

ホールや劇場をそれぞれの目的にあった、よりよい音響空間にする専門家/音響コンサルタントの仕事

1180views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

11148views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6449views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9793views

if~

われら音遊人

われら音遊人:まだまだ現在進行形!多くの人に曲を届けたい

895views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5164views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24716views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

9864views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9793views

音楽ライターの眼

ソプラノの佐藤美枝子、第50回ENEOS音楽賞 洋楽部門本賞受賞

3568views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

稽古から本番まで指揮者や歌手をフォローし、オペラの音楽を作り上げる/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(前編)

30423views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11255views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

11200views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

8033views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

5164views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

5488views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2863views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9600views