Web音遊人(みゅーじん)

小見山優子

エレクトーンでカッコいい曲を弾きたい!そんな少女が叶えた夢とは?

人前でエレクトーンを演奏するのは10年ぶりだという。ブランクに不安はないのかたずねると、「大丈夫か?って自分にツッコんでますよ」。そんな言葉とは裏腹に、その指先は鍵盤の上で滑らかに動き回っていた。

作曲家・編曲家として活躍する小見山優子さんは、あるウェブサイトで日本を代表する10人に選ばれている。そのジャンルはゲーム音楽だ。
2002年から2009年までゲームソフトメーカーのカプコンに在籍。その間、現在も大ヒット中の『モンスターハンター』の制作に関わり、作曲や音楽監修を担当した。ゲームに疎い方は驚くかもしれないが、通称『モンハン』の曲だけでオーケストラコンサートが開かれたこともある。その作曲者ともなればゲーム通にとって小見山さんは、いわゆる“神”と呼ばれる人なのだ。
「5歳からエレクトーンを習いはじめて、社会人になっても数年間は教室に通っていました。好きでよく弾いたのは、映画のサントラです。中学生の頃、エレクトーンの発表会でスター・ウォーズやインディ・ジョーンズのテーマ曲が演奏されているのを見て、すごく感動したんです。その時点では映画を知らなかったんですけど、とにかくエレクトーンでカッコいい曲を弾きたい。その思いが常にありました」

地元大阪の相愛大学音楽学部に進学後もエレクトーンを楽しむ日々。やがて就職活動の時期を迎えたとき、音楽で暮らす道のひとつとしてゲーム音楽を選んだ。しかし、そこで待っていた世界は小見山さんの想像とは少し違っていた。
「ゲームに合う“音楽”をつくろうとすると、どうしても尖ってしまうんです。画に合わなくなるというか。ゲームには、あるボタンを押したときに出る攻撃に即した効果音があります。それが絶対的な音なら、私が関わるBGMは相対的な音で、いかに気持ちよくプレイできるサウンドかが大事になってきます。そこに意識が向くと、“音楽”ではなく“ゲーム”をつくる感覚になるんですね。だから私としては、ゲームのためにつくった曲はあくまでゲームそのものです」

とは言え、先に触れたオーケストラコンサート然り、ゲームの世界は音楽だけでも楽しめるほどに成熟しており、ひとつの音楽ジャンルとして確立されてもいるわけだ。とすれば、小見山さんが口にした意識とゲームユーザーの感覚、たとえばゲーム音楽の作曲者個人に対して自然に抱く敬意と感謝の間にはギャップがあるように思うのだが……?
「ゲームがどんなに売れても制作側には実感が沸かないものなんです。本当に裏方ですから。なるほど。改めてゲーム音楽について考えてしまいました」

小見山優子

いずれにせよ演奏の本番は間近に迫っている。2016年1月30日(土)、31日(日)に幕張メッセで開催される「闘会議2016/ゲーム音楽ステージ」。小見山さんが出演するとなれば、誰もが『モンハン』の名曲を期待するに違いない。
「『モンハン』の音楽と映画のサントラで大きく違うところは、聞いてくれるお客さん一人ひとりが思い浮かべるシーンが異なることです。自分が強かった場面、弱かった場面、それぞれの記憶が表情に現れる。それを数年前のオーケストラコンサートで見ました。お客さんのゲームに対する思いを引き出せる演奏ができたらいいですね」

■闘会議2016 ゲーム音楽ステージ

日時:2016年1月30日(土)、31日(日)
会場:幕張メッセ(千葉県)
●1月30日(土)
ニコニコエレクトーン演奏者大集合!あの有名ゲーム音楽を生演奏♪
出演:あだっちゃん(ヤマハエレクトーンデモンストレーター)、ニコニコエレクトーン演奏者
●1月31日(日)
「モンスターハンター」シリーズ作曲の小見山優子参戦!トーク&エレクトーン演奏!
出演:小見山優子(作曲・編曲)、あだっちゃん(ヤマハエレクトーンデモンストレーター)
イベントの詳細はこちら

 

特集

秋川雅史さん「今は声を磨くことが楽しい。まだまだ成長途中で、人生を上っている段階です」

今月の音遊人

今月の音遊人:秋川雅史さん「今は声を磨くことが楽しい。まだまだ成長途中で、人生を上っている段階です」

3470views

音楽ライターの眼

FUJI ROCK FESTIVAL’19開催。多彩な顔ぶれと新しい発見への旅

1205views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

4529views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

33940views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

5842views

楽器博物館の学芸員の仕事 Web音遊人

オトノ仕事人

わかりやすい言葉で、知られざる楽器の魅力を伝えたい/楽器博物館の学芸員の仕事(後編)

2851views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

10316views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

2902views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

3667views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1207views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

2117views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2976views

バイオリニスト石田泰尚が アルトサクソフォンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】バイオリニスト石田泰尚がアルトサクソフォンに挑戦!

5688views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

9492views

スパークス

音楽ライターの眼

ベテランなのに鮮度の高いロック・バンド、スパークスの魅力に迫る

1289views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

4701views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブル仲間が集う仲よしサークル

1986views

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

楽器探訪 Anothertake

赤ラベルが再現!ヤマハギター50周年記念モデル

6517views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1320views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

1842views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

11826views

ズーラシアン・フィル・ハーモニー

こどもと楽しむMusicナビ

スーパープレイヤーの動物たちが繰り広げるステージに親子で夢中!/ズーラシアンブラス

2403views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11964views