ベルリン・フィル内に室内合奏団を生んだ、シューベルトの《八重奏曲》を聴く

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
ベルリン・フィル内に室内合奏団を生んだ、シューベルトの《八重奏曲》を聴く
音楽ライターの眼
ベルリン・フィル内に室内合奏団を生んだ、シューベルトの《八重奏曲》を聴く

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団が2017年11月、2週間を超えるアジアツアーを行った。香港、広州、武漢、上海と中国各地をめぐり、韓国のソウルを経て日本へ。そんな忙しいスケジュールの合間を縫って22日、各パートのトップ奏者が東京に集結、銀座のヤマハホールで特別編成の室内楽演奏会を催した。プログラムに並ぶのはブラームスの《ホルン三重奏曲変ホ長調》作品40、モーツァルトの《クラリネット五重奏曲イ長調》K581、シューベルトの《八重奏曲ヘ長調》D803の3曲。演目が進むごとに3、5、8とパート数が増えていく趣向だ。

3曲のうち、《ホルン三重奏曲》にだけピアノが入る。オズガー・アイディンの鍵盤さばきは堂に入ったもので、音楽づくりの点で上声部のホルンやヴァイオリンを凌駕する。たとえば終楽章。舞曲「ジグ」のリズム、つまり長短(タータ)やその展開である短長(タター)などが曲の推進力を作り出す。ホルンとヴァイオリンはその“彫り”が浅く、作品を前に進める力にどこか物足りなさを感じさせる。それを補ったのがピアノだ。拍の長さの正確さだけでなく、リズムごとに“子音”や“声色”を変えることで、単調な繰り返しを避ける。そうすることで、めまぐるしく表情を変えながらも、前にしっかりと踏み出していくこの楽章の情緒を、あますところなく表現した。

ベルリン・フィル内に室内合奏団を生んだ、シューベルトの《八重奏曲》を聴く

モーツァルトの《五重奏曲》ではクラリネット奏者ヴェンツェル・フックスの繊細な息づかいが光った。第1楽章には音階を上下に行ったり来たりする楽句や、五線を縫うようにジグザグに下行する音型がたくさん登場する。フックスはそれを、ただレガートで吹くのではなく、小さな“句読点”を細かく打っていくことで、上手な俳優がセリフを話すかのような“滑舌の良さ”を表現した。第2楽章では弱音器の付いた弦楽器の音色に合わせて、くぐもった響きをクラリネットに持たせる。こうしたクラリネットの高度な演奏に、弦楽器陣がついていけていない部分も目立った。とくに第3楽章では、管楽器と弦楽器との間のテンポ感覚の違いが露わになり、居心地の悪い瞬間も。

ベルリン・フィル内に室内合奏団を生んだ、シューベルトの《八重奏曲》を聴く

先行する2曲に比べ、シューベルトの《八重奏曲》ではアンサンブルの精度が整った。ベルリン・フィルで室内楽を志すメンバーにとって、この《八重奏曲》はとても大切な作品だ。約80年前、ベルリン・フィル内に初めて室内合奏団ができたのは、この曲を演奏するためだった。第1楽章では、冒頭から楽章全体を支配するリズム「短長(タター)」の捉え方を全員で共有するので、推進力が削がれないのはもちろんのこと、パート間のメロディーの受け渡しなどもスムーズだ。音楽に向ける意識を共有することで、楽器の個性の違いは浮き彫りになる。アンサンブルの統制と各楽器の個性の発揮とが両輪となって、作品世界を描き出した。

ベルリン・フィル内に室内合奏団を生んだ、シューベルトの《八重奏曲》を聴く

さまざまな楽器がその得意分野を生かし、それぞれに活躍する。そんなオーケストラの基本は、室内楽の基本でもあり、そもそも音楽の基本であることを、“ベルリナー”たちが気づかせてくれた。

澤谷夏樹〔さわたに・なつき〕
慶應義塾大学大学院文学研究科哲学専攻修士課程修了。2003年より音楽評論活動を開始。2007年度柴田南雄音楽評論賞奨励賞受賞。2011年度柴田南雄音楽評論賞本賞受賞。著書に『バッハ大解剖!』(監修・著)、『バッハおもしろ雑学事典』(共著)、『「バッハの素顔」展』(共著)。日本音楽学会会員、 国際ジャーナリスト連盟(IFJ)会員。

 

ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook
Web音遊人の更新情報などをお知らせします。ぜひ「いいね!」をお願いします!
ヤマハ 音遊人(みゅーじん)Facebook

文/ 澤谷夏樹
photo/ cAyumi Kakamu