Web音遊人(みゅーじん)

Recording Custom - Web音遊人

世界的ドラマー スティーブ・ガッド氏の協力を得てついに誕生!ドラムセット「レコーディング・カスタム」新モデル

ヤマハシステムドラムスの原点ともいえる「Recording Custom(レコーディング・カスタム)」に新生モデルが誕生し、話題となっている。長年、多くのドラマーに愛され、さまざまなジャンルのレコーディングで活躍してきたレコーディング・カスタム。その音色は、アーティストの音楽を通じて私たちの耳にも届いている。
今回、誕生したレコーディング・カスタムは、世界のトップドラマー、スティーブ・ガッド氏の協力を得て設計・開発されたもの。その進化のポイントをレポートしよう。

まず目を引くのが、ドラムとしては斬新なカラー、サーフグリーンの強いインパクト。淡いグリーンがとても爽やかで女性ドラマーからの人気も高まりそうだ。バスドラムのフープにコンビネーションされた木のぬくもりあふれるリアルウッドカラーがどこかレトロな雰囲気を醸し出し、個性的な魅力を放っている。
カラーはサーフグリーンの他、木材本来の色を活かした伝統色のリアルウッド、光沢感のある鏡面仕上げのソリッドブラックとクラシックウォルナットの全4色をラインナップ。ドラマーそれぞれのこだわりと好みによって選ぶことができる。

Recording Custom - Web音遊人

サウンド面での進化の筆頭はタムタムとフロアタム。中低域の音を豊かに響かせる北米産バーチ6プライ(枚)6mmの薄いシェル(胴)に、30°という鋭角なベアリングエッジを採用。シェルとヘッド(革)の接地面を小さくすることで、よりレスポンスが高まり、アタック感と芯のあるパワフルな音を生み出している。
レコーディング・カスタムではこれまでも、リム(枠)とヘッドを固定し、ヘッドのテンション(張り具合)を調節するパーツであるラグにハイテンションラグ(打面両側が一体となっているタイプ)を採用してきたが、新生モデルではそのデザインを一新。ラグの重量を増すことで、不要な倍音をカットし、より切れ味とまとまりのあるサウンドを実現した。

Recording Custom - Web音遊人

(写真左)30°の鋭角なベアリング形状(写真右)ハイテンションラグのデザインを一新、重量を増し不要な倍音をカット

薄いシェルと鋭角なベアリングエッジで胴を豊かに鳴らし、それをハイテンションラグで抑えるという設計により、音量や音質のレンジを広げ、チューニングもしやすくなった。音の作りやすさ、マイク乗りの良さで、レコーディングはもちろん、ライブでもその実力を発揮し、多くのアーティストとファンを魅了している。
新生レコーディング・カスタムは、まさに現代の音楽、現代のレコーディング環境に最適なモデルへと進化をとげたと言えるだろう。

こうした開発の過程で大きな力となったのが、1970年代からレコーディング・カスタムを愛用するスティーブ・ガッド氏。「よりレスポンスの良いドラムを」というコンセプトのもと、さまざまな部分において氏が詳細にサウンドをチェック、貴重な声を反映させることでこのサウンドが生み出された。
また、氏の要望で採用されたという20インチバスドラムのフローティングシステムもユニークだ。20インチの演奏時に、フットペダルのビーターを打面中心に当てられるようバスドラムをリフトアップするもので、現代の演奏環境にマッチした発想として好評を得ている。

Recording Custom - Web音遊人

(写真左)スティーブ・ガッド氏(写真右)バスドラムをリフトアップすることにより、フットペダルのビーターを打面中心に当てることができる

さらに、レコーディング・カスタムのサウンドにマッチするメタルシェルスネアドラムも同時発売。ステンレス、ブラス、アルミのシェルそれぞれに口径、深さのバリエーションを含め全7モデルをラインナップ。各シェル素材特有のサウンドキャラクターにより、様々な音楽ジャンルに応じたモデル選びもプレイヤーの楽しみになるだろう。


神保彰 meets Yamaha Recording Custom~新生レコーディングカスタムへの想い~

 

■Recording Custom(レコーディング・カスタム)

世界のトップドラマーであるスティーブ・ガッド氏の協力を得て、より良いサウンドの実現に向けて音質向上を最大限追及。
製品の詳細はこちら

■イベントインフォメーション

▶36セットのドラムを自由に試奏できる!「ドラマーズパラダイス」
「2016楽器フェア」で開催される、世界最大規模のドラムイベント「ドラマーズパラダイス」でレコーディング・カスタムが試奏できます。※要事前予約
詳細はこちら

▶日本最大の楽器総合イベント「楽器フェア」
国内外の楽器や最新技術を駆使した新製品、およびその関連商品の全てを一堂に集結し、楽器の最新情報と音楽情報を提供する世界最大のコンシューマー向け楽器ショー。
「2016楽器フェア」
開催日:2016年11月4日(金)、5日(土)、6日(日)
場所:東京ビッグサイト西1・2ホール
入場料(1日券):1,500円<前売り1,200円>(税込)、高校生以下、70歳以上無料
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん

今月の音遊人

今月の音遊人:葉加瀬太郎さん「音楽は自分にとって《究極のひまつぶし》。それは、この世の中でいちばん面白いことだから」

3820views

スパークス

音楽ライターの眼

ベテランなのに鮮度の高いロック・バンド、スパークスの魅力に迫る

1388views

懐かしのピアニカを振り返る

楽器探訪 Anothertake

懐かしのピアニカを振り返る

6900views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

10466views

コハーン・イシュトヴァーンさん Web音遊人

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ハンガリー出身のクラリネット奏者コハーン・イシュトヴァーンがバイオリンを体験レッスン!

4502views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

3321views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

10686views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1912views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

見るだけでなく、楽器の音を聴くこともできる!

5150views

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

われら音遊人

われら音遊人:音楽仲間の夫婦2組で結成、深い絆が奏でるハーモニー

2491views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2188views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

3130views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

2026views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

3154views

音楽ライターの眼

すでにAIの音楽は小説の世界を飛び出しているという現実

125views

ステージマネージャーの仕事 - Web音遊人

オトノ仕事人

ステージマネージャーひと筋に、楽員とともにハーモニーを奏で続ける/オーケストラのステージマネージャーの仕事(後編)

10849views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

2375views

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

楽器探訪 Anothertake

変えるべきもの、変えざるべきものを見極める

9283views

HAKUJU HALL(白寿ホール)

ホール自慢を聞きましょう

心身ともにリラックスできる贅沢な音楽空間/Hakuju Hall(ハクジュホール)

10686views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2188views

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

楽器のあれこれQ&A

初心者必見!バンドで使うシンセサイザーの選び方

13564views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1912views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

12460views