Web音遊人(みゅーじん)

音座銀座

人はなぜ北に思いを馳せるのか?なぜリンゴなのか?「北から読み解く流行歌」

俳優の佐野史郎がホストとなって「大人の音楽の愉しみ方」を発見する人気のトークショー『音座銀座(On The Gin Za)』。
第11回のテーマは「北から読み解く流行歌」。いよいよ流行歌の世界に分け入ることに。佐野さんの幅広い音楽知識を、強力にバックアップしてくれたのは、福島県立博物館館長であり、『北のはやり歌』の著者でもある赤坂憲雄さん。長年にわたり東北学を専門としてきた赤坂さんの静かな語り口で、今回の「音座銀座」がスタートした。

「これまで日本の音楽シーンのルーツを探るときに、ハワイアン、ラテンと南方志向が強かったのですが、そろそろ北にも目を向けてみたくなった」と佐野さんが最初にかけたのは、美空ひばりの『リンゴ追分』。そして、戦後初のヒット曲となった並木路子の『リンゴの唄』と続いた。戦後になってジャズなどいろいろな音楽が入ってくる中で、なぜかヒットした歌謡曲に「リンゴ」というキーワードが目立つ。それはなぜなのか?

「ミカンとか、スイカではないんです。多くの人の共感を得たのは、リンゴの産地が信州、青森など北だったからなのでは?」と赤坂さん。北への郷愁、戦後の高度経済成長を支えた東北からの集団就職……、戦後にタイムスリップしながら、思いは徐々に北へと進んでいく。ここで赤坂さんの興味深い北方論が展開される。
「失恋して南に行く人は少ないと思うんです。南に行くとすぐ次の恋が生まれてしまいそうですよね。とことん落ち込んでいくためには、北なんです」。落ち込んでそこから這い上がってくる癒し方が、北にはあるという。

それにしても『リンゴの唄』はとことん明るいが、戦後もある意味明るかったそうだ。窮屈な時代が終わり、何もない焼け野原で、さあこれから!という開放感があったからという。一方、同じ復興でも東日本大震災の後、避難所で歌われた『リンゴの歌』や『上を向いて歩こう』には、違和感を覚えた人も少なからずいたそうだ。次々と曲をかける間もなく、静かに深い話に没入していくのは、「北」がテーマだからなのか。

音座銀座

そして時は進んで、ザ・フォーク・クルセダーズの『戦争は知らない』、カルメン・マキの『時には母のない子のように』、日吉ミミの『ひとの一生かくれんぼ』をピックアップ。もう一つの北の視点が登場する。それは作詞の寺山修司。「この時期に寺山さんはたくさん歌を作っているんです。どの歌にも青森生まれの寺山さんの影がある」と赤坂さん。

一方、佐野さんは、「はっぴいえんどが、本物の日本語のロックを作ろうというときに、まず岩手出身の大瀧詠一と共に、東京、麻布界隈に育ったの松本隆と細野晴臣の3人で東北旅行をしたというのも象徴的だし、代表曲のひとつ『抱きしめたい』も東北の演奏ツアー中に生まれた」という逸話を披露。さらに北に進んで太田裕美の『さらばシベリア鉄道』も登場。ロシアである。北論議はますます拡大し、小林旭の『北帰行』、石川さゆりの『津軽海峡・冬景色』へ行ったかと思うと、吉幾三の『俺ら東京さ行ぐだ』と、奥行きも幅も膨張してとどまることがない。最後は佐野さんが尊敬してやまない高倉健の『網走番外地』で終演となった。

人はなぜ北に思いを馳せるのか?長く厳しい冬を耐えることで、春の再生があるように、「北のはやり歌」は、哀愁に浸ることで、自己の内面への旅を誘ってくれる癒し歌なのかもしれない。「港」「海峡」「望郷」などのキーワードに込められた意味を探りながら、北への思いに浸りきることができた秋の夜話だった。

さて次回は2017年1月25日(水)、スチールギターの名手でもある高田漣さんをお招きしてのスペシャル版です。様々な音楽の源流でありながら、様々な音楽の影響を受け、多様な広がりを見せるカントリー&ウエスタンの世界を背景にアコースティックギターの魅力について、深く、熱く語っていただく予定です。みなさま、乞うご期待!

■第11回 音座銀座「佐野史郎vs赤坂憲雄 北から読み解く流行歌」曲リスト

トークショーの中で紹介された曲の一覧表です。こちらのPDFファイルをご覧ください。

■第12回 音座銀座スペシャル 佐野史郎vs高田漣「カントリー&ウエスタンを巡るアコースティックギターの世界」

日時:2017年1月25日(水)開場18:30/開演19:00
場所:ヤマハ銀座スタジオ(東京都中央区銀座7-9-14 B2F)
出演:ホスト・佐野史郎 ゲスト・高田漣
料金:2,500円(税込)
定員:112名・自由席
イベントの詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

3815views

音楽ライターの眼

人類がなぜギターという楽器を愛してきたのか、その理由を垣間見た/Acoustic Guitar Festival LIVE -Yamaha Acoustic Mind 2020 Ginza Special Vol.2-

1096views

v

楽器探訪 Anothertake

弾く人にとっての理想の音を徹底的に追究したサイレントバイオリン™

3203views

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!トランペットをうまく鳴らすコツと練習方法

17887views

おとなの楽器練習記 レ・フレール

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ピアノデュオ『レ・フレール』がトロンボーンに挑戦!

6515views

仁宮裕さん

オトノ仕事人

アーティストの音楽観を映像で表現するミュージックビデオを作る/映像作家の仕事

7207views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

10800views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

3697views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

5057views

われら音遊人:「非日常」の充実感が 活動の原動力!

われら音遊人

われら音遊人:「非日常」の充実感が活動の原動力!

4666views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2980views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14852views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

4803views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

16925views

音楽ライターの眼

ルイ・クープランの魅惑的なチェンバロ音楽を自然体で表現するクリストフ・ルセの妙技

1310views

重田克美

オトノ仕事人

スポーツやイベントの会場で、選手やお客様のためにいい音環境を作る/音響エンジニアの仕事

3830views

われら音遊人 リコーダー・アンサンブル

われら音遊人

われら音遊人:お茶を楽しむ主婦仲間が 音楽を愛するリコーダー仲間に

4093views

豊かで自然な音と響きを再現するサイレントバイオリン「YSV104」

楽器探訪 Anothertake

アコースティックの豊かで自然な音色に極限まで迫る、サイレントバイオリン™「YSV104」

6426views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

2726views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2981views

楽器のメンテナンス

楽器のあれこれQ&A

大切に長く使うために、屋外で楽器を使うときに気をつけることは?

24077views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2562views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17594views