われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

  • ALL
  • ニュース
  • レビュー
  • レッスン
  • プレイ
  • 楽器・オーディオ
  • アーティスト
  • 会員限定企画
われら音遊人
われら音遊人
われら音遊人:仕事もバンドも、常に真剣勝負!

マウンテンバイク、BMX、ファットバイク、クロスバイク…。さまざまなタイプのスポーツバイク(自転車)とグッズを取り揃える、札幌市の「サムズバイク」。自転車愛好家なら何時間でも居続けたくなるこのお店は、閉店後、別の顔に変わる。店主の松浦修さん(ベース担当)、ギター&ボーカル担当の河口正成さん、ドラム担当の佐々木和徳さんによるスリーピースバンド「JAMOO」の練習場となるのだ。

われら音遊人

店内を自分たちの練習スタジオとしてだけでなく、ライブハウスとしても活用。なんと週1回のペースでほかのバンドをよんでライブを行っているのだそう。「初めての人は、まず自転車に驚きます(笑)」と松浦さん。

「真夏は近所の家が窓を開けるので、その時期はスタジオを使いますけど」と松浦さん。
バンドの結成は2008年。ほかのミュージシャンを通じて知り合った河口さんと佐々木さんが、「何かやろう」と河口さんの知人だった松浦さんに声をかけた。「1、2回くらいの遊びのつもり」でまずは練習してみたところ、意外と音楽的にお互い通じるものがあり、本格的に活動を開始。当初はブルースロックのジョン・メイヤー・トリオをコピーしていたが、河口さんが以前から曲を作っていたこともあり、すぐにオリジナル曲中心にシフトしていった。JAMOOとしてのオリジナル曲は、もう25~30曲になるという。

われら音遊人

リーダーは特に決めていないが、曲作りのアイデアを出す河口さん(右下)、ライブのブッキングを取ってくる佐々木さん(左)、そして「ものすごい集客をする」松浦さん(右上)と、それぞれに得意な役割が。

「曲のアイデアを出すのは僕で、アレンジや構成は三人で相談しながら。曲作りの場面では、KAZOO(佐々木さん)がいちばんうるさいですね」(河口さん)
「二人とも年上なんで、敬語を使えば多少うるさいことを言っても聞いてくれるんですよ(笑)」(佐々木さん)
「でもそれが必ず正解だから、結果的にいいものができる」(松浦さん)

メンバーは、仕事も休みの日もバラバラ。三人ともほかでも音楽活動をしているので、常に忙しい。でも、音楽への情熱が仕事のエネルギーになっているようだ。
「仕事は誰よりもきっちりとやってます。そうすると身体は疲れても精神的には疲れないから、仕事の後の練習も苦にならない」というのは、運送会社でドライバーとして働く河口さん。「音楽をやっているときがいちばん充実している」という松浦さんは、「夏はお店の繁忙期なので忙しすぎて大変なときもあるけれど、冬におもいっきり楽しむために頑張ってますよ」と笑う。

今後は三人それぞれが曲を作り、バンドとしてのオリジナリティをもっと追求していきたいのだという。彼らの全力疾走は、まだまだ止まりそうにない。

■バンド紹介

●バンド名
JAMOO(ジャムー)
●結成時期
2008年3月(結成7年目)
●モットー
音楽を全力でやるために、仕事も全力で
●練習頻度
ライブ(月1~2回)前に2回くらい
●平均年齢
45歳(松浦さん・54歳、河口さん・42歳、佐々木さん・39歳)
●メンバー
 J.Jこと河口正成さん、SAMこと松浦修さん、KAZOOこと佐々木和徳さんの3人によるスリーピースバンド。バンド名は3人のニックネームJ.J、SAM、KAZOOの一部を繋ぎ合わせた。「最初はメールのタイトルに軽い気持ちでJAMOOって書いたら、自然と『これいいんじゃない』ということになって」(河口さん)
●活動内容
平均で月1〜2回のライブを、ライブバーなどで行っている。演奏するのはロックを中心としたオリジナル曲。これまでにアルバムを2枚制作している。

 


Way to Way – JAMOO(9月25日掲載)
文/ 月原荘子
photo/ 佐藤佳穂