Web音遊人(みゅーじん)

映画「グリーンブック」で感じた“ジャズ”と“クラシック”の高い壁

前回は、ニコライ・カプースチンを軸に冷戦時代のソヴィエト社会主義共和国連邦(ソ連)のジャズ事情に触れながら、ジャズとクラシックの関係性を考えてみた。

冷戦とは、アメリカ合衆国を中心とする資本主義・自由主義陣営(西側)と、ソ連を中心とする共産主義・社会主義陣営(東側)の、武力行使(すなわち戦争)を伴わない国際的な対立構造・緊張状態を指し、その期間は1947年から1989年にまで及んだ。

カプースチンを擁した東側の状況に対して、西側の盟主であったアメリカがジャズを自由に演奏できる環境だったのかといえば、そうでもない。

そのことに想いを馳せるきっかけを作ってくれたのが、映画『グリーンブック』だった。

日本では2019年3月に公開された、アカデミー賞作品賞にも輝いたこの作品は、1962年のアメリカが舞台。

アカデミー賞助演男優賞を受賞したマハーシャラ・アリ演じるドクター・シャーリーことドン・シャーリーは実在のピアニストで、1927年フロリダ生まれ。ジャマイカ系移民であるアフリカ系アメリカ人の両親のもと、2歳からピアノを習い始めたというから、裕福な家庭で育ったことが想像できる。

18歳でボストン・ポップス・オーケストラと共演してチャイコフスキーの「ピアノ協奏曲第1番」を演奏するなど、クラシック・ピアニストとして脚光を浴びるようになったが、アフリカ系の演奏者に与えられる演奏機会の少なさに嫌気がさして活動を中断し、心理学を学ぶためにシカゴ大学へ入学してしまう。

1954年、再びピアニストの道へと戻った彼は、クラシックをベースにした実験的なジャズを展開するようになり、1955年にはカーネギー・ホールでデューク・エリントン作曲のピアノ協奏曲「ナイト・クリエイチャー」(初演)を弾いている。

「ナイト・クリエイチャー」は、エリントンが作曲家で指揮者のドン・ギルズから依頼され、シンフォニー・オブ・ジ・エア(NBC交響楽団の後継楽団)のために作ったもの。『ザ・シンフォニック・エリントン』に収録されている音源(第1・第2楽章はストックホルム交響楽団、第3楽章はパリ交響楽団との共演で、ピアノはエリントン自身、録音は1963年)を聴くと、エリントン楽団のサウンドをそのままシンフォニックにスライドさせたような“ジャズ味”に溢れた仕上がりだった。

つまり、1955年にこの曲を弾くことを求められたドン・シャーリーも、彼のクラシック的な素養というよりは、譜面を読むことが堪能でジャズ的な表現力にも秀でていることが評価されての起用だったことがうかがえる。

ただ、ドン・シャーリーのほかの音源を聴くと、サロン・ミュージックを彷彿とさせる軽みのある演奏が多く、エリントン楽団のようなジャズ・ミュージシャンとがっつり組み合う方向には進んでいないのが惜しまれる。

もし彼がそのような方向に進んでいれば、ガンサー・シュラーが1957年に提唱した“サード・ストリーム”に先んじてクラシックをジャズに調和させ、クリード・テイラーがCTIレーベルを立ち上げるよりもひと時代早くクロスオーヴァーな風をジャズ・シーンに巻き起こしていたのではないだろうか。

冒頭で“アメリカがジャズを自由に演奏できる環境だったのかといえば、そうでもない”と書いたのは、そうしたドン・シャーリーの方向性や可能性を受け入れるような環境が決して整っていたとは言えず、そのことを改めて映画『グリーンブック』を観ていて感じたからなのです。

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

山下洋輔さん

今月の音遊人

今月の音遊人:山下洋輔さん「演奏は“PLAY”ですから、真剣に“遊び”ます」

2483views

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

音楽ライターの眼

『しーそー』というアルバムに隠れていた“デュオの変化”というヒント

814views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

6699views

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

楽器のあれこれQ&A

バイオリンを始める時に知っておきたいこと

3553views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

4238views

ホールのクラシック公演を企画して地域の文化に貢献する/音楽学芸員の仕事

オトノ仕事人

アーティストとお客様とをマッチングさせ、コンサートという形で幸福な時間を演出する/音楽学芸員の仕事

5458views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

5258views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

901views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

2840views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

2602views

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい 山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

『チュニジアの夜』は相当に難しいが、次回のレッスンが待ち遠しい

1700views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10944views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

4624views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

4642views

ヴァイオリンの街―クレモナの魅力

音楽ライターの眼

ヴァイオリンの街―クレモナの魅力

1659views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

弦楽器の“健康診断”から“治療”、健康アドバイスまで/弦楽器の調整や修理をする職人(前編)

9202views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

2080views

大人のピアニカ

楽器探訪 Anothertake

37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

11726views

アクトシティ浜松 中ホール

ホール自慢を聞きましょう

生活の中に音楽がある町、浜松市民の音楽拠点となる音楽ホール/アクトシティ浜松 中ホール

5375views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

1408views

サクソフォンの選び方と扱い方について

楽器のあれこれQ&A

これからはじめる方必見!サクソフォンの選び方と扱い方について

11856views

こどもと楽しむMusicナビ

“アートなイキモノ”に触れるオーケストラ・コンサート&ワークショップ/子どもたちと芸術家の出あう街

1206views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

10944views