Web音遊人(みゅーじん)

曽根麻央

今月の音遊人:曽根麻央さん 「音楽は、目に見えないからこそ、立体的なのだと思います」

トランペットとピアノの“ジャズ二刀流”のみならず、マルチインストゥルメンタリスト、作曲家として輝きを放つ曽根麻央さん。8歳でトランペットに出会ったときから、プロを夢見ていたと語る曽根さんにとって音楽とは?

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

うーん……とても難しい質問です。僕は幼いころから、クラシック・ピアノを習っていたのですが、小学校3年生のときにルイ・アームストロングに憧れて、トランペットを始めました。彼の真似をしてトランペットの練習をしていたので、『What a Wonderful World』や『聖者の行進』などはとてもよく聴きました。
トランペットと出会い、一度はピアノから離れたのですが、小学校4年生のときに両親が連れて行ってくれたレイ・ブライアントのライブで衝撃を受けて再開したんです。アルバム『Play The Blues』を繰り返し聴いて、ともかく耳コピしましたね。とくに好きだったのは、『Gotta Travel On』と『Saint Louis Blues』の2曲。翌年には、彼のディナーショーで前座を務めさせていただくことになり、ご本人と話す機会にも恵まれました。そんななかでジャズ・ピアノに強く興味を抱くようになったので、運命を変えたアルバムだといえるかもしれません。
一方で、最近聴く音楽は、どんどんポップなものになっています。好きなのは、山下達郎さんのアルバム『FOR YOU』。星野源さんや藤井風さん、King Gnuさん、宇多田ヒカルさんの曲などもよく聴いています。ジャズにもポップスの要素や、ステージパフォーマンスを取り入れるとよいと僕は考えているんです。

Q2.曽根さんにとって「音」や「音楽」とは?

目に見えない、光のようなものです。トランペットを吹いているときには、照明に近いような感じもします。聴者に向かってどういうライトを投げかけていくか、という考え方ですね。
あるいは、“気”です。音楽を聴くときにも、この曲は“気”がいいなと思ったりしますし、もちろん自分がつくる曲は“気”がいい並びにしているつもりです。
そう感じるようになったのは、プロで活動を始めてからですね。大学時代は、「音楽」は譜面の上で完結していなければ怖かったんです。でも、活動が多忙になると、作曲する際は何度も譜面を書き直すよりは、覚えた方が早いと考えるようになりました。音に関しては、どんどん記憶力がよくなっているんです。ですから、つくった曲を覚えてそれを頭のなかで書き換え、譜面に書くのは最後です。譜面という物理的なものに書くのではなく記憶するようになってから、「音」や「音楽」は目に見えないものだと感じるようになりました。同時に、音楽がどんどん立体的になっていったと思います。

曽根麻央

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

クリエイティブな人を想像します。例えば、音楽をつくるときに、誰かがディレクションするのではなくて、その場にいるみんなで話し合ってつくり上げていくのが「音で遊ぶ人」たちのイメージです。僕のまわりには、そんな人が多いですね。

Q4.楽器や音楽をやっていてよかったことは何ですか?

いろいろな人たちと知り合えたことです。養護施設や幼稚園、老人ホーム、そして大使公邸で演奏することもあれば、アメリカ滞在中には天皇誕生日の祝賀会で演奏することもありました。
さまざまな人たちに関わって生きてきたことは、とても幸せなことだと感じていますし、音楽家だからこそできた交流なのかなという気がしています。
そこで得たものといえば、型にはめたステレオタイプで人を見ないこと。そして、いろいろな人がいるという考え方を、ごく自然に抱くようになりました。

曽根麻央〔そね・まお〕
幼少期よりクラシック・ピアノを、8歳でトランペットを始める。2010年バークリー音楽大学へ全額奨学金を得て入学、2014年に首席で卒業。2016年には同大学の修士課程の第1期生として首席卒業。2018年に拠点を東京へ移し、アルバム『Infinite Creature』でメジャーデビュー。2020年ケヴィン・へフリン監督の映画『トランペット』に主演俳優として出演。劇中音楽の総合ディレクションとしても参加。2022年には自身のバンド“Brightness of the Lives”によるアルバム『Brightness of the Lives』を発表。2022年7月からオリジナルアレンジのスタンダードナンバーをソロで録音した『Plays Standards』シリーズを配信。
オフィシャルサイト

photo/ 阿部雄介

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:富貴晴美さん「“音で遊ぶ人”たちに囲まれたおかげで型にはまることのない音作りができているのです」

4134views

ウィグモア・ソロイスツ・コンサート

音楽ライターの眼

変幻自在の表現力、至福のアンサンブル/ウィグモア・ソロイスツ・コンサート

757views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカで音楽好きの子どもを育てる

13814views

暖房

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

54575views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

13023views

オトノ仕事人

深く豊かなクラシックの世界への入り口を作る/音楽ジャーナリストの仕事

4215views

しらかわホール

ホール自慢を聞きましょう

豊潤な響きと贅沢な空間が多くの人を魅了する/三井住友海上しらかわホール

13261views

日生劇場ファミリーフェスティヴァル

こどもと楽しむMusicナビ

夏休みは、ダンス×人形劇やミュージカルなど心躍る舞台にドキドキ、ワクワクしよう!/日生劇場ファミリーフェスティヴァル2022

2708views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9788views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

5637views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

8286views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9591views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4519views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

18844views

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

音楽ライターの眼

伝統ある劇場の内部に切り込んだドキュメンタリー映画、『新世紀、パリ・オペラ座』

4239views

オトノ仕事人

あらゆるトラブルに対応できる、優れたリペア技術者を世に送り出す/管楽器のリペア技術者を育てる仕事

5262views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

5693views

reface

楽器探訪 Anothertake

コンパクトなボディに優れた操作性が溶け込んだデザイン

5720views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13672views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7575views

楽器のあれこれQ&A リコーダー

楽器のあれこれQ&A

リコーダーを長く楽しむためのお手入れ方法

5466views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

2861views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28968views