Web音遊人(みゅーじん)

木根尚登インタビュー

実話をもとに歌でドラマを描いた新たな試み/木根尚登インタビュー

TM NETWORKのデビュー30周年に当たり、1992年から続いていたソロ活動を2013年に休止。その再開を宣言した最初の作品が2015年11月に発表された。それが『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』と『清らかな水の町で』。この楽曲制作は、プロの音楽家として30年以上も第一線を走ってきた木根尚登にとって、かつてない試みに満ちたものになった。

まず、2つの楽曲いずれもが実話ベースであること。『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』は、不幸な事故により19歳で他界した元高校ボート部のキャプテンが主人公。『清らかな水の町で』は、ある不良少年が生死の分かれ目を体験した後に家族の愛に目覚めていく様子を描いている。
「今から4年ほど前、あるご縁でボート部のキャプテンのエピソードに出会い、とても心惹かれて、彼らをよく知る人たちを現地にたずねる取材までしました。これまで数多くの歌詞を書いてきたけれど、会ったこともない人の話を題材にしたのは今回が初めてです」
あるいはこういう機会を待っていたのかもしれない、と木根は言う。それは今から40年以上前。1973年に発表されたアメリカンポップスを10代の半ばで聴いた木根は、明るく跳ねるようなメロディに乗る歌詞の意味を知り、歌が持つ力に衝撃を覚えた。
「ドーンというグループの『幸せの黄色いリボン』という曲でした。刑期を終え出所する男が故郷に手紙を書くんです。もし自分の帰りを待っていてくれるなら、木の幹に黄色いリボンを結んでおいてくれ……。これ、本当にあった話なんですって。確認は取れていませんが、山田洋次監督の『幸福の黄色いハンカチ』という映画のモチーフになったらしいです。でも、映画は2時間くらいあるでしょ。ところがその曲は、わずか3分半でドラマを描き切っていた。歌ってなんてすごいんだろう!胸の中に残っていたそんな感動を、長い時を経て2つの実話がよみがえらせてくれたんです」

この2曲を収録したCDは、それぞれの歌にまつわる場所で撮影された写真や制作秘話を収めたB5版ブックレット仕様になった。しかも販売は、ユニークな書店として知られるヴィレッジヴァンガード限定。木根によれば、仮に100万冊売れてもオリコンチャートには載らないそうだ。
「今回の歌づくりは、より多くの人に聞いてもらう、より多くのお客さんが入る場所でライブをするための曲を書くという、それまでの制作スタイルに逆行する方法ですよね。時代は移り変り、特に3.11以降、そして最近の熊本の地震にしても、誰もが力を合わせて生きることの大事さに目を向けている。そうした共生の時代にあって、伝える側にもこれまでにない責任や使命が帯びてくると思うんです。それについては僕自身も深く考えてきたし、震災以前から歌の伝え方の目標が変化していることに気付いていました」

木根尚登インタビュー Web音遊人

TM NETWORKのデビュー30周年を機に4年がかりで行われたプロジェクトは、全国のアリーナを巡る大掛かりなライブが主体だった。アーティストに起きた変化とはどういうものだろう。
「『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』と『清らかな水の町で』のプロモーションを兼ねて、小さなライブハウスやレストランでライブをしたんですね。そこには、顔の見える一人ひとりに向けて大切に歌う方法があり、そういう場所でこそ伝わる歌があった。それを改めて教えてくれたのがこの2曲です」

そして木根には、自身に刻まれた10代のときの感動を誰かにも体験してほしい希望がある。
「僕が死んでも、例えば40年後とかにでも、たった一曲の主人公のドラマが歌になって広がって、それがみんなの心に残る、そんな曲を作り続けていきたいですね」

■アルバムインフォメーション

木根尚登インタビュー Web音遊人
『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』/『清らかな水の町で』
発売元:ヴィレッジヴァンガード
発売日:2015年11月1日
価格:2,500円(税別)
詳細はこちら

■Web音遊人読者プレゼント

インタビューでご紹介した『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』/『清らかな水の町で』のCDを抽選で5名様にプレゼントいたします。
木根尚登さんの直筆サイン入りです。
応募はこちら
※応募締切:2016年7月10日(日)

 

特集

今月の音遊人:清水ミチコさん「歌モノのネタができることは自分にとって強みです」

今月の音遊人

今月の音遊人:清水ミチコさん「ピアノをちょっと絶ってみると、どれだけ自分に必要かわかります」

20341views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.3

6796views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

10323views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

27032views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若手サクソフォン奏者 住谷美帆がバイオリンに挑戦!

9065views

佐藤順

オトノ仕事人

劇伴制作の進行管理や演奏シーンの撮影をサポートする/映画等の劇伴制作をプロデュースする仕事

3534views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

12416views

こどもと楽しむMusicナビ

1DAYフェスであなたもオルガン博士に/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3070views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

19573views

われら音遊人

われら音遊人:路上イベントで演奏を楽しみ地域活性にも貢献

3239views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

6735views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

25161views

脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】脱力系(?)リコーダーグループ栗コーダーカルテットがクラリネットの体験レッスンに挑戦!

10585views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

11288views

音楽ライターの眼

ジョージアから世界の舞台へと飛翔したピアニスト、マリアム・バタシヴィリ

4523views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

9494views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

5734views

アコースティックギター「FG9」

楽器探訪 Anothertake

力強さと明瞭さが拓くアコースティックギターの新たな可能性

2508views

秋田ミルハス

ホール自慢を聞きましょう

“秋田”の魅力が満載/あきた芸術劇場ミルハス

4817views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

4580views

大人のピアニカ

楽器のあれこれQ&A

「大人のピアニカ」の“大人”な特徴を教えて!

3010views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

5380views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29925views