Web音遊人(みゅーじん)

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

マウンテンバイク、BMX、ファットバイク、クロスバイク…。さまざまなタイプのスポーツバイク(自転車)とグッズを取り揃える、札幌市の「サムズバイク」。自転車愛好家なら何時間でも居続けたくなるこのお店は、閉店後、別の顔に変わる。店主の松浦修さん(ベース担当)、ギター&ボーカル担当の河口正成さん、ドラム担当の佐々木和徳さんによるスリーピースバンド「JAMOO」の練習場となるのだ。

われら音遊人

店内を自分たちの練習スタジオとしてだけでなく、ライブハウスとしても活用。なんと週1回のペースでほかのバンドをよんでライブを行っているのだそう。「初めての人は、まず自転車に驚きます(笑)」と松浦さん。

「真夏は近所の家が窓を開けるので、その時期はスタジオを使いますけど」と松浦さん。
バンドの結成は2008年。ほかのミュージシャンを通じて知り合った河口さんと佐々木さんが、「何かやろう」と河口さんの知人だった松浦さんに声をかけた。「1、2回くらいの遊びのつもり」でまずは練習してみたところ、意外と音楽的にお互い通じるものがあり、本格的に活動を開始。当初はブルースロックのジョン・メイヤー・トリオをコピーしていたが、河口さんが以前から曲を作っていたこともあり、すぐにオリジナル曲中心にシフトしていった。JAMOOとしてのオリジナル曲は、もう25~30曲になるという。

われら音遊人

リーダーは特に決めていないが、曲作りのアイデアを出す河口さん(右下)、ライブのブッキングを取ってくる佐々木さん(左)、そして「ものすごい集客をする」松浦さん(右上)と、それぞれに得意な役割が。

「曲のアイデアを出すのは僕で、アレンジや構成は三人で相談しながら。曲作りの場面では、KAZOO(佐々木さん)がいちばんうるさいですね」(河口さん)
「二人とも年上なんで、敬語を使えば多少うるさいことを言っても聞いてくれるんですよ(笑)」(佐々木さん)
「でもそれが必ず正解だから、結果的にいいものができる」(松浦さん)

メンバーは、仕事も休みの日もバラバラ。三人ともほかでも音楽活動をしているので、常に忙しい。でも、音楽への情熱が仕事のエネルギーになっているようだ。
「仕事は誰よりもきっちりとやってます。そうすると身体は疲れても精神的には疲れないから、仕事の後の練習も苦にならない」というのは、運送会社でドライバーとして働く河口さん。「音楽をやっているときがいちばん充実している」という松浦さんは、「夏はお店の繁忙期なので忙しすぎて大変なときもあるけれど、冬におもいっきり楽しむために頑張ってますよ」と笑う。

今後は三人それぞれが曲を作り、バンドとしてのオリジナリティをもっと追求していきたいのだという。彼らの全力疾走は、まだまだ止まりそうにない。

■バンド紹介

●バンド名
JAMOO(ジャムー)
●結成時期
2008年3月(結成7年目)
●モットー
音楽を全力でやるために、仕事も全力で
●練習頻度
ライブ(月1~2回)前に2回くらい
●平均年齢
45歳(松浦さん・54歳、河口さん・42歳、佐々木さん・39歳)
●メンバー
 J.Jこと河口正成さん、SAMこと松浦修さん、KAZOOこと佐々木和徳さんの3人によるスリーピースバンド。バンド名は3人のニックネームJ.J、SAM、KAZOOの一部を繋ぎ合わせた。「最初はメールのタイトルに軽い気持ちでJAMOOって書いたら、自然と『これいいんじゃない』ということになって」(河口さん)
●活動内容
平均で月1〜2回のライブを、ライブバーなどで行っている。演奏するのはロックを中心としたオリジナル曲。これまでにアルバムを2枚制作している。

 


Way to Way – JAMOO(9月25日掲載)

特集

今月の音遊人「世良公則」さん

今月の音遊人

今月の音遊人:世良公則さん「僕にとって音楽は、ロックに魅了された中学生時代から“引き続けている1本の線”なんです」

2789views

エマーソン弦楽四重奏団

音楽ライターの眼

テクニックと知性に裏打ちされた、円熟の響き/エマーソン弦楽四重奏団

2420views

reface

楽器探訪 Anothertake

個性が異なる4機種の特徴、その楽しみ方とは?

2574views

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンの取り扱いについて

楽器のあれこれQ&A

引っ越しのシーズン、電子ピアノやエレクトーンを安心して運ぶには?

30235views

ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ぱんだウインドオーケストラの精鋭たちがバイオリンの体験レッスンに挑戦!

7227views

誰でも自由に叩けて、皆と一緒に楽しめるのがドラムサークルの良さ/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

オトノ仕事人

リズムに乗せ人々を笑顔に導く/ドラムサークルファシリテーターの仕事(後編)

2277views

久留米シティプラザ - Web音遊人

ホール自慢を聞きましょう

世界的なマエストロが音響を絶賛!久留米の新たな文化発信施設/久留米シティプラザ ザ・グランドホール

8658views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

1788views

武蔵野音楽大学楽器博物館

楽器博物館探訪

専門家の解説と楽器の音色が楽しめるガイドツアー

2946views

われら音遊人

われら音遊人

われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

4816views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

楽器は、いつ買うのが正解なのだろうか?

3068views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

11357views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

1669views

浜松市楽器博物館

楽器博物館探訪

世界中の珍しい楽器が一堂に集まった「浜松市楽器博物館」

12762views

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

音楽ライターの眼

なぜジャズのハードルは下がらないのか?vol.1

4576views

オトノ仕事人 ボイストレーナー

オトノ仕事人

思い描く声が出せたときの感動を分かち合いたい/ボイストレーナーの仕事(後編)

4015views

われら音遊人:Kakky(カッキー)

われら音遊人

われら音遊人:オカリナの豊かな表現力で聴いている人たちを笑顔に!

2064views

マーチングドラムの必須条件とは?

楽器探訪 Anothertake

マーチングドラムの必須条件とは?

4653views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

1190views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

2059views

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

楽器のあれこれQ&A

ピアノやエレクトーンを本番で演奏する時の靴選び

29803views

東京文化会館

こどもと楽しむMusicナビ

はじめの一歩。大人気の体験型プログラムで子どもと音楽を楽しもう/東京文化会館『ミュージック・ワークショップ』

1700views

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブにサルサ!キューバ音楽に会いに行く旅

10542views