Web音遊人(みゅーじん)

「学習」から最も遠い場所にいると思っていたジャズがAIに向いていた?

前回は、「NEURAL JAZZ SESSIONS~AI×人間による実験的なジャズセッション~」というイベントを取り上げ、AI(人工知能)がジャズを演奏する時代が到来していることをお伝えした。
その演奏レヴェルについては、残念ながら「イマイチの感が否めない」と洩らしてしまったのだけれど、実はすでに「イマイチではない」と感じているAIジャズが世の中に出回っていた。
それは、CJ Carr氏とZack Zukowski氏が開発したAI「Dadabots」によって24時間ノンストップで自動生成され続けるフリージャズの演奏。

CJ Carr氏とZack Zukowski氏はバークリー音楽大学で出会い、学習アーキテクチャのひとつである再帰型ニューラルネットワーク(RNN)を使った人工知能「SampleRNN」を改良、「Dadabots」を開発し、YouTubeでライヴ配信を始めた(第1弾はデスメタルだった!)。
その第2弾として2019年6月に登場したのが、「OUTERHELIOS」と名付けられたフリージャズのAI演奏なのだ。
「Dadabots」の仕組みは、対象となる音楽サブ・ジャンルの音源をAIが学習することで、ランダムな演奏を「そのサブ・ジャンルの音楽に聞こえるように」調節するというもの。

“アンドロイド・コルトレーン”の誕生

「Dadabots」が「OUTERHELIOS」としての演奏を習得するために選んだ“テキスト”は、ジョン・コルトレーンの『Interstellar Space』だった。
この作品は1967年2月22日にレコーディングされたもので、全編がドラムスのラシッド・アリとのデュオという異色作。その半年後に亡くなるジョン・コルトレーンが、最後にスタジオで記録した音源でもある。

このアルバムを16回聴いただけで(というか、AIだから「反復しただけで」と表現すべきかな)、「OUTERHELIOS」はエンドレスにYouTubeでその演奏を披露し続けることになった(が、残念ながら8月末時点で配信中断)。
幸いボクは、配信が中断する前にしばらく聴き続けることができたのだけれど、その印象は「こんなフリージャズを演奏している人、いるよね?」だったのだ。

「OUTERHELIOS」の勝因は、まず、サックスとドラムスという構成要素の少ない音源を選んだこと。
そして、後期コルトレーンのサウンドのなかでもエモーショナルと評される“音が詰め込まれて混じり合った”ものではなく、スペイシーと評される文字どおりスペースの多いサウンドに準拠しようとしたことが挙げられるだろうか。

この選択はかなり“人為的”だと思うのだが、こうした成功事例を積み重ねることで、サブ・ジャンルの策定はもちろん、学習対象となるリアルなアルバムの選定もAIが担当するようになるはずだ。いや、むしろ、膨大なデータから適正なパターンを検索する能力は、人間よりAIのほうがはるかに優れているだろう。

もうひとつ興味深いというか、そちらのほうが本題なのだけれど、フリージャズのAI演奏が成功した(あるいは成功したように感じられる)のはなぜなのか──。
次回はそこを掘り下げてみたい。

「AIが拓くジャズの未来」全編 >

富澤えいち〔とみざわ・えいち〕
ジャズ評論家。1960年東京生まれ。学生時代に専門誌「ジャズライフ」などでライター活動を開始、ミュージシャンのインタビューやライヴ取材に明け暮れる生活を続ける。2004年に著書『ジャズを読む事典』(NHK出版生活人新書)を上梓。カルチャーセンターのジャズ講座やCSラジオのパーソナリティーを担当するほか、テレビやラジオへの出演など活字以外にも活動の場を広げる。専門誌以外にもファッション誌や一般情報誌のジャズ企画で構成や執筆を担当するなど、トレンドとしてのジャズの紹介や分析にも数多く関わる。『井上陽水FILE FROM 1969』(TOKYO FM出版)収録の2003年のインタビュー記事のように取材対象の間口も広い。2012年からYahoo!ニュース個人のオーサーとして記事を提供中。
富澤えいちのジャズブログ富澤えいちのジャズ・ブログ道場Facebook

 

特集

小野リサさん

今月の音遊人

今月の音遊人:小野リサさん「ブラジルの人たちは、まさに『音で遊ぶ人』だと思います」

6473views

音楽ライターの眼

ベートーヴェンの苦闘からシューマンの夢幻へ。仲道郁代 スペシャル・コンサート~フォルクハルト・シュトイデ(バイオリン)を迎えて~

1310views

Venova(ヴェノーヴァ)

楽器探訪 Anothertake

やさしい指使いと豊かな音色を両立させた、「分岐管」と「蛇行管」

1views

乾燥が気になる季節、暖房を入れた室内でのピアノの注意点や対策

楽器のあれこれQ&A

ピアノを最適な状態に保つには?暖房を入れた室内での注意点や対策

33381views

大人の楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:クラシック・サクソフォン界の若き偉才、上野耕平がチェロの体験レッスンに挑戦

6898views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

5622views

札幌コンサートホールKitara - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

あたたかみのあるデザインと音響を両立した、北海道を代表する音楽の殿堂/札幌コンサートホールKitara 大ホール

11634views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2424views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

7868views

われら音遊人

われら音遊人:ママ友同士で結成し、はや30年!音楽の楽しさをわかちあう

2063views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

2892views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

17115views

ホルンの精鋭、福川伸陽が アコースティックギターの 体験レッスンに挑戦! Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ホルンの精鋭、福川伸陽がアコースティックギターの体験レッスンに挑戦!

5597views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

4912views

マリア・エステル・グスマン

音楽ライターの眼

ギター界の女王、マリア・エステル・グスマンが待望のスペイン作品を録音

4637views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

5622views

われら音遊人

われら音遊人:オリジナルは30曲以上 大人に向けて奏でるフォークロックバンド

964views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

5972views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

13338views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

4332views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

52633views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

3087views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

14426views