Web音遊人(みゅーじん)

エマーソン弦楽四重奏団

テクニックと知性に裏打ちされた、円熟の響き/エマーソン弦楽四重奏団

超絶技巧やほとばしる情熱だけで聴かせるのではなく、重ねられた年月の重みを感じる、そんな演奏会だった。

ニューヨークを拠点に活動するエマーソン弦楽四重奏団は、1976年に結成された。「エマーソン」の名前は、アメリカ人哲学者で詩人でもある、ラルフ・ウォールド・エマーソンに由来するそうだ。レパートリーは古典派から20世紀まで多岐にわたる。また録音にも積極的に取り組み、8回ものグラミー賞を受賞。途中、メンバーの交代はあったものの、結成から40年経った今も、第一線での活動を続けている。

彼らが幕開けに選んだのは、モーツァルトの「弦楽四重奏曲第15番」。敬愛するハイドンに捧げた、6曲の弦楽四重奏曲の中で唯一、短調の曲だ。モーツァルトのニ短調は特殊で、歌劇≪ドン・ジョヴァンニ≫もニ短調の序曲で始まるように、“デモーニッシュ(悪魔的)”な空気をはらむ。抑制されたソット・ヴォ-チェに心もとなさを覚えたが、それもすぐに晴れた。繰り返される主題はそのたび、すべて表情を変えて現れる。それは彼らの中で綿密に計算され、共有されていて、チェロが横糸となり、続くヴァイオリンとヴィオラの間で主題が緻密に紡がれ、最終的には幸福感溢れるニ長調へと見事に昇華されていく。なんというテクニックと知性に裏打ちされた表現だろう。長年築かれた盤石のチームワークのなせるわざに、序盤から圧倒された。

打って変わって、2曲目はバルトークの「弦楽四重奏曲第3番」。弦楽四重奏を通して、20世紀という混沌とした時代と自身との関係を問い続けた作曲家の渾身の作だ。演奏者にも聴衆にとっても難解な曲だが、それこそ彼らの手腕の発揮どころ。おどろおどろしいコル・レーニョも絶妙なさじ加減。一瞬たりとも緩まない集中力で、この重々しい曲を通じて聴衆に問いかけてくる。必然的に聴く側もエネルギーを要したが、それだけに聴き終えた達成感もひとしお。会場はおごそかな一体感に包まれた。

休憩をはさみ、3曲目はドヴォルザークの「弦楽四重奏曲第12番」。ニューヨーク時代のある日、ドヴォルザークはチェコからの移民家族の歓待を受け、望郷の念に駆られ、アメリカや祖国の民謡のモチーフをふんだんに取り入れた、家庭的な温かさと明るさを持つこの曲を書き上げた。「アメリカ」という副題を持ち、同国を本拠地にする彼らにとって演奏しがいも格別だろう。また、民謡という郷愁を掻き立てるテーマこそ、弦楽四重奏のような親密な音楽に似合う。彼らの奏でる民謡が波になって会場に流れ込み、観客を彼らの世界に引きこんでいく。そしてクライマックスへ向け増していく音の厚みとパワー。何よりも彼らが楽しんで演奏しているのが伝わり、会場の柔らかな照明も相まって、暖炉を囲んで演奏を聴いているような、どこかほっとする気持ちになる。それはまさしく、円熟の重みが与える安心感だった。

エマーソン弦楽四重奏団

客席とステージの近さ、というヤマハホールの特性も、この親密な演奏会にふさわしく、相乗効果を生み出していた。アンコールはパーセルの「ファンタジア」、そしてベートーヴェンの「弦楽四重奏曲第13番」から第2楽章、など。和やかになった会場の雰囲気を静謐な音楽で引きしめる、その選曲も秀逸だ。その一方で、ヴァイオリンのユージン・ドラッカーが日本語で曲名をアナウンスして観客を笑わせるシーンも。彼らの音楽がさらにこの先どのように熟成されていくのか、これからも見つめていたい。

 

特集

今月の音遊人 大貫妙子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:大貫妙子さん「言葉で説明できないことのなかに本当に素晴らしいものがいっぱいある。それが音楽ですよね」

10793views

音楽ライターの眼

ブラームス国際コンクール、日本人初優勝のバイオリニスト中村太地が3大Bに挑む

4625views

楽器探訪 Anothertake

存在感がありながら他の楽器となじむシンフォニックなサウンドが光る、Xeno(ゼノ)トロンボーンの最上位モデル

1536views

楽器のあれこれQ&A

講師がアドバイス!フルート初心者が知っておきたい5つのポイント

4235views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

7163views

オトノ仕事人

オーダーメイドで楽譜を作り、作・編曲家から奏者に楽譜を届ける/プロミュージシャン用の楽譜を制作する仕事

10541views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

13550views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

4450views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

21465views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

4499views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3695views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23053views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12071views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

15779views

奏者と楽器と空間、三者がみごとに交わり、メシアンの音楽を包み込む/スティーヴン・オズボーン

音楽ライターの眼

奏者と楽器と空間、三者がみごとに交わり、メシアンの音楽を包み込む/スティーヴン・オズボーン

3495views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

8181views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7440views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

8303views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

13550views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

5684views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バイオリンの購入ポイントと練習のコツ

9872views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

4474views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

23053views