Web音遊人(みゅーじん)

雲井雅人サックス四重奏団 - Web音遊人

師弟サックス四重奏団が作り出す響きの美学/雲井雅人サックス四重奏団インタビュー

メンバーが同じ門下生や同窓生だというアンサンブルは珍しくないものの、師弟が組むケースは少ないかもしれない。雲井雅人と3人の門下生による「雲井雅人サックス四重奏団」は、同じ音楽言語から生まれる美しい響きを追究したいという雲井の発案によって生まれたグループ。1996年に結成されて20年、数多くのサックス四重奏団の中でもリーダー的な存在となっている。

「サクソフォンを演奏していてカルテットの面白さを知らないなんてもったいないと思いますし、ソプラノやアルトなどそれぞれの楽器から自分に合ったものを探す楽しみもあります。原点であるフランスはもちろん、日本でも伝統のあるアンサンブル形態ですので、吹奏楽を楽しんでいる方にも一人で楽器を演奏している方にも、また弦楽四重奏が好きだという方にも、管楽器が作るハーモニーや響きの素晴らしさを知っていただきたいのです」(雲井)

師弟だからといって佐藤渉(アルト)、林田和之(テナー)、西尾貴浩(バリトン)という3人が萎縮することなく、伸び伸びと活動している。 「『負うた子に教えられて浅瀬を渡る』ということわざがありますけれど、今では僕がいろいろ彼らから教えてもらっているくらいで、教師冥利に尽きますね」(雲井)
そうした雰囲気があってこそ、常に新鮮な活動を続けることが可能なのだろう。かつて生徒だった3人も四重奏におけるそれぞれの役割を認識しながら、一人の音楽家として自らを主張する。サクソフォン四重奏というアンサンブルの秘密を垣間見るようで面白い。

雲井雅人サックス四重奏団 - Web音遊人

写真左より、雲井雅人(ソプラノ)、佐藤 渉(アルト)、西尾貴浩(バリトン)、林田和之(テナー)

「アルトは内声、特にハーモニーの中で三度(長三度、短三度)を担当することが多く、和音の中に自分の音をはめ込む心地よさは格別。さらには、同じ短三度でも暗くて沈んだ音色から明るい音色までありますから、その幅を追究して全体の響きを左右することも面白いところです」(佐藤)
「テナーの場合は同じ内声でもメロディがほとんど回ってきませんので、和音の一部をずっと吹いているという感覚。でも、そういった中に和音でメロディや対旋律を歌う楽しみを感じてしまうと、もうテナーからは逃げられません」(林田)
「バリトンパートはテンポも提示できますし、和音を作るときも自分が根音を迷いなく吹いて地固めをし、ほかの3人が寄ってきてくれる感覚ですから、周囲を気遣うことは少ないですね」(西尾)
「われわれ3人はそれに操られて、いつもヒーヒー言っているわけだよ」(雲井)
「演奏する曲やレパートリーも自由に選びますし、面白いと思ったら全員でまず音を出してみます。雲井先生と佐藤君がアメリカで出会ったデイヴィッド・マスランカという作曲家は僕たちにとって大切な存在ですが、彼のオリジナル曲や僕たちのためにアレンジしてくれたJ.S.バッハの『ゴルトベルク変奏曲』などは、宝物のような作品です」(林田)
「それと対になる『ソングス・フォー・ザ・カミング・デイ』という委嘱作品も既にCD化しており、ゴルトベルク変奏曲を次の録音プロジェクトにするかもしれないですね」(佐藤)

ヤマハホールでは何度もコンサートを行っているが、響きを熟知したその空間で2016年7月29日(金)に行われるコンサートも興味深い。彼らが敬愛するジャン=イヴ・フルモーをゲストに迎えるなど、2016年の雲井雅人サックス四重奏団を象徴するプログラムだろう。
「いかにもフランスらしい対位法を駆使したベルノーと、東洋的な精神が音になったようなシュナイダーは対照的な作品。シュナイダーの曲は4人で音を出してみたら、本当に不思議な響きでした」(林田)
「人気のあるカール・ジェンキンスの作品も演奏しますので、ぜひたくさんの方に聴いていただけるとうれしいです」(雲井)

■雲井雅人サックス四重奏団 ~ジャン=イヴ・フルモー氏を迎えて~

出演:雲井雅人(ソプラノ)、佐藤 渉(アルト)、西尾貴浩(バリトン)、林田和之(テナー)
日時:2016年7月29日(金)19:00開演(18:30開場)
会場:ヤマハホール(東京都中央区銀座7-9-14 ヤマハ銀座ビル7F)
料金:一般4,000円、学生3,500円(すべて税込)
曲目:E.シュナイダー/万物流転~サクソフォン四重奏のためのマントラ~、A.ベルノー/サクソフォン四重奏曲、D.チマローザ(N.プロスト 編)/オーボエ協奏曲 ほか
公演の詳細はこちら

■その他の公演情報

詳細はオフィシャルサイトでご確認ください。
オフィシャルサイトはこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:藤井フミヤさん「音や音楽は心に栄養を与えてくれて、どんなときも味方になってくれるもの」

4313views

音楽ライターの眼

ドイツのプログレッシヴ/ポスト・メタル最重要バンド、ジ・オーシャンが2019年10月に初来日

592views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

6648views

ピアニカ

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

20225views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

1663views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

5129views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

2184views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

880views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

5817views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

1064views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

1825views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

2618views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

1775views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

10892views

音楽ライターの眼

赤裸々に自己の内面を綴った『エフゲニー・キーシン自伝』

1020views

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

オトノ仕事人

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

3420views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

2056views

CP88/73 Series

楽器探訪 Anothertake

ステージで際立つ音色とシンプルな操作性で奏者をサポート!最高のライブパフォーマンスをかなえるステージピアノ「CP88」「CP73」

6151views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

8461views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

贅沢な、サクソフォン初期設定講習会

2526views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

10468views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1189views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10872views