Web音遊人(みゅーじん)

【ジャズの“名盤”ってナンだ?】#036 起死回生のチャンスに理想を詰め込んだハード・バップの宝石箱~ジョン・コルトレーン『ブルー・トレイン』編

ボクがジャズを聴き始めた1970年代後半、すでにジャズを代表する“名盤”として紹介されていた本作ではあったのですが、当時は素直に手に取ることができませんでした。

「ヘソが曲がっているからだろ?」と言われればそのとおりかもしれませんが、そもそも個人の嗜好とはそのようなもので、曲がったヘソにシックリとフィットする対象を求めればよいだけの話だと思っているから気にしていません。

それはともかく、何故、本作が当時のボクの嗜好にシックリとフィットしなかったのかを分析してみると、おそらく3管フロントの6人編成というハード・バップの象徴的なフォーマットと、そこから発せられる厚みのあるハーモニーを堪能するには、まだ耳が熟していなかったからなんじゃないかと思います。

というわけで、耳が熟した(かどうかは定かではありませんが)いま、本作の聴きどころを改めて探ってみたいと思います。


Blue Train

アルバム概要

1957年にスタジオで収録されたアルバムです。

オリジナルはLP盤でリリースされ、A面2曲、B面3曲の合計5曲を収録。CD化でも同曲順同曲数でリリースされたほか、別テイク7曲を追加した“65周年記念完全盤”が発売されています。

メンバーは、テナー・サックスがジョン・コルトレーン、トランペットがリー・モーガン、トロンボーンがカーティス・フラー、ピアノがケニー・ドリュー、ベースがポール・チェンバース、ドラムスがフィリー・ジョー・ジョーンズの6人編成です。

オリジナルLP盤の5曲中4曲がジョン・コルトレーンのオリジナル曲で、『アイム・オールド・ファッションド』のみジェローム・カーン作曲のカヴァー曲、いわゆる“ジャズ・スタンダード”です。

“名盤”の理由

ジョン・コルトレーンがジャズ・シーンで注目され始めたのは1955年。マイルス・デイヴィスの“黄金の”と称されるクインテットの一員に迎えられたときでした。

それから2年のあいだに、無名の新人だったテナー奏者は目覚ましい活躍でシーンの最前線へ躍り出て、自分の名前でアルバムを発表できる契約をレコード会社と交わせるまでになります。

それが本作のことだったら“名盤”の解説はラクなのですが、実は違うから世の中はややこしい……。

1957年にジョン・コルトレーンと契約を交わしたレーベルは、以後2年間ほど彼のディスコグラフィを飾る作品を生み出したプレスティッジ・レコードで、本作のブルーノート・レコードではありませんでした。

アルフレッド・ライオン(ブルーノート・レコードの創設者)は彼と専属契約を結ぶためにいろいろと援助もしていたようですが、結果的にブルーノート・レコードとの契約は単発で、ジョン・コルトレーンのリーダー作は本作のみとなってしまいます。

そうした希少性もまた、本作を“名盤”に押し上げる要因になったのではないかと勘ぐっているのですが、唯一の機会だったからこそ、自身のオリジナル曲を中心に気心の知れたメンバーで臨むレコーディングが実現したことは無視できません。

いま聴くべきポイント

というのも、1957年当時のジャズ・シーンにおけるジョン・コルトレーンの立ち位置を考えると、その道は決して順風満帆ではなかったから……。

シーンの注目を浴びて気鋭のテナー奏者として期待されたとはいうものの、ジョン・コルトレーンは薬禍でマイルス・デイヴィスのバンドを一時的に離脱し、セロニアス・モンクのバンドで出直しを図らざるをえないという、追い詰められた状況でもありました。

邪念を払い、改めて自らが追求するサウンドに邁進するため、まずは自己名義の作品をつくり続けることができるプレスティッジ・レコードと契約。その一方で、より自由に自分の希望が反映できそうなブルーノート・レコードとの関係はサブ・プランとして残していた──というのが、本作誕生の経緯に関するボクの推測です。

プレスティッジ・レコードでの諸作は、マイルス・デイヴィス・クインテットを踏襲する印象が強く、それはそれで彼が自らのポジションを維持するために必要だと考えていたからこその(プレスティッジ・レコードとの契約という)決断で、ブルーノート・レコードについては、“踏襲”ではなく“凌駕”することを目的とした、実験的なレコーディングの機会を与えてくれる相手だと位置づけていた、というわけです。

そうした“環境の違い”が、本作を“名盤”として歴史に刻む大きな誘因になったのではないか──。

要するに、本作は当時のコルトレーンが自分の考える究極のハード・バップのイメージを詰め込めるだけ詰め込んだ、まるで「宝石箱やぁ〜!」的な作品であるからこその“名盤”であり、その“詰め込みすぎな重さ”がジャズ初心者だった半世紀ほど前のボクでは受け止めきれなかったことに関係している、ということなんじゃないかなぁ、と……。

「ジャズの“名盤”ってナンだ?」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:由紀さおりさん「言葉の裏側にある思いを表現したい」

6616views

音楽ライターの眼

ジュネーブ国際音楽コンクールチェロ部門優勝──世界に飛翔する上野通明の挑戦

2245views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

7438views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

55351views

大人の楽器練習機

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:世界的ピアニスト上原彩子がチェロ1日体験レッスン

17051views

江藤裕平

オトノ仕事人

音楽ゲームの要となるリズムノーツをつくる専門家/『太鼓の達人』の譜面制作の仕事

7967views

メニコン シアターAoi

ホール自慢を聞きましょう

五感で“みる”ことの素晴らしさを多くの方と共感したい/メニコン シアターAoi

2499views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5958views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

12738views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

11420views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6996views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24970views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

7623views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11158views

音楽ライターの眼

ソロ、室内楽、指揮と多彩な活動を展開するレオニダス・カヴァコスの新たな挑戦

2104views

トーマス・ルービッツ

オトノ仕事人

アーティストに寄り添い、ともに楽器の開発やカスタマイズを行うスペシャリスト/金管楽器マイスターの仕事

1325views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5645views

最新の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

楽器探訪 Anothertake

アコースティックギター専用の音響解析技術で低音域のパワフルな音量と響きを実現

9674views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

7436views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

8104views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

23325views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2860views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29502views