Web音遊人(みゅーじん)

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10x10』が遂に発売

ロニー・モントローズの最後のアルバム『10X10』が遂に発売

アメリカン・ハード・ロックのギター・ヒーロー、ロニー・モントローズの遺作『10X10』が2017年11月22日に発売される。

1947年、サンフランシスコに生まれたロニーはギターを習得、ヴァン・モリスンやボズ・スキャッグス、エドガー・ウィンター・グループなどとのセッションを経て1973年に自ら率いるバンド、モントローズを結成する。同年のデビュー・アルバム『ハード☆ショック!』は「ロック・ザ・ネイション」「バッド・モーター・スクーター」「スペイス・ステイション#5」「ロック・キャンディ」など名曲揃いの、アメリカのハード・ロック界に多大な影響を与えた傑作だった。

例を挙げると、レコード・デビュー前のヴァン・ヘイレンはモントローズの「メイク・イット・ラスト」をライヴでカヴァーしていたし、サミー・ヘイガーをバンドに迎え入れたのも、彼が元モントローズのメンバーだったからだといわれる。

アイアン・メイデンも「スペイス・ステイション#5」をカヴァーするなど、ロニーは数多くのミュージシャンからリスペクトされてきた。

ロニーはモントローズ、そしてソロ・キャリア、ガンマなどで活動してきた。1980年代に入ると第一線をMTV向きのグラム・メタルや超絶テクニカル・ギタリストに譲りながらも、彼はマイペースでライヴとアルバム発表を続けている。だが21世紀に入って前立腺ガンを患い、鬱状態になった彼は2012年3月3日、銃で自らの命を絶ったのだった。

アコースティック・ソロ・インストゥルメンタル・アルバム『Bearings』(1999年)とガンマ名義の『Gamma 4』(2000年)以降、新作スタジオ・アルバムを発表してこなかったロニーだが、実は亡くなる10年前から意欲的なプロジェクト・アルバムを企画していた。それが“10人のゲスト・シンガーと全10曲をレコーディングする”という『10X10』だった。

Mr.BIGのエリック・マーティンは筆者(山崎)とのインタビューで、こう語っている。

「10年ぐらい前、ロニーから突然電話があったんだ。まさか自分を誘ってくれるとは思わなかったから、“誰の電話番号を知りたいの?”と訊いた。“いや、君に歌って欲しいんだよ!”と言われて耳を疑ったよ(笑)」

ちなみにロニーは電話魔で、一時期毎週のようにエリックに電話をしてきては3時間ぐらい話し込んでいたそうだ。

アルバムで歌っているのはエリックに加えてサミー・ヘイガー、エドガー・ウィンター、デイヴィ・パティソン(ガンマ)というロニーと縁の深いシンガー。そしてトミー・ショウ(スティクス)、マーク・ファーナー(グランド・ファンク・レイルロード)、グレン・ヒューズ(ディープ・パープル)、ジョー・ボナマッサなどだ。

さらにギターでデイヴ・メニケッティ(Y&T)、フィル・コリン(デフ・レパード)、スティーヴ・ルカサー(ギター)、ブラッド・ウィットフォード(エアロスミス)、キーボードでグレッグ・ローリー(ジャーニー)などがゲスト参加、オールスター・アルバムに仕上げている。

アルバムのベーシック・トラックで演奏したのはリッキー・フィリップス(ベース/ベイビーズ、スティクス他)とエリック・シンガー(ドラムス/KISS、ブラック・サバス他)だ。ロニーの死後、リッキーが遺族の協力を得て、5年の歳月をかけて遂に完成をみることになった。サミー・ヘイガーは真っ先に、旧友のラスト・アルバムを実現させることへの合意を表明したという。

これだけの豪華ゲストを迎えながらも“主役”はあくまでロニーのギターとミュージシャンシップであり、入魂の純正アメリカン・ハード・ロックが全編貫かれている。ガツンと食らわすギター・リフの「ヘヴィ・トラフィック」から、生前の彼と友人だったロビン・トロワーへのトリビュートといえる「アイム・ノット・ライイング」まで、『10X10』は単なる生前の音源の寄せ集めではなく、高い完成度とエネルギーを誇る1枚のアルバムだ。

ロニーは去ってしまったが、彼の生んだ音楽は我々の心の中で鳴り響き続ける。『10X10』は彼がロック史に遺した確固たる足跡を、彼の盟友たちと共に祝福するセレブレーションだ。

■アルバムインフォメーション

『10X10』
10X10
発売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2017年11月22日
料金:2,400円(税抜)
詳細はこちら

山崎智之〔やまざき・ともゆき〕
1970年、東京生まれの音楽ライター。ベルギー、オランダ、チェコスロバキア(当時)、イギリスで育つ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、一般企業勤務を経て、1994年に音楽ライターに。ミュージシャンを中心に850以上のインタビューを行い、雑誌や書籍、CDライナーノーツなどで執筆活動を行う。『ロックで学ぶ世界史』『ダークサイド・オブ・ロック』『激重轟音メタル・ディスク・ガイド』『ロック・ムービー・クロニクル』などを総監修・執筆。実用英検第1級、TOEIC 945点取得
ブログインタビューリスト

 

特集

岩崎宏美さん

今月の音遊人

今月の音遊人:岩崎宏美さん「中学生のころ、マイケル・ジャクソンと結婚したいと思っていたんですよ」

4287views

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

音楽ライターの眼

【ライヴ・レビュー】ブライアン・セッツァー・オーケストラ/2018年1月31日・東京ドームシティホール

1995views

大人のピアニカ

楽器探訪 Anothertake

37鍵ピアニカに30年ぶりの新モデルが登場!メロウな音色×おしゃれなデザインの「大人のピアニカ」

12237views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

16122views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

5203views

オトノ仕事人

プラスマイナス0.05ヘルツまで調整する熟練の技/音叉を作る仕事

1566views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1324views

東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

こどもと楽しむMusicナビ

子ども向けだからといって音楽に妥協は一切しません!/東京交響楽団&サントリーホール「こども定期演奏会」

2912views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

歴史的価値の高い鍵盤楽器が並ぶ「民音音楽博物館」

13693views

スイング・ビーズ・ジャズ・オーケストラのメンバー

われら音遊人

われら音遊人:震災の年に結成したビッグバンド、ボランティア演奏もおまかせあれ!

925views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

2191views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11991views

世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】世界各地で活躍するギタリスト朴葵姫がフルートのレッスンを体験!

2791views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

11161views

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

音楽ライターの眼

ジョン・コルトレーン編 vol.7|なぜジャズには“踏み絵”が必要だったのか?

2613views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

歌うときは、体全部が楽器となるように/ボイストレーナーの仕事(前編)

9338views

AOSABA

われら音遊人

われら音遊人:大所帯で人も音も自由、そこが面白い!

5584views

楽器探訪 Anothertake

改めて考える エレクトーンってどんな楽器?

67338views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

8732views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

1922views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

4821views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

1321views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11991views