Web音遊人(みゅーじん)

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

笹本さんは中学生のときにドラムに触れ、高校の音楽部でジャズに興味を持った。やがてプレイヤーを志すようになり、祖母の暮らすアメリカ・テキサス州の北テキサス大学に進学。ミュージシャンを目指してドラムを学んでいたが、やがてプロの演奏家を取り巻く状況に危機感を覚え始めた。
「学校ではビッグバンドが主体だったのですが、その中でドラムは特にポジション争いが激しい。ところが、それだけ厳しい競争を勝ち抜いても、その先には音楽だけでは食べていけないという現実が待っている。それなら、パイを奪い合うより、パイを大きくする仕事をしたいと思うようになったんです」

音楽の仕事自体が増えれば、多くの有望なアーティストが活躍の場を増やせるのでは。そう考えた笹本さんは、専攻をマーケティングに変えてビジネスを学び、帰国後、ブルーノート・ジャパンに入社した。先述のバンド、スナーキー・パピーは大学の先輩にあたり、彼らの公演を行えたことは大きな喜びだった。
「音楽マーケットを大きくするという個人的な目標まではまだ遠く、今は目の前の仕事をしっかり遂行することを第一に考えています。お客様にとってのいい空間を創ること。そのためにいい音楽を提供するのが私たちの使命。そこから、先につなげていきたいですね」
世界中の音楽にアンテナを張り、これはと思うアーティストをキャッチし、公演を行う。演奏を聴いて喜んでくれるお客さんのために、そして、より多くのミュージシャンが魅力ある音楽を作り続けられるように。

音楽市場を広げたい、そのために今すべきこと/ジャズクラブのブッキング・制作の仕事(後編)

毎週、各部門の担当者が集まってミーティングを行うミーティングルームには、音源資料のCDがずらり。壁にはブルーノート東京が開業したとき(1988年11月)の最初の公演ポスターも。

Q.子どもの頃、なりたかった職業は?
A.医者です。子どもの頃は体が弱くて、ずっと医者にかかっていたので。中学生になると獣医になりたいと思ったこともありました。今の仕事に就いていなかったら、アメリカでタクシーの運転手やカフェの店長など、好きな音楽を聴きながらできる仕事を考えたと思います。

Q.音楽に目覚めたきっかけは?
A.父がジャズやビートルズが好きで、よく聴いていたのを覚えています。思春期は日本のポップスを聴いていて、初めて買ったCDはglobeのアルバム。そこからマーク・パンサーさんのラップがかっこいいなとヒップホップを聴くようになりました。中学生のときにドラムを始めて、高校の音楽部でジャズに興味を持ったんです。

Q.人生のターニングポイントになった曲は?
A.RIZEの『Dream Catcher』です。この曲が出た頃、中学でいじめにあって不登校となり、父のすすめもあって父の友人の陶芸家のところに一人でお世話になっていたんです。この曲のサビの「自分を信じて人生をつかめ」という意味の歌詞を聴いたときに、自分の置かれていた状況を「あぁ、気にしないで自分らしくいていいんだな」と思え、深く心を打たれました。一つの曲が勇気づけてくれる、音楽の力をとても強く感じるきっかけとなった曲です。高校で音楽を始めたら、いじめのリーダー格だったやつとも仲良くなれました。人と人をつなぐ力も音楽にはあると思います。

Q.プライベートでよく聴く音楽は?
A.最近はエレクトロ(音楽ジャンルのひとつ)をよく聴いています。ジャズを主軸に考えると、世界のトレンドとして少し前にヒップホップと融合したグルーヴィーなものが主流になりました。それが今はエレクトロと融合したものが主流になってきているので、そういう曲を聴いて、企画などのアイデアを練ろうと。プライベートで聴いていても、やはり仕事につなげてしまいますね。

Q.仕事のために日頃から心がけていることは?
A.出演交渉をする相手はアメリカにいる人が中心となるため、英語力は必須。アメリカ的な最近の言い回しやジョークなどを、テレビドラマを見て勉強しています。信用して話せる相手だと思ってもらえないと、その先に話を進めることができない世界ですから。

Q.休日の過ごし方は?
A.基本的には土日が休みなので、妻とデートです。一緒に愛犬と遊んだりショッピングにでかけたり。仕事は切り離していますが、音楽は常にどこかでかかっていますね。

Q.普段、音楽を聴くツールは?
A.仕事ではYouTubeを見ることが多いですね。再生しながら作業をすることもよくあります。家では大音量で聴くことがむずかしいので、車で聴いていることが多いです。ドライブしながら頭を空っぽにして音楽を聴いていると、ふっと、「あのライブはこの人と一緒にやってもらおう」などとアイデアが湧いてくる瞬間があるんです。

前のページに戻る

  

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:マキタスポーツさん「オトネタ作りも、音楽に関わるようになったのも、佐野元春さんに出会ったことから始まっています」

4416views

音楽ライターの眼

弦の名手6人が織りなす濃密な音の世界/伊藤亮太郎と名手たちによる弦楽アンサンブルの夕べ Vol.2

2592views

ピアニカ

楽器探訪 Anothertake

ピアニカを進化させる「クリップ」が誕生

9930views

楽器のあれこれQ&A

いまさら聞けない!?エレクトーン初心者が知っておきたいこと

2837views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

2203views

オトノ仕事人

大好きな音楽を自由な発想で探求し、確かな技術を磨き続ける/ピアニストYouTuberの仕事

21697views

荘銀タクト鶴岡

ホール自慢を聞きましょう

ステージと客席の一体感と、自然で明快な音が味わえるホール/荘銀タクト鶴岡(鶴岡市文化会館)

4528views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

3463views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4973views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

4622views

山口正介

パイドパイパー・ダイアリー

だから続けられる!サクソフォンレッスン10年目

2711views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19916views

おとなの楽器練習記:岩崎洵奈

おとなの楽器練習記

【動画公開中】将来を嘱望される実力派ピアニスト、岩崎洵奈がアルトサクソフォンに初挑戦!

7067views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

4973views

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

音楽ライターの眼

J・シュトラウス2世の《美しく青きドナウ》は、オーストリアの第2国歌のような存在

14988views

オトノ仕事人

子ども向けコンサートを企画し、音楽が好きな子どもを増やす/コンサートプロデューサーの仕事

2576views

われら音遊人:クラノワ・カルーク・ オーケストラ

われら音遊人

われら音遊人:同一楽器でハーモニーを奏でる クラリネット合奏団

4622views

“音を使って音楽を作る”音楽の冒険を「ELC-02」で

楽器探訪 Anothertake

音楽を楽しむ気持ちに届ける「ELC-02」のデザインと機能

5730views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

3333views

山口正介さん Web音遊人

パイドパイパー・ダイアリー

いまやサクソフォンは趣味となったが、最初は映画音楽だった

3621views

楽器のあれこれQ&A

ドラムの初心者におすすめの練習方法や手が疲れないコツ

6160views

Kitaraあ・ら・かると

こどもと楽しむMusicナビ

子どもも大人も楽しめるコンサート&イベントが盛りだくさん。ピクニック気分で出かけよう!/Kitaraあ・ら・かると

3092views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

19916views