Web音遊人(みゅーじん)

今月の音遊人:城田優さん「音や音楽は生活の一部。悲しいときにはマイナーコードの音楽が、楽しいときにはハッピーなビートが頭のなかに流れる」

舞台や映画、ドラマにナレーション、そして音楽活動など幅広い分野で活躍する城田優さん。その圧倒的な歌唱力と演技で、近年はミュージカル俳優としての確固たる地位も確立しています。そんな彼にとっての音楽とは?音で遊んでいる日常の様子もうかがいました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

うーん、難しいなあ。15歳のとき初めて聴いた洋楽はバックストリート・ボーイズでアルバム『ミレニアム』は何度も聴きましたし、学生時代に失恋したときはコブクロの『miss you』を聴いたりしていましたが、特定のアーティストや特定の曲をずっと聴くということはあまりないんです。
10代のころよく聴いていたのはJ-POP。でも、高校を卒業したぐらいからCDを買ったりレンタルショップに行ったりしなくなりましたね。
今も基本的には、アメリカやスペインのトップランキング曲をランダムに流している感じです。車や家、移動中に音楽を流していることは多いんですが、アーティストの名前が全然覚えられない。何回も聴いていて口ずさめるけど名前は何だっけ?みたいな。
だから、カラオケに行っても最新のレパートリーが少ないんです。小中高校時代に聴いていた曲をずっと今でも歌い続けている感じですね。よく歌うのは、自分のJ-POPカバーアルバム『Mariage』にも収録しているnavy&ivoryの『指輪』。隠れた名曲がある!とみんなに伝えたくて歌っています。

Q2.城田さんにとって「音」や「音楽」とは?

エンターテインメントでは無音映画以外、音が使われていないものはたぶんないですよね。ミュージカルはもちろんですが、ストレートプレイでも音や音楽はけっこう使われます。音や歌はエンターテインメントをさらに深くし、可能性を掛け算で増幅させるものだと思っています。
そして、自分にとってはとても好きで時々嫌いになる存在。芝居をしたり音楽を奏でたり歌ったりすることは仕事である以上責任を伴うし、ストレスにもなります。うまくいったときはやった!と思うけれど、失敗してしまったらすごく落ち込んで嫌いになったりもしますしね。
好き嫌いが隣り合わせに共存している感じですが、でも音や音楽はやはり必要不可欠であり、生活の一部。悲しいときにはマイナーコードの音楽が頭のなかに流れたり浮かんだりするし、楽しいとハッピーなビートが頭に浮かんだりするし。趣味でもあり、仕事でもあるという感覚です。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

僕です!家で曲をつくっているのですが、トラックでいうと100以上あります。“降ってくる”というワードが一番しっくりくるんですけれど、おそらく脳が無意識に得てきた情報が時間差で降りてくるのでしょう。急に頭に浮かんでくることがあって。そこから派生したものにメロディーをつけて歌詞をつけて満足するという感じですね。
でもこの曲は、表にはまったく出ていないし、出すつもりもありません。だって、ただの遊びですから(笑)。未完成なものや音だけのものも山ほどありますが、基本的にはボツという概念もありません。
作曲はひとりですることもあれば、友だちとつくることもあります。自分でいうのもおこがましいのですが、僕はメロディーをつくるのは得意だけれど、トラックに関してはセンスがない。だから音楽プロデューサーでトラックメーカーのUTAくんとよく一緒につくるのですが、彼とやっているときはめちゃめちゃ楽しいです!誰のために……というわけではない曲がiPhoneにもたくさん入っています。

城田優〔しろた・ゆう〕
2003年に俳優デビューし、映像、舞台、アーティストと幅広いジャンルで活躍。アーティストとして、2020年12月にカバーアルバム『Mariage』を発表。舞台では2010年にミュージカル『エリザベート』に出演し最年少でトート役を演じ、第65回文化庁芸術祭「演劇部門」新人賞を受賞。その後も数々のアワードを受賞した。2022年2月より上演のミュージカル『カーテンズ』では演出・主演を務める。2022年秋上演のミュージカル『キンキーブーツ』ではローラ役が決定。現在、NHK連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』では語り手を務めているほか、出演映画『コンフィデンスマンJP 英雄編』が全国東宝系で公開中。
オフィシャルサイト

photo/ 坂本ようこ

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

今月の音遊人 大貫妙子さん

今月の音遊人

今月の音遊人:大貫妙子さん「言葉で説明できないことのなかに本当に素晴らしいものがいっぱいある。それが音楽ですよね」

15099views

音楽ライターの眼

連載11[多様性とジャズ]1980年代におけるモダンジャズの“復権”が意味しているものとは?

1077views

CLP-600シリーズ

楽器探訪 Anothertake

強弱も連打も思いのままに、グランドピアノに迫る弾き心地の電子ピアノ クラビノーバ「CLP-600シリーズ」

43175views

楽器のあれこれQ&A

ピアノ講師がアドバイス!練習の悩みを解決して、上達しよう

3279views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

12645views

アカネキカク akaneさん

オトノ仕事人

楽曲のイメージをもとに、ダンスの振りを考え、演出をする/振付師の仕事

1440views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

6609views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

5425views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

世界に一台しかない貴重なピアノを所蔵「武蔵野音楽大学楽器博物館」

20898views

武豊吹奏楽団

われら音遊人

われら音遊人: 地域の人たちの喜ぶ顔を見るために苦しいときも前に進み続ける

1128views

サクソフォン、そろそろ「テイク・ファイブ」に挑戦しようか、なんて思ってはいるのですが

パイドパイパー・ダイアリー

サクソフォンをはじめて10年、目標の「テイク・ファイブ」は近いか、遠いのか……。

7403views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

8801views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4078views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9194views

モーターヘッド

音楽ライターの眼

1983年の爆走ロックンロール。モーターヘッド『アナザー・パーフェクト・デイ』40周年記念盤がリリース

521views

オトノ仕事人

音楽をやりたい子どもたちの力になりたい/地域音楽コーディネーターの仕事

7669views

われら音遊人ー021Hアンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:元クラスメイトだけで結成。あのころも今も、同じ思いを共有!

4543views

楽器探訪 Anothertake

人気トランペッターのエリック・ミヤシロがヤマハとタッグを組んだ、トランペットのシグネチャーモデル「YTR-8330EM」

3475views

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、新時代へ発信する刺激的なコンテンツを/東京芸術劇場 コンサートホール

ホール自慢を聞きましょう

音の粒までクリアに聴こえる音響空間で、刺激的なコンテンツを発信/東京芸術劇場 コンサートホール

11362views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

音楽知識ゼロ&50代半ばからスタートしたサクソフォンのレッスン

7257views

楽器のあれこれQ&A

いつも清潔にしておきたい!ピアニカのお手入れ、お掃除方法

241631views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

4687views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

8801views