Web音遊人(みゅーじん)

ニコライ・ルガンスキー

ロシアの正統派ピアニストがラフマニノフ生誕150周年に捧げた至高のオマージュ/ニコライ・ルガンスキー ピアノ・リサイタル

1994年のチャイコフスキー国際コンクールで最高位に輝いてから、今年はちょうど30年目の節目。正確無比な技巧と豊かなロマンを備えたロシアの正統派ピアニストとして長らく活躍するニコライ・ルガンスキーの4年ぶりとなる来日公演が2023年12月4日にヤマハホールで行われた。

超難曲を自然と弾きぬいた名演

注目の演目に並んだのは、2023年が生誕150周年にあたるラフマニノフの3つの傑作。

幕開けに選ばれた『ショパンの主題による変奏曲』は、曲名の通り、ショパンの前奏曲第20番が原曲だ。複雑な半音階で編まれたハ短調のメランコリックな主題は、22回にもわたって変奏されることで壮大な伽藍となって聳え立つ。 この日のルガンスキーは、横の流れよりも縦の構成に重きを置いたと思われる解釈で、巨匠ならではの堂々たる風格を漂わせていたのが印象的だった。

これに続いたのが、絵画的練習曲集『音の絵』。「作品33」と「作品39」の2つの曲集が存在するが、今回は前者が演奏された。全9曲からなり、当時を代表するピアニストでもあった作曲者の技巧の粋を集めたこの超難曲を、ルガンスキーは2022年に2度目のレコーディング。1992年の初録音から30年ぶりとなる満を持しての再録音だったこともあり、輝かしく格調高いピアニズムが隅々にまで行き届いた圧巻の名演だった。この日のルガンスキーも、録音に勝るとも劣らない洗練と集中力で聴き手を魅了。中でも白眉だったのが、第8曲の難所として知られる房状の和音を両手で受け渡す際の動作で、そのあまりにも滑らかで自然な指さばきは余裕さえ感じさせる妙技だった。

ニコライ・ルガンスキー

作曲者とピアノと演奏者が完璧なまでに一体化

そしてトリを飾ったのが、『ピアノ・ソナタ第1番』。演奏に約40分も要する長大な作品で、技術的にも構成的にも複雑な、これまた超難曲だ。だが、ルガンスキーはここでも鋼鉄のように揺るぎないピアニズムで直進し、本作の壮大で豊麗な真実を次々と明らかにしてゆく。第1楽章で豊かな響きを次第に増してゆく際の精巧な音響設計、第2楽章における実に美しくゆったりとした歌い回し、第3楽章で結実したダイナミックと神秘性のみごとなまでの調和。……と、あまりに立派で、立派すぎて、自分などにはもう何も言うことのない出来ばえだった。

ニコライ・ルガンスキー

そんなパーフェクトぶりは、アンコールの3曲(13の前奏曲〜第5番、10の前奏曲〜第7番、13の前奏曲〜第12番)にも至高の余韻として継続。

それは、過去にインタビューで、「ラフマニノフのピアノ曲は、一旦マスターしてしまうと、自分の指が奏でているのかピアノが自分で歌っているのか区別できなくなるほどピアノと一体化してしまう」と述べていたルガンスキーの言葉をまさに体現したものだった。

ニコライ・ルガンスキー

 

渡辺謙太郎〔わたなべ・けんたろう〕
音楽ジャーナリスト。慶應義塾大学卒業。音楽雑誌の編集を経て、2006年からフリー。『intoxicate』『シンフォニア』『ぴあ』などに執筆。また、世界最大級の音楽祭「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」のクラシックソムリエ、書籍&CDのプロデュース、テレビ&ラジオ番組のアナリストなどとしても活動中。

photo/ Ayumi Kakamu

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤田真央さん「底辺にある和音の上に内声が乗り、そこにポーンとひとつの音を出す。その響きの融合が理想の音です」

13858views

映画『ペット・ショップ・ボーイズ・ドリームワールド: THE GREATEST HITS LIVE AT THE ROYAL ARENA COPENHAGEN』

音楽ライターの眼

ペット・ショップ・ボーイズのポップへのこだわりを捉えた映画『ペット・ショップ・ボーイズ・ドリームワールド』が限定公開

1033views

ギター文化館

楽器探訪 Anothertake

歴史的ギターの音を生で聴けるコンサートも開催!

6962views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

21207views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】注目の若手ピアニスト小林愛実がチェロのレッスンに挑戦!

9357views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

7905views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

21934views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2715views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

21772views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

6840views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6561views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24727views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

7427views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

29739views

音楽ライターの眼

連載15[多様性とジャズ]ジャズのアイドルたちへのオマージュにあふれた『ミンガス・アー・アム』収録曲

1027views

宮崎秀生

オトノ仕事人

ホールや劇場をそれぞれの目的にあった、よりよい音響空間にする専門家/音響コンサルタントの仕事

1191views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

7609views

NU1XA

楽器探訪 Anothertake

アコースティックピアノを演奏する喜びをもっと身近に。アバングランド「NU1XA」

2217views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12120views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8185views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

39993views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

10447views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9611views