Web音遊人(みゅーじん)

Recording Custom - Web音遊人

世界的ドラマー スティーブ・ガッド氏の協力を得てついに誕生!ドラムセット「レコーディング・カスタム」新モデル

ヤマハシステムドラムスの原点ともいえる「Recording Custom(レコーディング・カスタム)」に新生モデルが誕生し、話題となっている。長年、多くのドラマーに愛され、さまざまなジャンルのレコーディングで活躍してきたレコーディング・カスタム。その音色は、アーティストの音楽を通じて私たちの耳にも届いている。
今回、誕生したレコーディング・カスタムは、世界のトップドラマー、スティーブ・ガッド氏の協力を得て設計・開発されたもの。その進化のポイントをレポートしよう。

まず目を引くのが、ドラムとしては斬新なカラー、サーフグリーンの強いインパクト。淡いグリーンがとても爽やかで女性ドラマーからの人気も高まりそうだ。バスドラムのフープにコンビネーションされた木のぬくもりあふれるリアルウッドカラーがどこかレトロな雰囲気を醸し出し、個性的な魅力を放っている。
カラーはサーフグリーンの他、木材本来の色を活かした伝統色のリアルウッド、光沢感のある鏡面仕上げのソリッドブラックとクラシックウォルナットの全4色をラインナップ。ドラマーそれぞれのこだわりと好みによって選ぶことができる。

Recording Custom - Web音遊人

サウンド面での進化の筆頭はタムタムとフロアタム。中低域の音を豊かに響かせる北米産バーチ6プライ(枚)6mmの薄いシェル(胴)に、30°という鋭角なベアリングエッジを採用。シェルとヘッド(革)の接地面を小さくすることで、よりレスポンスが高まり、アタック感と芯のあるパワフルな音を生み出している。
レコーディング・カスタムではこれまでも、リム(枠)とヘッドを固定し、ヘッドのテンション(張り具合)を調節するパーツであるラグにハイテンションラグ(打面両側が一体となっているタイプ)を採用してきたが、新生モデルではそのデザインを一新。ラグの重量を増すことで、不要な倍音をカットし、より切れ味とまとまりのあるサウンドを実現した。

Recording Custom - Web音遊人

(写真左)30°の鋭角なベアリング形状(写真右)ハイテンションラグのデザインを一新、重量を増し不要な倍音をカット

薄いシェルと鋭角なベアリングエッジで胴を豊かに鳴らし、それをハイテンションラグで抑えるという設計により、音量や音質のレンジを広げ、チューニングもしやすくなった。音の作りやすさ、マイク乗りの良さで、レコーディングはもちろん、ライブでもその実力を発揮し、多くのアーティストとファンを魅了している。
新生レコーディング・カスタムは、まさに現代の音楽、現代のレコーディング環境に最適なモデルへと進化をとげたと言えるだろう。

こうした開発の過程で大きな力となったのが、1970年代からレコーディング・カスタムを愛用するスティーブ・ガッド氏。「よりレスポンスの良いドラムを」というコンセプトのもと、さまざまな部分において氏が詳細にサウンドをチェック、貴重な声を反映させることでこのサウンドが生み出された。
また、氏の要望で採用されたという20インチバスドラムのフローティングシステムもユニークだ。20インチの演奏時に、フットペダルのビーターを打面中心に当てられるようバスドラムをリフトアップするもので、現代の演奏環境にマッチした発想として好評を得ている。

Recording Custom - Web音遊人

(写真左)スティーブ・ガッド氏(写真右)バスドラムをリフトアップすることにより、フットペダルのビーターを打面中心に当てることができる

さらに、レコーディング・カスタムのサウンドにマッチするメタルシェルスネアドラムも同時発売。ステンレス、ブラス、アルミのシェルそれぞれに口径、深さのバリエーションを含め全7モデルをラインナップ。各シェル素材特有のサウンドキャラクターにより、様々な音楽ジャンルに応じたモデル選びもプレイヤーの楽しみになるだろう。


神保彰 meets Yamaha Recording Custom~新生レコーディングカスタムへの想い~

 

■Recording Custom(レコーディング・カスタム)

世界のトップドラマーであるスティーブ・ガッド氏の協力を得て、より良いサウンドの実現に向けて音質向上を最大限追及。
製品の詳細はこちら

■イベントインフォメーション

▶36セットのドラムを自由に試奏できる!「ドラマーズパラダイス」
「2016楽器フェア」で開催される、世界最大規模のドラムイベント「ドラマーズパラダイス」でレコーディング・カスタムが試奏できます。※要事前予約
詳細はこちら

▶日本最大の楽器総合イベント「楽器フェア」
国内外の楽器や最新技術を駆使した新製品、およびその関連商品の全てを一堂に集結し、楽器の最新情報と音楽情報を提供する世界最大のコンシューマー向け楽器ショー。
「2016楽器フェア」
開催日:2016年11月4日(金)、5日(土)、6日(日)
場所:東京ビッグサイト西1・2ホール
入場料(1日券):1,500円<前売り1,200円>(税込)、高校生以下、70歳以上無料
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:石川さゆりさん「誰もが“音遊人”であってほしいですし、音楽を自由に遊べる日々や生活環境であればいいなと思います」

945views

音楽ライターの眼

渡辺貞夫がバッハの難曲に挑んだ『プレイズ・バッハ』を読み解いてみる

1545views

楽器探訪 Anothertake

ピアノならではのシンプルで美しいデザインと、最新のデジタル技術を両立

3854views

エレクトーンの 取り扱い方法 Web音遊人

楽器のあれこれQ&A

エレクトーンについて、知っておきたいことや気をつけたいこと

13963views

桑原あい

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:注目の若きジャズピアニスト桑原あいがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

9933views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

オーケストラのステージの“演奏以外のすべて”を支える/オーケストラのステージマネージャーの仕事(前編)

30349views

サントリーホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

クラシック音楽の殿堂として憧れのホールであり続ける/サントリーホール 大ホール

12479views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

2051views

上野学園大学 楽器展示室

楽器博物館探訪

日本に一台しかない初期のピアノ、タンゲンテンフリューゲルを所有する「上野学園 楽器展示室」

11090views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

4092views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.7

パイドパイパー・ダイアリー

最初のレッスンで学ぶ、あれこれについて

2257views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

13509views

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】沖縄民謡アーティスト上間綾乃がバイオリンに挑戦!

4245views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3886views

音楽ライターの眼

連載9[ジャズ事始め]日本にジャズの維新をもたらした井田一郎という志士

359views

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

オトノ仕事人

マイク1本から吟味して求められる音に近づける/レコーディングエンジニアの仕事(前編)

6951views

練馬だいこんず

われら音遊人

われら音遊人:好きな音楽を通じて人のためになることをしたい

3051views

reface シリーズ

楽器探訪 Anothertake

ひざの上に乗せてその場で音が出せる!新感覚のシンセサイザー「reface」シリーズ

6806views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

10015views

パイドパイパー・ダイアリー Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

あれから40年、おかげさまで「音」をはずさなくなりました

2322views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

12747views

こどもと楽しむMusicナビ

親子で参加!“アートで話そう”をテーマにしたオーケストラコンサート&ワークショップ/第16回 子どもたちと芸術家の出あう街

1567views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

15751views