Web音遊人(みゅーじん)

音座銀座

1950年代後半に一大ブームを引き起こした、日本のロカビリーとウエスタンカーニバルに肉薄

俳優の佐野史郎がホストとなって「大人の音楽の愉しみ方」を発見する人気のトークショー『音座銀座(On The Gin Za)』。第9回のテーマは、佐野さんとは縁が遠そうに思える「日本のロカビリーとウエスタンカーニバル」だった。「あまり得てではない音楽ジャンルなんですが、改めて魅力を発見したい」と控えめに語りつつ、セレクトしてきた曲は57曲。そしてリーゼントスタイルと色鮮やかなロカビリーファッションに身を包んで、颯爽と登場したのは今回のゲスト、ミュージシャン&ロカビリー雑誌編集長のリトル・エルヴィス・リュウタさんである。ロカビリーを理解してもらおうとリュウタさんがリストアップしてきた曲は、佐野さんに負けず劣らずの50曲。さらに参考写真まであるという準備万端、ワクワク感満載の用意周到さである。会場にはポニーテールの女性や、革ジャン姿の男性など、ロカビリースタイルの観客も目立ち、のっけからヒートアップしそうな雰囲気の中でスタートした。

音座銀座

1958年に、日本劇場(東京・有楽町)で開催された音楽フェスティバル「日劇ウエスタンカーニバル」によって、ロカビリーブームが社会現象になった。「そもそもなぜロカビリーという呼び方が日本で広まったのかがナゾ」とリュウタさんが投げかける。当時アメリカで活躍していたスターに聞いても、「自分たちがやっていた音楽はロックンロールだ」と語るのだという。では、なぜ?当時を振り返るために、プレスリーのデビュー曲『ハートブレイク・ホテル』、その半年後に出た小坂一也の日本語盤、平尾昌晃の『監獄ロック』などを聴いていくが、結論はでないまま。
第1回日劇ウエスタンカーニバルを仕掛けたのは、渡辺プロダクションを起こした渡辺晋の妻、渡邊美佐だったなど、興味深い話が続く。その頃「ロカビリー三人男」として絶大な人気を誇った、平尾昌晃、ミッキー・カーチス、山下敬二郎の曲はもちろん、ブロマイド写真も披露され、時代を感じさせる決めポーズに会場から笑いが漏れる一幕も。

それにしても日本のロカビリーは奥が深い。あの坂本九も、第1回レコード大賞に輝く『黒い花びら』の水原弘も、最初はロカビリー歌手だったという。宇宙戦艦ヤマトの主題歌で有名な佐々木功(ささきいさお)も、美空ひばり、江利チエミ、雪村いづみも歌っていたロカビリー。日劇ウエスタンカーニバルでは、『ジェニ・ジェニ』『のっぽのサリー』などの人気曲は、一つのショーでかぶるようになり、『ロック夕やけ小やけ』『ロック会津磐梯山』といった、童謡や民謡のカバーが生まれたなどなど、はなしは尽きない。今回も時間オーバーの濃密な音楽夜話となった。

さて次回は2016 年5月26日(木)、日本のガールズポップをリードし続けた「三人娘」のひとり、伊東ゆかりさんをゲストにお迎えします。グループ誕生のエピソードからガールズポップの歩みまで、数々のヒット曲とともに楽しいおはなしをうかがう予定です。みなさま、乞うご期待!

■第9回 音座銀座 佐野史朗vs.リトル・エルヴィス・リュウタ「日本のロカビリーとウエスタンカーニバル」曲リスト

トークショーの中で紹介された曲の一覧表です。こちらのPDFファイルをご覧ください。

■第10回 音座銀座スペシャル 佐野史郎 vs. 伊東ゆかり「ガールズポップに酔いしれて」

日時:2016年5月26日(木)開場15:30/開演16:00
場所:ヤマハ銀座スタジオ(東京都中央区銀座7-9-14 B2F)
出演:ホスト・佐野史郎 ゲスト・伊東ゆかり
料金:2,500円(税込)
定員:112名・自由席※チケットに記載された整理番号順での入場。
イベントの詳細はこちら

 

特集

山下洋輔さん

今月の音遊人

今月の音遊人:山下洋輔さん「演奏は“PLAY”ですから、真剣に“遊び”ます」

2644views

音楽ライターの眼

ブラッド・メルドーの『アフター・バッハ』は“無の境地”に至るショートカットなのかもしれない

647views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

4760views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

30186views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

4964views

梶望さん

オトノ仕事人

アーティストの宣伝や販売促進など戦略を企画して指揮する/プロモーターの仕事

3004views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

5706views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1330views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

5051views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

925views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

クラス分けもまた楽しみ、レッスン通いスタート

1846views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10885views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

5211views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

13700views

7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

音楽ライターの眼

2017年7月に樫本大進と共演するアレッシオ・バックス、バロック作品を収録したアルバムを再リリース

2360views

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

オトノ仕事人

出演アーティストの発掘からライブ制作までを一手に担う/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事 (前編)

9365views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

927views

STAGEA(ステージア)ELB-02 - Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

見ているだけでわくわくする!弾きたい気持ちにさせるエレクトーン

3333views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

1549views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

2128views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

4565views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

1184views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10885views