Web音遊人(みゅーじん)

Chageさんインタビュー - Web音遊人

悩んでも迷っても強く生きていくメッセージをChageが歌う『たった一度の人生ならば』

独特の世界観で紡ぐ音楽を常に現在進行形でリスナーに伝え続けるChage。60歳を前にした2017年5月3日には、ニューシングル『たった一度の人生ならば』がリリースされる。これからのChageの世界を暗示する楽曲になる気もしている──自身がそう語る珠玉のバラードが心に響く。

実は、『たった一度の人生ならば』は、2016年のライブから歌われてきた、ファンの間では人気が高い曲だ。名曲誕生のきっかけは、チャゲ&飛鳥の『熱風』で作詞家デビューし、ともに歩んできた松井五郎から送られてきた詞だった。 
「言葉がメロディーを持っていると思いましたね。じっと眺めてそれを引き出すという曲のつくり方を久しぶりにしました」
詞を眺めているうち、メロディーが浮かんできた。これはいけると思い、ギターを持つと指が勝手にコード展開し始めた。言葉を壊さないよう神経を研ぎ澄ませつつ、これまでのChageの作曲法を凝縮した楽曲が仕上がった。
「若いころは人生という言葉を使いたくなかったし、使う気もなかったけれど、人生を歌う年齢になったのかなぁとは思いますね。そして、自分がこれからずっと歌い継いでいく楽曲がまたひとつ出来たかなと」
一方のカップリングは、1982年につくられたチャゲ&飛鳥の曲『愛すべきばかちんたちへ』。長いキャリアのなか、チャゲアスが詞も曲も共作した唯一の楽曲だ。
「あの頃、ビートルズのジョンとポールがホテルのベッドとソファで曲をつくったという逸話を聞いたんです。それで、それを真似しようぜ、と。たしか、楽屋でパイプ椅子を並べて向かい合ってテープを回したように記憶しています」
わきあがるエネルギーを感じさせる、素直でシンプルな曲は今もまったく色あせることがない。今回の博多弁のセリフのやり取りには、マル秘ゲストが登場するというから楽しみだ。

Chageさんインタビュー - Web音遊人

Chageが大切にしてきたライブも、今年はチャレンジングなものになる。
「もちろん自分の曲もやるのですが、J-POPの名曲をChageのフィルターを通してライブで発表したいという気持ちが今すごく強い。J-POPは聴いている人がその時代に戻れたり、そのときの風景に入り込めたり、あるいは思い出にリンクできるものだと思うんです。それを歌い手としてどこまで表現できるか。レコーディングもしていないのでライブで勝負するわけですから、これは面白い。楽しみにしています」
公演は、2017年5月8日の名古屋を皮切りに全国10か所で行われる。ゲストアーティストに、シンガーソングライターの川島ケイジを迎え、『夏の終わりのハーモニー』など、70年代、80年代の名曲が披露される予定だ。光のように透明感のある、でもすっと芯が通った歌声で聴き手の心を捉えてきたシンガー、Chageは、私たちをどんな世界へと誘ってくれるのだろう。

さらに、この春はスペシャルなイベントが続く。
1969年から1986年まで、数々のミュージシャンを輩出してきた「ポピュラーソングコンテスト」、通称「ポプコン」。そのポプコンから巣立ったアーティストが一堂に会する「僕らのポプコンエイジ」の第2回が、2017年5月に開催される。第16、17回大会でチャゲ&飛鳥で入賞したChageも、昨年に引き続き出演する。
「こんなにも楽屋とステージが楽しいイベントはないですね。来てくださる方は、女性はセーラー服が着られるぐらい女の子になってしまうし、男性は28インチのジーンズが履けるんじゃない?というぐらいあの頃に戻ってしまいますよね」
もっとも、それは楽屋も同じ。男子の大部屋と女子の大部屋をアーティストたちが行き交う様は同窓会さながらだ。
「ポプコンがなければ、今の僕は音楽をやっていませんね」間違いなく、実家の天ぷら屋の3代目を継いでいたと笑う。

原点となったあの頃、今、そしてこれから──。常に新たな輝きを放つChageから目が離せない。

■アルバムインフォメーション

『たった一度の人生ならば』
発売元:ユニバーサルミュージック合同会社
発売日:2017年5月3日
価格:限定盤(+DVD)2,300円/通常盤1,200円(すべて税抜)
詳細はこちら

■ライブインフォメーション

『Chage Hall Tour 2017〜Have a Dream!〜』
2017年5月8日(月)より全国10か所10公演
詳細はこちら

『僕らのポプコンエイジ~Forever Friends, Forever Cocky Pop~』
2017年5月7日(日)より東京、大阪、神奈川、千葉で開催
詳細はこちら

 

特集

今月の音遊人

今月の音遊人:西村由紀江さん「誰かに寄り添い、心の救いになる。音楽には“力”があります」

7756views

音楽ライターの眼

世界初演、サクソフォン最前線/須川展也&田中靖人 サクソフォンデュオ・コンサート~ピアニスト、小柳美奈子と共に~

2947views

【楽器探訪 Another Take】ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

楽器探訪 Anothertake

ベルの彫刻デザインとマウスピースも一新

9180views

初心者におすすめのエレキギターとレッスンのコツ!

楽器のあれこれQ&A

初心者におすすめのエレキギターと知っておきたい練習のコツ

21500views

おとなの楽器練習記

【動画公開中】ギタリスト木村大とピアニスト榊原大がトランペットに挑戦!

7063views

鬼久保美帆

オトノ仕事人

音楽番組の方向性や出演者を決定し、全体の指揮を執る総合責任者/音楽番組プロデューサーの仕事

2034views

グランツたけた

ホール自慢を聞きましょう

美しい歌声の響くホールで、瀧廉太郎愛にあふれる街が新しい時代を創造/グランツたけた(竹田市総合文化ホール)

6927views

こどもと楽しむMusicナビ

サービス精神いっぱいの手作りフェスティバル/日本フィル 春休みオーケストラ探検「みる・きく・さわる オーケストラ!」

9035views

小泉文夫記念資料室

楽器博物館探訪

民族音楽学者・小泉文夫の息づかいを感じるコレクション

9882views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10631views

パイドパイパー・ダイアリー

パイドパイパー・ダイアリー

泣いているのはどっちだ!?サクソフォン、それとも自分?

5757views

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅 - Web音遊人

音楽めぐり紀行

ポロネーズに始まりマズルカに終わる、ショパンの誇り高き精神をめぐるポーランドの旅

29293views

おとなの楽器練習記

おとなの楽器練習記:和洋折衷のユニット竜馬四重奏がアルトヴェノーヴァのレッスンを初体験!

4589views

ギター文化館

楽器博物館探訪

19世紀スペインの至宝級ギターを所蔵する「ギター文化館」

14549views

音楽ライターの眼

連載1[多様性とジャズ]ジャズはなぜ20世紀に求められたのかを“個人主義”という視点で考えてみると……

2055views

オトノ仕事人

コンサートの音の責任者/サウンドデザイナーの仕事

11890views

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

われら音遊人

われら音遊人:1年がかりでビッグバンドを結成、河内からラテンの楽しさを発信!

10631views

楽器探訪 Anothertake

世界の一流奏者が愛用するトランペット「Xeno Artist Model」がモデルチェンジ

24262views

紀尾井ホール

ホール自慢を聞きましょう

専属の室内オーケストラをもつ日本屈指の音楽ホール/紀尾井ホール

13864views

パイドパイパー・ダイアリー Vol.3

パイドパイパー・ダイアリー

人生の最大の謎について、わたしも教室で考えた

5095views

フルート

楽器のあれこれQ&A

初心者にもよくわかる!フルートの種類と選び方

20912views

こどもと楽しむMusicナビ

クラシックコンサートにバレエ、人形劇、演劇……好きな演目で劇場デビューする夏休み!/『日生劇場ファミリーフェスティヴァル』

6542views

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする Web音遊人

音楽めぐり紀行

太平洋に浮かぶ楽園で、小笠原古謡に恋をする

9729views