Web音遊人(みゅーじん)

塩谷哲

今月の音遊人:塩谷哲さん 「僕の作る音楽が“ポップ”なのは、二人の天才音楽家の影響かもしれませんね」

作編曲家、ピアニストとして、ソロはもちろん数多くのアーティストやオーケストラと共演し、幅広い活躍を続ける塩谷哲さん。2023年にソロデビュー30周年を迎えた塩谷さんに、音楽への向き合い方やその思いを伺いました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

時期によって聴き込んでいたものが違うので難しいのですが、幼い頃の記憶にあるのはピアニストのオスカー・ピーターソンです。父が大ファンだったこともあって、家や車の中では必ずと言っていいほど彼の曲が流れていました。特に繰り返し聴いていたのは、ジャズ界の巨匠の演奏が収録されたコンピレーション作品で、その一曲目の『Cジャム・ブルース』が始まると僕もワクワクしてね。グルービーでとても気持ち良かった。幼稚園に入る前の話だから、これが音楽的な原体験かな。また、それと同時期に姉がバレエを習っていたので、母と一緒にレッスンを見に行くことがあったんです。その稽古場で流れていたチャイコフスキーがクラシック音楽への入り口でした。ピーターソンもチャイコフスキーも、難解ではないけれど深い世界感を持っている、子ども心に真っすぐ入ってくる“かっこいい音楽”だったんですよね。
中学生になるとジノ・ヴァネリ。ロックとAOR(Adult Oriented Rock)の境目みたいなカテゴリーのシンガーソングライターで、作曲もするしキーボードも弾くし歌もとても上手い。当時は『ジスト・オブ・ジェミニ』に収録されている『アグリー・マン』をずっと聴いていました。暗い曲なんだけど大好きでね。でも、最終的にはピーターソンに戻っちゃう(笑)。
そんなことを思いながらこれまでの活動を振り返ってみると、自分の作る音楽はシンプルでわかりやすい、つまりは “ポップであること”を求めているような気がします。そこにはやはり幼少期によく聴いていたオスカー・ピーターソンとチャイコフスキーという二人の天才音楽家の影響があるのかもしれません。

Q2.塩谷さんにとって「音」や「音楽」とは?

「音」は日常にあふれているものだけれど、「音楽」は人間にしか生み出せないクリエイティブなものというイメージです。なぜ音楽が誕生したのかは定かではありませんが、リズムが生まれ、メロディが生まれ、それを重ねることでハーモニーが生まれ、楽器が生まれ、オーケストラになる……。このクリエイティビティは奇跡的なことだと思います。そして、どんな天才も先人たちが残したものにインスパイアされて、さらに新しいものを生み出す。そうやって誕生した音楽、芸術は人類にとって大切なものだと実感しますし、それに携わって、誰か一人にでも自分の音楽が影響を与えられているとすれば幸せな人生ですよね。音楽は形に残らないし、価値が数字で計れるものでもありませんが、誰かにとって大切な一曲がある。それはとても尊いことだと思います。
そんなことを強く感じたのは東日本大震災の年。当時、活動自粛期間が続いてコンサートも全部中止になりました。「音楽は不要不急のものなんだ。所詮そんなものか」なんて寂しく思ったりもして。でも活動再開後、最初のステージに立った時、「これを待っていたんです!」というようなお客様の拍手と熱気に身が引き締まる思いがして、音楽の価値を考え直すきっかけになりました。
だから自分にとって音楽はとても大きな存在。僕にとっても、皆さん一人ひとりにとっても、なくてはならないとても大切なものなんじゃないかなとあらためて思っています。

塩谷哲

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

僕自身も、そして共演する方々も「音で遊べる人」なのかも。そこにある音楽をどう感じているかをキャッチボールする、それが意識せずにできた時に「音で遊ぶ」という感覚になりますね。でも、それは元々みんなが持っているもののような気もします。「なぜだかわからないけど弾いてみたい、叩いてみたい」と自由に楽しむこと自体が音楽的行為、「音で遊ぶ」ことの原点だと思うんです。その延長線上で、音楽や楽器が好きで、好きで仕方ない!と職業にした人が音楽家と呼ばれているのかもしれません。
それに、音で遊ぶ人=音遊人は、プロの音楽家だけを指すのではなくて、きっと誰しもがそうなんですよ。一人ひとりにその人固有の音楽があって、それは楽器が弾けるとか歌が上手いとか、そういうこととは関係ない。その人にとって大切な音楽や曲があり、好きな作曲家や演奏家がいることが素晴らしいんです。日常のふとした時に鼻歌を歌ったり好きな曲を口ずさんだりすることも「音で遊ぶ」ことですもんね。だから、決して特別なものではなく、誰しもが音で遊ぶ人、音遊人である。僕はそう思います。

塩谷哲〔しおのや・さとる〕
東京藝術大学作曲科出身。在学中より10年に渡りオルケスタ・デ・ラ・ルスのピアニストとして活動。ソロアーティストとしても現在までに12枚のオリジナルアルバムを発表。自身のグループをはじめ、小曽根真との共演や佐藤竹善との「SALT & SUGAR」、上妻宏光との「AGA-SHIO」のほか、多数のコラボレートやコンサートシリーズの主催など、その活動のジャンル・形態は多岐にわたる。現在、国立音楽大学ジャズ専修准教授。2023年にソロデビュー30周年を迎えた。
オフィシャルサイト

photo/ 阿部雄介

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:松居慶子さん「音楽は生きとし生けるものにとって栄養のようなもの」

5699views

音楽ライターの眼

ブラームスの青春譜、円熟のピアノ三重奏曲/徳永二男、堤剛、練木繁夫による珠玉のピアノトリオ・コンサートVol.6

3540views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

11180views

楽器のあれこれQ&A

ドの音が出ない!?リコーダーを上手に吹くためのアドバイスとお手入れ方法

175514views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

4340views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

13151views

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル

ホール自慢を聞きましょう

武満徹の思い「未来への窓」をコンセプトに個性的な公演を/東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル

13640views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

6632views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

21874views

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人:ずっと続けられることがいちばん!“アツく、楽しい”吹奏楽団

10201views

山口正介 - Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

この感覚を体験すると「音楽がやみつきになる」

8164views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

28939views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

8382views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

10952views

音楽ライターの眼

スペース・ロックは終わらない。ホークウィンドが最新アルバムと監修コンピレーションを発表

1599views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

13151views

われら音遊人

われら音遊人:アンサンブルを大切に奏でる皆が歌って踊れるハードロック!

4659views

楽器探訪 Anothertake

奏者の思いどおりに音色が変化する、豊かな表現力を持ったグランドピアノ「C3X espressivo(エスプレッシーヴォ)」

8578views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

6388views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォン教室の新しいクラスメイト、勝手に募集中!

4370views

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

楽器のあれこれQ&A

楽器上達の心強い味方「サイレント™シリーズ」&「サイレントブラス™」

37765views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

8898views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

24695views