Web音遊人(みゅーじん)

ブラス・ジャンボリー2017 - Web音遊人

「自信がない」と二の足を踏んでいる方もご安心を!みんなで楽しむ大合奏「ブラス・ジャンボリー」

年齢や経験、レベルはいっさい問わず、管楽器・打楽器を愛する人なら誰でも参加できるイベント「ブラス・ジャンボリー」。700人規模の参加者が楽器を持って、横浜港大さん橋国際客船ターミナル「大さん橋ホール」に一堂に会し、リハーサルを経て全員で大合奏を行う。2010年にスタートして以来、年々リピーターが増加、2017年3月4日(土)に開催される「ブラス・ジャンボリー2017」も大いなる盛り上がりを見せてくれそうだ。

参加者は、吹奏楽愛好家や久しぶりに楽器を演奏してみたいという人、楽器を始めたけれど合奏の機会がない人など多様。グループやファミリーのほか、個人参加も半数近くを占め、会場で初めて顔を合わせた参加者同士の交流もよく見られる光景だ。参加者たちはプロの指揮者や演奏家とともに、この日だけの唯一無二のコンサートをつくり上げていくことになる。

指揮と合奏指導は、ブラス・ジャンボリーの顔でもある曽我大介さん。リハーサルでは曽我さんによる本格的な指導を受けることができ、本番で会場がひとつになったときの高揚感はなにものにも代えがたい。
スペシャルゲストは2014年開催から続けての出演となるさかなクンと、サクソフォンの若き偉才として注目される上野耕平さん。その魅力を生で体感できるだけでなく、彼らと共演できる貴重なチャンスでもある。
プログラムは、その年とともに記憶に残る曲が選ばれるが、今年のメインは『ルパン三世のテーマ』。さらに『宝島』『追憶のテーマ』『ラデツキー行進曲』『小さな世界』『花は咲く』『ロンドンデリーの歌~喜びの序曲~』『Paradise Has No Border』『ブラス・ジャンボリーのためのファンファーレⅡ』の全9曲が演奏される予定だ。

ブラス・ジャンボリー2017 - Web音遊人

「ブラス・ジャンボリー2016」の様子

ブラス・ジャンボリー2016 レポート動画

「ブラス・ジャンボリー2016」レポート動画

自由で気軽、ウェルカムな雰囲気だが、それでもまだ「自信がない」「不安だ」と二の足を踏んでいる方もご安心を。今回は楽譜を事前にダウンロードできるので、これまでのように初見ではなく事前練習することも可能だ。もちろん、吹けないところがあってもOK。また、パート別のアドバイザーがスタンバイしているので休憩時間に相談してみるのもいいだろう。

リハーサル前には、曽我さんによる“吹奏「学」講座”を開講し、知っているようで知らない吹奏や楽器に関する知識や魅力を紹介。リペア相談コーナーでは、ヤマハリペアマンが楽器のメンテナンスや修理についてのアドバイスをしてくれる。さらに、今年は管楽器のカラオケゲームアプリ『やろうぜ管カラ!Lite』の体験コーナーもあるので休憩時間に楽しんでみてはいかがだろう。

「ブラス・ジャンボリー」の真髄は、みんなで楽しむこと。一期一会の演奏を楽しむ、たくさんの出会いと交流を楽しむ、そして感動の共有を楽しむ。参加者も出演者も、もちろんコンサート見学者も例外ではない。見学者として楽しみを分かち合った人が、翌年には演奏者に変わることも少なくないそう。
演奏する人にとっても聴く人にとっても、“みんなで楽しむブラスの一日”が、心に残る“スペシャルな一日”になること間違いなしでしょう。


さかなクン&上野耕平さん動画メッセージ♪

 

■知りたい!「ブラス・ジャンボリー」

毎年、皆さんから多く寄せられる質問と回答をご紹介します。

Q:当日は何を持っていけばいいですか?
A:楽器、楽譜、譜面台を、おひとりひとつずつご持参ください。大型打楽器は主催者が準備しますが、スティック、マレット類はご用意ください。なお、楽譜は一部の曲を除き、事前の購入が必要です。打楽器でご参加の方は、事前購入の必要はありませんが、当日会場での演奏楽器の割り振り後、楽譜をご購入いただきます。

Q:イベントは長丁場ですが、途中で食事はできますか?
A:イベント中の入退場は自由ですので、お好きなときにお召し上がりいただけます。なお、演奏エリア内でのお食事はご遠慮ください。
※施設内のカフェ・レストランについては横浜港大さん橋国際客船ターミナルのサイトをご参照ください。

Q:写真を撮ってもいいですか?
A:イベント中の写真撮影、録画、録音は、進行の妨げとなりますのでご遠慮ください。また、イベントの前後や合間などに写真撮影をされる場合は、まわりの方へのご配慮をお願いします。

Q:友人と並んで座れますか?
A:お座りいただけます。席は基本的に楽器ごとに分かれていますが、楽器に関係なく、ご家族やご友人とご一緒での演奏をご希望される方には、ファミリー席をご用意しています。

Q:楽器や譜面台などを、前もって会場に送ってもいいですか?
A:お預かりする場所がないため、お送りいただくことはできません。各自ご持参ください。

Q:リハーサルに遅れそうですが、途中から参加してもいいですか?
A:途中からでもご参加いただけます。リハーサルを含め、イベント中の入退場は自由です。

Q:見学は何時からできますか?
A:コンサート(17:20開演予定)からご見学いただけます。

Q:見学の際、乳幼児を連れて行ってもいいですか?
A:見学に年齢制限はありません。ただし、進行の妨げにならないようご協力をお願いします。

■ブラス・ジャンボリー2017

詳細・お申込みについてはオフィシャルサイトをご覧ください。
オフィシャルサイトはこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:AIさん「本当につらいときも、最終的に救ってくれるのはいつも音楽でした」

1760views

音楽ライターの眼

ベートーヴェンの生誕250年に、3大ピアノ・ソナタを極める

22714views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

7196views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

37727views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:独特の世界観を表現する姉妹のピアノ連弾ボーカルユニットKitriがフルートに挑戦!

2026views

オトノ仕事人

アーティストの個性を生かす演出で、音楽の魅力を視聴者に伝える/テレビの音楽番組をプロデュースする仕事

528views

ホール自慢を聞きましょう

歴史ある“不死鳥の街”から新時代の芸術文化を発信/フェニーチェ堺

3052views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5193views

民音音楽博物館

楽器博物館探訪

16~19世紀を代表する名器の音色が生演奏で聴ける!

7981views

われら音遊人

われら音遊人:みんなの灯をひとつに集め、大きく照らす

3249views

パイドパイパー・ダイアリー

こうしてわたしは「演奏が楽しくてしょうがない」 という心境になりました

5553views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

17696views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:若き天才ドラマー川口千里がエレキギターに挑戦!

6475views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

19978views

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラム・プレイ、若き俊英のピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

音楽ライターの眼

高らかに鳴るトランペットだけでなく、神業のようなドラムプレイやピアノの妙技にも目をみはる/タイガー大越 トランペットの絵画 Vol.4

3928views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

2828views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

7133views

【楽器探訪 Another Take】人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

楽器探訪 Anothertake

人気のカスタムサクソフォンが13年ぶりにモデルチェンジ

7305views

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

ホール自慢を聞きましょう

弦楽四重奏を聴くことが人生の糧となるように/第一生命ホール

4874views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

すべては、あの日の「無料体験レッスン」から始まった

3498views

知って得する!木製楽器の お手入れ方法

楽器のあれこれQ&A

木製楽器に起こりやすいトラブルは?保管やお手入れで気を付けること

14946views

こどもと楽しむMusicナビ

オルガンの仕組みを遊びながら学ぶ「それいけ!オルガン探検隊」/サントリーホールでオルガンZANMAI!

5193views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

21126views