Web音遊人(みゅーじん)

木根尚登インタビュー

実話をもとに歌でドラマを描いた新たな試み/木根尚登インタビュー

TM NETWORKのデビュー30周年に当たり、1992年から続いていたソロ活動を2013年に休止。その再開を宣言した最初の作品が2015年11月に発表された。それが『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』と『清らかな水の町で』。この楽曲制作は、プロの音楽家として30年以上も第一線を走ってきた木根尚登にとって、かつてない試みに満ちたものになった。

まず、2つの楽曲いずれもが実話ベースであること。『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』は、不幸な事故により19歳で他界した元高校ボート部のキャプテンが主人公。『清らかな水の町で』は、ある不良少年が生死の分かれ目を体験した後に家族の愛に目覚めていく様子を描いている。
「今から4年ほど前、あるご縁でボート部のキャプテンのエピソードに出会い、とても心惹かれて、彼らをよく知る人たちを現地にたずねる取材までしました。これまで数多くの歌詞を書いてきたけれど、会ったこともない人の話を題材にしたのは今回が初めてです」
あるいはこういう機会を待っていたのかもしれない、と木根は言う。それは今から40年以上前。1973年に発表されたアメリカンポップスを10代の半ばで聴いた木根は、明るく跳ねるようなメロディに乗る歌詞の意味を知り、歌が持つ力に衝撃を覚えた。
「ドーンというグループの『幸せの黄色いリボン』という曲でした。刑期を終え出所する男が故郷に手紙を書くんです。もし自分の帰りを待っていてくれるなら、木の幹に黄色いリボンを結んでおいてくれ……。これ、本当にあった話なんですって。確認は取れていませんが、山田洋次監督の『幸福の黄色いハンカチ』という映画のモチーフになったらしいです。でも、映画は2時間くらいあるでしょ。ところがその曲は、わずか3分半でドラマを描き切っていた。歌ってなんてすごいんだろう!胸の中に残っていたそんな感動を、長い時を経て2つの実話がよみがえらせてくれたんです」

この2曲を収録したCDは、それぞれの歌にまつわる場所で撮影された写真や制作秘話を収めたB5版ブックレット仕様になった。しかも販売は、ユニークな書店として知られるヴィレッジヴァンガード限定。木根によれば、仮に100万冊売れてもオリコンチャートには載らないそうだ。
「今回の歌づくりは、より多くの人に聞いてもらう、より多くのお客さんが入る場所でライブをするための曲を書くという、それまでの制作スタイルに逆行する方法ですよね。時代は移り変り、特に3.11以降、そして最近の熊本の地震にしても、誰もが力を合わせて生きることの大事さに目を向けている。そうした共生の時代にあって、伝える側にもこれまでにない責任や使命が帯びてくると思うんです。それについては僕自身も深く考えてきたし、震災以前から歌の伝え方の目標が変化していることに気付いていました」

木根尚登インタビュー Web音遊人

TM NETWORKのデビュー30周年を機に4年がかりで行われたプロジェクトは、全国のアリーナを巡る大掛かりなライブが主体だった。アーティストに起きた変化とはどういうものだろう。
「『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』と『清らかな水の町で』のプロモーションを兼ねて、小さなライブハウスやレストランでライブをしたんですね。そこには、顔の見える一人ひとりに向けて大切に歌う方法があり、そういう場所でこそ伝わる歌があった。それを改めて教えてくれたのがこの2曲です」

そして木根には、自身に刻まれた10代のときの感動を誰かにも体験してほしい希望がある。
「僕が死んでも、例えば40年後とかにでも、たった一曲の主人公のドラマが歌になって広がって、それがみんなの心に残る、そんな曲を作り続けていきたいですね」

■アルバムインフォメーション

木根尚登インタビュー Web音遊人
『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』/『清らかな水の町で』
発売元:ヴィレッジヴァンガード
発売日:2015年11月1日
価格:2,500円(税別)
詳細はこちら

■Web音遊人読者プレゼント

インタビューでご紹介した『ひかり桜(旭丘高校ボート部に捧ぐ)』/『清らかな水の町で』のCDを抽選で5名様にプレゼントいたします。
木根尚登さんの直筆サイン入りです。
応募はこちら
※応募締切:2016年7月10日(日)

 

特集

今月の音遊人:清塚信也さん

今月の音遊人

今月の音遊人:清塚信也さん「音楽はあやふやで不安定な世界。だからこそ、インテリジェンスを感じることもあります」

6391views

音楽ライターの眼

連載4[ジャズ事始め]日本のジャズの夜明け前には小唄をアレンジした軍楽隊の演奏が人気を博していた

801views

楽器探訪 - ステージア「ELC-02」

楽器探訪 Anothertake

持ち運び可能なエレクトーン「ELC-02」、自由な発想でカジュアルに遊ぶ

20243views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

12988views

今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】今、注目の若き才能 ピアニスト實川風が ドラム体験レッスン!

4370views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

6782views

ザ・シンフォニーホール

ホール自慢を聞きましょう

歴史と伝統、風格を受け継ぐクラシック音楽専用ホール/ザ・シンフォニーホール

10782views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

2928views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

15710views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

4443views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

2755views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4589views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6211views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

6941views

ドイツのバリトンの名手、クリスティアン・ゲルハーヘル、馨しきモーツァルトのオペラ・アリアを歌う

音楽ライターの眼

ドイツのバリトンの名手、クリスティアン・ゲルハーヘル、馨しきモーツァルトのオペラ・アリアを歌う

2373views

テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

オトノ仕事人

【サインCDプレゼント】テレビや映画の映像を音楽の力で何倍にも輝かせ、人の心を揺さぶる/劇伴作家の仕事

6720views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

5643views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

スタイリッシュで斬新なデザイン。思わず吹いてみたくなるカジュアル管楽器「Venova(ヴェノーヴァ)」の誕生

4695views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

6927views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

2755views

ピアノの地震対策

楽器のあれこれQ&A

いざという時のために!ピアノの地震対策は大丈夫ですか?

14095views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2258views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

4589views