Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人 木根尚登さん

今月の音遊人:木根尚登さん「やっぱりバンドがやりたい!理想は『あまちゃんスペシャルビッグバンド』」

TM NETWORKやソロ活動を通じ、J-POPの最前線を走り続ける木根尚登さん。音楽的素養の源泉となっているのはバラードだという彼の「音の遊び方」をたずねました。

Q1.これまでの人生の中で、一番多く聴いた曲は何ですか?

1曲に絞るとすれば、エリック・カルメンの『All by Myself』。1975年に発表されたアルバムに収められた美しいバラードです。18歳か19歳の頃に耳にしたと思うんですけど、すでに音楽の虜になっていた当時、いつかこんな曲を書きたいと本気で憧れた曲でした。「木根バラ」と呼んでもらえるようになったバラードを作る原点になったのもこの曲なんですよ。
なぜバラードが好きなのか……。たぶん、根が暗いんでしょう(笑)。誕生日が9月の終わりだからかな。秋から冬へと季節が移り変わっていく「哀愁」っぽい雰囲気が好きなんです。最近はテレビのバラエティ番組にも出るようになり、自分のひょうきんな部分を皆さんに喜んでもらっていますが、こと音楽に関して心が動くのはゆったりとしたマイナー調が多いんです。
TM NETWORK時代の楽曲制作も、僕はフォークバラード中心でした。3人は好みがまるで異なっていて、小室君はディスコ好き、宇都宮君は見たままのロック好き。そして僕がネクラでしょ(笑)。「それでよくやれましたね」と人に言われますが、違う個性が歩み寄ったり弾けたりしたから、面白かったんじゃないかな。ただ、放っておかれれば僕の感性は自然とバラードに向く。それはもう人間的なテイストという他にないですね。

Q2.木根さんにとって「音」や「音楽」とは?

体の健康を維持するためには、食事に気を遣うとか運動をするとか、いろんな方法があるでしょ。けれど目には見えない心の健康を保つには、それこそ目に見える効果的な方法はないじゃないですか。そこを救ってくれるのが音楽です。僕にとっては心も体も育んでくれるもの。この人生になくてはならないものです。
デビュー以降、少しだけ意識が変わりました。もはや自己満足では済まされない。より多くの人に聴いてもらえる音楽をつくらなければならない。つまりプロとしての責任が芽生えたわけです。とは言え、それを果たすための目に見える方法もないんですよね。だから真摯に音楽と向き合う以外にないんだけど、ラジオ番組を始め、ファンの声を直接聴くようになったら、誰にとっても音楽は心の栄養になっていることがよくわかりました。TM NETWORKを聴いて立ち直れたとか、明日も頑張ろうと思えるとか。僕が先輩たちの音楽を聴いて育ったのと同じ環境を、いつの間にか僕らが提供していた。その実感は今なお僕の支えになっています。

今月の音遊人:木根尚登さん

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人をイメージしますか?

バンド、ですね。もちろん独り遊びの音楽も悪くないけれど、本質的には、「せぇの」で音を出すアナログバンドがもっとも音で遊べるんじゃないかと思っているんです。
デビュー以前の僕がリーダーだったバンドでは、メンバーを集めて合宿なんかして、「ここはもっとこんな感じにしよう」とか、あるいは「あいつは練習不足だ。やる気あるのか」とか、時に感情論まで繰り出して、みんなで音づくりをしていました。それがやっぱり楽しかった。という話をすると、やっぱり驚かれるんですよね。TM NETWORKは真逆じゃないかと。しかも今はソロ活動が中心ですからね(笑)。
最近気になったのは、大友良英さんが率いた『あまちゃんスペシャルビッグバンド』。すごく楽しそうでしたよね。メンバーそれぞれ好きな音を即興で出している感じが劇団のようで、これは僕の理想のひとつだと思いました。あの大人数をバックにして歌いたいなあ。いつか必ずやりたいですね。

木根尚登〔きね・なおと〕
音楽家/小説家/音楽プロデューサー。1957年、東京都出身。
1979年、SPEEDWAYのピアニスト・キーボーディストとしてデビュー。その後、1983年に小室哲哉、宇都宮隆とTM NETWORKを結成し、ギタリストに転向する。1989年に『CAROL』で小説家デビューし、その後もさまざまな分野で文才を発揮。現在はソロとしての音楽活動、執筆をメインに、バラエティや舞台などにも活躍の場を広げている。
木根尚登オフィシャルサイト http://www.kinenaoto.com/

 

特集

小野リサさん

今月の音遊人

今月の音遊人:小野リサさん「ブラジルの人たちは、まさに『音で遊ぶ人』だと思います」

7269views

ジャズとロックの関係性

音楽ライターの眼

ジャズ・ギターとビートルズの出逢い~なぜ『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』まで出逢えなかったのか?

1465views

楽器探訪 Anothertake

おしゃれで弾きやすい!新感覚のアコースティックギター「STORIA」

22268views

日ごろからできるピアノのお手入れ

楽器のあれこれQ&A

日ごろからできるピアノのお手入れ

47174views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

7173views

オペラ劇場の音楽スタッフの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

舞台上の小さなボックスから指揮者や歌手に大きな安心を届ける/オペラ劇場の音楽スタッフの仕事(後編)

8382views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

8069views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

5323views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4990views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

4647views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は人前で演奏してこそ、上達していくものなのだろう

4956views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

20000views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目のピアノデュオ鍵盤男子の二人がチェロに挑戦!

4651views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

6354views

音楽ライターの眼

ユニフォームが新作『SHAME(シェイム)』を発表。ノイズ・ロックの破壊衝動の向かう先へ

1185views

オトノ仕事人

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

3003views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:音楽は和!ひとつになったときの達成感がいい

3705views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

ピアノのエレガントなフォルムを大切にしたデザイン

4297views

ホール自慢を聞きましょう

ウィーンの品格と本格派の音楽を堪能できる大阪の極上空間/いずみホール

2555views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

5399views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

17275views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3117views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

16557views