Web音遊人(みゅーじん)

石若駿

今月の音遊人:石若駿さん「音楽っていうのは、人の考えとか行動の表れみたいなものだと思う」

2022年に30歳を迎えたジャズ・ドラマーの石若駿さん。ジャズのみならず、ポップス・アーティストのレコーディングやライブのサポートをしたり、アート作品とのコラボレーションを繰り広げたりと、ジャンルを超えた活動を展開している。その自由な活動の礎となる音楽性についてお聞きしました。

Q1.これまでの人生の中で一番多く聴いた曲は何ですか?

時期によって全然違うんですけど、例えば中学校3年生の藝高(東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校)受験のころにめちゃめちゃ聴いてたのは、ヴァレリー・ゲルギエフがウィーン・フィルハーモニー管弦楽団で指揮したチャイコフスキーの『交響曲第5番』。朝起きたら聴いて、移動中に聴いて、寝る前にも聴いてみたいなのが続いてましたね。
ここ最近でいうと、コロナ禍のロックダウン中には、ガブリエル・フォーレの『ピアノ三重奏』をよく聴きました。普通はピアノ、チェロ、バイオリンというトリオなのですが、バイオリンではなくクラリネットを吹いている録音を聴いてました。
ほかには、よく一緒に演奏しているアーロン・チューライというピアニストが2009年に出したアルバム『RANU』の1曲目『You Go To My Head』ですね。ジャズのスタンダードなんですけど、彼のボイシングとベースのルート音の絡みが美しすぎて、気に入ってずーっとリピートしてました。
あとはライアン・スコットっていうギタリストでシンガーソングライターのアルバム『Smoke and Licorice』の1曲目『Harmony』も大学生時代にめちゃめちゃ聴いてました。
自分はたくさん音楽聴くほうだと思うんですけど、いま挙げたのは何度聴いてても飽きない、ずっと聴ける作品たちですね。音の重なりとか響き合いとか、共感するポイントが随所にあるから、こんなに何度も聴けるのかなと思います。

Q2.石若さんにとって「音」や「音楽」とは?

音って空気が振動して聴こえるもの。だから空気が振動してるのがわかる音が好きです。例えばすごく広いホールで、重力にまかせた感じでスティックをポンって落して、響く音の先を追うのを意識するんです。そういうときに楽器が自然に鳴っているのがわかって、その場所の“空気が振動してるな”って感じますね。
僕にとっての音楽っていうのは、人の考えとか行動の表れみたいなものだと思うんです。人間として経験してきたことの表れみたいな……。だから“演奏するその本人”が見える音楽が好きですね。音楽を聴いて“この人はどういう人なんだろう?”と想像したり、実際にその人と会って“こういう人だから、あの音が出たんだ”と答え合わせしたりするのが好きですね。

Q3.「音で遊ぶ人」と聞いてどんな人を想像しますか?

聴いたことのない、出したことのない音を目指してる人。宝さがしをずっとしてる人のようなイメージですね。結構僕の周りはそういう人が多いかなと思っていて、そういう場にいるのはやっぱり楽しいですよ。
もちろん僕自身もそういう心持ちでやっています。実践的なことで言うと、お客さんの前で演奏してる最中にパッとアイディアが閃いたら、それを音楽の流れに則って、且つリアルタイムに絶対やるみたいなのはあるかもしれないです。“ここでいつもより強く叩いたら、みんなどんな反応するんだろう”とか、“聴こえないくらいドラムの音量を下げたら、どんな音楽になるんだろう”とか、そういうことはやっていますね。
そういうことを許容してくれる人たちと一緒に演奏しているので。“音で遊ぶ人”たちが鳴らす音楽の中に僕はいつもいるんだろうなと思います。

石若駿〔いしわか・しゅん〕
1992年北海道生まれ。幼少期よりクラシック音楽に親しみ、2007年には金澤英明、石井彰とトリオを結成。東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校打楽器専攻を経て、同大学に入学し、卒業時にはアカンサス音楽賞、同声会賞を受賞。Answer to Remember、CLNUP4、SMTK、Songbook Trioに所属し、くるり、CRCK/LCKS、Kid Fresino、君島大空、Millennium Paradeなど多数の作品にも参加。海外アーティストとの共演も多く、ソロパフォーマンスも注目されており、活動は多岐に渡る。
オフィシャルサイト

オフィシャルFacebook オフィシャルTwitter オフィシャルInstagram

photo/ kana tarumi

本ウェブサイト上に掲載されている文章・画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

facebook

twitter

特集

向谷実

今月の音遊人

今月の音遊人:向谷実さん「音で遊ぶ人!?それ、まさしく僕でしょ!」

12108views

音楽ライターの眼

ラヴェル「ラ・ヴァルス」、ワルツ独り舞台/福間洸太朗ピアノ・コンサート

4774views

P-515

楽器探訪 Anothertake

ポータブルタイプの電子ピアノ「Pシリーズ」に、リアルなタッチ感が得られる木製鍵盤を搭載したモデルが登場!

29686views

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

楽器のあれこれQ&A

これからアコースティックギターを始める際のギターの選び方や準備について

15665views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

3439views

オトノ仕事人

芸術をとおして社会にイノベーションを起こす/インクルーシブアーツ研究の仕事

5078views

人が集まり発信する交流の場として、地域活性化の原動力に/いわき芸術文化交流館アリオス

ホール自慢を聞きましょう

おでかけ?たんけん?ホール独自のプランで人々の厚い信頼を獲得/いわき芸術文化交流館アリオス

5633views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

5838views

上野学園大学 楽器展示室」- Web音遊人

楽器博物館探訪

伝統を引き継ぐだけでなく、今も進化し続ける古楽器の世界

11082views

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う 結成30年のビッグバンド

われら音遊人

われら音遊人:年齢も職業も超えた仲間が集う、結成30年のビッグバンド

7041views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

もしもあのとき、バイオリンを習っていたら

4812views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

22080views

おとなの 楽器練習記 須藤千晴さん

おとなの楽器練習記

【動画公開中】国内外で演奏活動を展開するピアニスト須藤千晴が初めてのギターに挑戦!

6405views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

世界の民族楽器を触って鳴らせる「小泉文夫記念資料室」

18644views

反田恭平 - Web音遊人

音楽ライターの眼

ユニークな個性が演奏に反映し、聴き手の心をわしづかみにする反田恭平のピアニズム

9657views

弦楽器の調整や修理をする職人インタビュー(前編)

オトノ仕事人

見えないところこそ気を付けて心を配る/弦楽器の調整や修理をする職人(後編)

7312views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:人を楽しませたい!それが4人の共通の思い

5019views

Disklavier™ ENSPIRE(ディスクラビア エンスパイア)- Web音遊人

楽器探訪 Anothertake

自宅で一流アーティストのライブが楽しめる自動演奏ピアノ「ディスクラビア エンスパイア」

50682views

サラマンカホール(Web音遊人)

ホール自慢を聞きましょう

まるでヨーロッパの教会にいるような雰囲気に包まれるクラシック音楽専用ホール/サラマンカホール

16705views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

大人の音楽レッスン、わたし、これでも10年つづけています!

6080views

楽器のあれこれQ&A

モチベーションがアップ!ピアノを楽しく効率的に練習するコツ

38063views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

7612views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

25970views