Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人 岡本真夜さん

今月の音遊人:岡本真夜さん「親や友達に言えない思いも、ピアノに聴いてもらっていました」

2016年、アーティスト名「mayo」として、幼い頃から念願だったというピアニストデビューを果たした岡本真夜さん。今回のインタビューでは、ピアノへの思い、音楽との関わり方など、素敵なお話をたくさんうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

今井美樹さんの『PIECE OF MY WISH』です。高校時代に聴いたのですが、デモテープにその歌を吹き込んで最初の事務所に送り、デビューのきっかけになった思い出の一曲です。
高校時代はシンガー・ソングライターではなく歌手になりたいと思っていて、事務所が決まって上京後、デビューまでの期間でスタッフに「作ってみたら」と言われたのがきっかけで作るようになったんです。高校時代、よく友達とカラオケに行っていたのですが、必ず歌っていた曲で、今でもたまにカラオケに行くと絶対歌います。メロディーもすごく好きですし前向きな歌詞にも励まされました。自分もアーティストの立場になったときに、同じように誰かを励ませるようなものを書きたいなと思いました。
美樹さんの声の心地良さ、優しく包んでくれる感じが曲とマッチしていますよね。コンサートでは、2000年の産休に入る前の武道館ライブで歌った記憶があります。ご本人にも何度かお会いしたことがありますけど、「聴いていました」という程度しか、緊張して言えませんでした。本当に、憧れの存在なんです。

Q2.岡本真夜さんにとって「音」や「音楽」とは?

なくてはならない存在ですね。特に私の場合、歌もそうですけどピアノが一番で、自分から取ってしまうと、たぶん自分がダメになっちゃうぐらいの存在と言ってもいいぐらいです。
歌手に憧れを持ち始める前は、小さい頃からずっとピアノ、ピアノで。毎日、何時間も弾いてきていて、親や友達に言えない思いも、ピアノにぶつけ、ピアノに聴いてもらっていました。今でも、ピアノに触ると無になれるというか、しんどいことも忘れられますね。ピアノを習っていたのは小学校3年から高校1年までで、当時はショパンやリストも弾いていました。音楽好きの一家で家庭に自然に音楽が流れていたからでしょうか、知らずと自分からピアノを触っていたような感じです。
高校で歌に目覚めるまでは、ほとんどクラシックしか聴いていませんでした。今は、自分のオリジナル曲をピアノで弾いていますが、ピアノの癒やされる音色に乗せて、言葉にならない思いも伝えられたらいいなと思います。きちんとピアノに向き合おうと決意して、3年ぐらい前にグランドピアノをローンで買ったんですよ。私にとって、音楽だけはなくなっては困るものですね。

今月の音遊人 mayoさん

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

パッと思いつくのは、ジャマイカなど暖かい国の人でしょうか。すごく陽気で、常に音で遊んでいるイメージが思い浮かびます。
自分自身も生活の中で、気がつくと音で遊んでいます。例えば、街を歩いているときに聞こえるいろいろな音。走っているトラックの積み荷がドンドンっていうリズムを奏でたり、鳥のさえずりが歌っているように聞こえたり、机に物を置いた時にタタンとなったり。
車の運転が好きで、高校1年生の息子とよくドライブをするんですけど、外で音が聞こえたりすると、その音を同じように歌ってみたり、遊んだりもしています。息子は、流している音楽に勝手にラップをつけたり、それに私も乗っかって言葉をつなげたり、そんな遊びはしょっちゅうですね。息子とは四六時中、音楽を通してコミュニケーションしている感じです。
新しいアルバム「Love Story」は、歌詞や曲調には陽気な部分はあまりないのですが、いろいろな楽器と声の組み合わせやハーモニーを楽しんでほしいです。私も、曲が出来上がってメロディーと歌詞をアレンジャーさんに渡して、それがアレンジャーさんのアイデアや力で曲が生まれ変わっていくことが楽しいですね。まるで色が変わるような、そういう瞬間が一番好きですね。

岡本真夜〔おかもと・まよ〕
シンガー・ソングライター/ピアニスト。 1995年にデビューシングル「TOMORROW」で、200万枚のセールスを記録。その後も、3rdシングルで初のバラード「Alone」をはじめ、「そのままの君でいて」「サヨナラ」などのヒット曲を発表。一方で、広末涼子、中山美穂、相川七瀬への楽曲提供も多数手がけており、作曲家としても活躍している。2016年3月2日「mayo」として念願のピアニストデビュー。今後はシンガー・ソングライター岡本真夜とピアニストmayoとして活動を展開予定。
岡本真夜オフィシャルサイト http://www.mayo-okamoto.com/

 

特集

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

今月の音遊人

今月の音遊人:大西順子さん「ライブでは、練習で考えたことも悩んだことも全部捨てて自分を解放しています」

5156views

神保彰 ワンマンオーケストラ - Web音遊人

音楽ライターの眼

たったひとりで聴かせる驚異のオーケストラマジックに、聴衆は釘づけ!/神保彰 ワンマンオーケストラ2017 ~GINZA DE JIMBO~

5506views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

1704views

楽器のあれこれQ&A

きっとためになる!サクソフォンの基礎力と表現力をアップする練習のコツ

725views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

4850views

コレペティトゥーアのお仕事

オトノ仕事人

高い演奏技術と幅広い知識で歌手の表現力を引き出す/コレペティトゥーアの仕事(前編)

5076views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

2170views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1691views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

11087views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

2417views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

2887views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11332views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

5746views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

2945views

新たなディケイドへと向かうフジ・ロック・フェスティバル'17。テーマは“革新”と“伝統”

音楽ライターの眼

新たなディケイドへと向かうFUJI ROCK FESTIVAL ’17。テーマは“革新”と“伝統”

1993views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

5346views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

2056views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

9179views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

495views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

1839views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

15293views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

1781views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11332views